オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

貝塚市の雨漏りしているベランダの修理でFRP防水を施しました


貝塚市のベランダの下端から雨漏りしています
貝塚市のベランダにFRP防水を施します
貝塚市のK様よりベランダの下から雨漏りしているとのご相談があり、ベランダ防水工事を行うことになりました。
風向きや雨の量に関係なく、ベランダに水が入ると下端の板から雨水がポタポタと落ちてくるそうです。

ベランダの床の劣化部(床がフワフワしていた)の下地確認及び補修を行い、水の流れが悪かったドレン排管の勾配を変えるなど、必要な補修を行ってからの防水工事に至ります。
(※床の劣化部の確認やドレン排管の補修の様子は前回の記事をご覧になって下さい)

K様邸のベランダはFRP防水という工法で防水されていたので、今回も同じ防水を施します。
FRP防水とは、ガラス繊維などの強化材と防水材を混ぜて塗布した繊維強化プラスチックの防水です。
貝塚市のベランダの補修箇所の取り合いをコーキングで防水します
防水工事の前に、床の劣化部を切り取って下地を確認し、床を復旧したので、取り合いにコーキングを充填して防水しました。
ドレン排管付近の床をめくると、下地まで水が廻っていたので、雨漏りの原因が分かりました。
ドレンの水の流れが悪くて水が長時間滞在し、防水層の劣化部分から雨水が浸入していたようです。
貝塚市のベランダをアセトンで下地処理
壁の立ち上がり部まで防水するので、その上にある壁面を汚してしまわないように、取り合いにマスキングテープを貼ってから作業します。

初めにアセトンを染み込ませた布で床を拭き取って表面の油膜を取り除き、下地処理を行います。
油膜を除去しないと、防水層がうまく密着しないので必ず行う工程です。
貝塚市のベランダに下塗り防水材を塗布
アセトンで下地処理を行ってから、FRP専用の下塗り防水材を壁の立ち上がりから床にかけて全面に塗布します。
貝塚市のベランダにガラスマットを貼り付けます
次に、ガラス繊維でできたガラスマットを貼り付けていきます。この上にFRP用防水樹脂を塗り込んで密着させます。
貝塚市で防水材でガラスマットを密着させます
たっぷりとFRP樹脂防水材を塗り込んでガラス繊維に染み込ませて密着させます。
貝塚市の防水材をローラーで脱泡します
次に、硬いローラーを押し転がして、ガラス繊維内の空気を抜く「脱泡」を行います。
FRP樹脂防水材はすぐに乾いてしまいますので、脱泡までの作業を一連の動きで行わなくてはいけません。
ですので、少しづつ作業を進めながらベランダ全体に施工していきます。
貝塚市のベランダの床面にもガラスマットを貼り付けます
立ち上がりの壁、床の側溝に続き、床面にもガラスマットを敷いて、FRP樹脂防水材を塗布していきます。
硬いローラーを押し転がしてガラスマットの中の空気をしっかりと脱泡したあと、規定の乾燥時間を置いて乾かします。
貝塚市のベランダにもう一度FRP防水材を塗布します
乾燥時間を置いてから、再度、繊維を含ませたFRP樹脂防水材をたっぷりと塗布していきます。
この作業で厚みが付き、丈夫な防水層を形成することができます。
607b105bf0f64ef681dc11c6224e1498-columns1
FRP防水材をたっぷりと塗布して厚みのある防水層が完成しました。
透明なので見た目では分かりにくいですが、ガラス繊維で補強されたプラスチックの防水層なので強度があります。
貝塚市のベランダの表面を平滑に
乾燥させてから、表面をサンドペーパーでこすってきれいに均します。(繊維の毛羽立ちや凹凸を無くして美しい仕上がりにするため)
貝塚市のベランダにトップコートを塗布します
防水層の表面をサンドペーパーで処理してから、仕上げのトップコートを塗布します。
防水層は紫外線を浴びると劣化してしまうので、トップコートを塗布して守ってあげなくてはいけません。
貝塚市のベランダのFRP防水完了
RP防水完了です。
トップコートが劣化してすり減ってくると防水層が露になって劣化を加速させてしまいますので、トップコートが傷む前に定期的な塗り替えをお勧めします。
貝塚市のベランダの笠木のジョイントもコーキングで防水完了
同時に、ベランダの立ち上がりの壁の上に被せているアルミ製の手すり付き笠木のジョイント(継ぎ目)部分にもコーキングを充填して防水しました。
意外とこのような箇所から水が浸入して雨漏りすることがあるので、注意が必要です。
FRP防水は強化繊維プラスチックなので強い防水層を形成できますが、強い地震が発生した時など、下地が動いた時にひび割れてしまうことがあります。それは、硬い防水層なので弾力がほとんどないことが原因です。そのことをふまえて、定期的に点検して、必要なメンテナンスを行うと費用も抑えられます。

街の屋根やさん岸和田店は防水専門の職人が在籍していますし、数多くの実績がありますので、防水のことでお困りの方は安心してご相談くださいね。



この工事の現場ブログ

貝塚市のベランダの下端から雨漏りしています

2018/07/21/ 貝塚市の雨漏りしているベランダの修理でFRP防水を施しました

貝塚市のK様よりベランダの下から雨漏りしているとのご相談があり、ベランダ防水工事を行うことになりました。風向きや雨の量に関係なく、ベランダに水が入ると下端の板から雨水がポタポタと落ちてくるそうです。ベランダの床の劣化部(床がフワフワしていた...........

