オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

貝塚市の重量鉄骨・ALC版タイル貼りのお宅の雨漏り調査にお伺いしました


貝塚市の3階のお部屋で雨漏り発生
以前、バルコニーからの雨漏りで防水工事などを行ったK様より「雨漏りがひどくなってきたので屋上の防水もお願いできますか」とご相談があり現地調査にお伺いしました。
K様邸は重量鉄骨で、ALC版(軽量気泡コンクリート)の上にタイルを貼った外壁、屋上はシート防水の陸屋根です。

前の工事では2階と3階のバルコニーの防水と一部目地コーキングの打ち替えなどを行い、その部分の雨漏りは止まりましたが、今度は3階のお部屋の中の雨漏りのご相談です。
前の工事の時にも3階のお部屋でも雨漏りしているというお話があり、屋上の防水のご提案もさせていただいていましたが、時期を見てメンテナンスされるということで、様子を見られていました。今回は、雨漏りがひどくなってきたのでご連絡をいただきました。

貝塚市の室内をビニールで養生
まずは雨漏りしているお部屋の中を確認しました。
天井・壁・サッシ回りから広範囲で雨漏りしていて、壁や床が雨水で濡れないようにビニールを貼って保護されていました。
貝塚市の雨漏り状況です!
また、心配になったご主人様が、壁の雨漏りが一番ひどい部分の石膏ボード(クロスを貼った壁)を外して、中の状態を確認されていました。
私たちがお伺いした時も壁の下地の木部や鉄骨が濡れていていました。この部分は窓の下の壁ですので、サッシ回りから雨水が浸入した可能性が高いです。
貝塚市の雨漏りの跡です!
別の壁にも雨漏りの形跡が残っていました。
このお部屋は建物の一番上にあるので、天井からの雨漏りの場合、この上の屋上から雨水が浸入した可能性があります。また、タイル壁ですのでその目地から雨水が染み込むこともありますし、サッシ回りのコーキングが切れて雨漏りすることもあります。
貝塚市のお部屋の壁に雨漏りでカビ発生
こちらは窓の下部分の雨漏りの跡で、壁が雨水に濡れてカビが発生していました。
先ほどもお伝えしましたが、おそらくサッシ回りを防水しているコーキングが劣化したことにより雨水が浸入した可能性が高いです。


貝塚市の外壁目地のコーキングが劣化しています!