貝塚市のFRP防水でベランダの雨漏りを解消したお客さまの声

2018/07/18/ 貝塚市でベランダの下からポタポタと雨漏り/FRP防水が劣化していました

貝塚市のK様より「ベランダの下から雨水がポタポタと落ちてくるんです」とご相談があり、現地調査にお伺いしました。お話をお聞きすると、雨の量や風向きに関係なく、普通の雨でも雨漏りするそうです。また、ベランダに水を撒いただけでも漏れてくるとのこと...........

貝塚市のベランダの床を踏むとフワフワします

2018/07/19/ 貝塚市の雨漏りしているベランダの床劣化部の確認・補修状況です!

貝塚市でベランダの裏面から雨水がポタポタと落ちるとのご相談で、現地調査後、防水工事を行うことになりました。K様邸のベランダは外部に出ている形状で、裏面の板から雨漏りしていました。ベランダは外部に面しているので、必ず何かしらの防水を施しており...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の穴があいていた銅板の屋根をガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市の傷んだ銅板晒し葺きの屋根
岸和田市の銅板屋根の葺き替え完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板・ゴムアスルーフィング・塩ビ雨樋
築年数
約45年
建坪
約30坪(平屋建て部のみ)
保証
7年
工事費用
約57万円(税込み)
施工事例

岸和田市のセメント瓦がズレて雨漏りが発生!瓦をシーリングで復旧

岸和田市のセメント瓦がズレています
岸和田市のズレたセメント瓦を固定
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
シーリング・漆喰
築年数
築約25年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約45万円(税込み・足場費用・カーポートパネル仮撤去及び復旧含む)
施工事例

岸和田市で穴があいていた銅製の谷板金をガルバリウム鋼板に入替

岸和田市の玄関屋根現況
岸和田市で凍害の症状で玄関屋根の棟瓦と隅棟を積み直し雨漏りも解消したお客様の声
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板・いぶし瓦・なんばん
築年数
築約45年
建坪
約20坪
保証
2年
工事費用
約35万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

貝塚市の3階建ての住宅の屋根にガルバリウム鋼板の棟板金を取付

貝塚市の棟板金が飛散
貝塚市の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
貫板・ガルバリウム鋼板・シーリング・ポリカ波板
築年数
築約30年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
棟板金・貫板交換工事・約58万円(税込み)足場費用含む テラス波板張替え及び樋交換工事・約12万円(税込み)
施工事例

貝塚市の軒天井のケイ酸カルシウム板を張替え塗装した各所修理工事

貝塚市の軒天井破損
貝塚市の修理した軒天井と破風板
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨樋交換
その他塗装
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板、塗料、塩ビ雨樋、ガルバリウム鋼板、化粧合板など
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約180万円(税込み・足場代含む)
施工事例

貝塚市の雨漏りしていたベランダにFRP防水を施工しドレンも調整

貝塚市のベランダの下端から雨漏りしています
貝塚市のベランダのFRP防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
FRP防水材
築年数
約15年
建坪
約20坪
保証
3年
工事費用
約21.5万円(税込み)床補強・ドレン調整費用含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の台風被害と雨漏りのご相談

岸和田市にお住いのK様より「2年前の台風被害の修理をしたいんです。屋根の他にも色々修繕しないといけないところがあるんですが、屋根以外のことでもお願いできますか?」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。街の屋根やさん岸和田店は住まいのこと...........

泉佐野市の階段室の窓から雨漏りするとのご相談

泉佐野市の雨漏り調査です。「1階のサッシ枠から雨水が入ってくるんです」とのご相談をいただき、現地調査にお伺いしました。T様邸は木造の2階建てです。雨漏りしているのは玄関横にある階段室の小窓です。雨が降ると、サッシ枠からかなりの量の雨水が浸入...........

岸和田市の庇にタオルを敷いて処置されています

岸和田市の庇の補修です。S様は以前から庇に落ちる雨音でお困りでした。雨樋が詰まって雨水が溢れているのでは、とのご相談をいただき調査をすると、雨樋は詰まっておらず、屋根の形状に問題があることが分かりました。雨水が落ちてくる庇の真上には2階の軒...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747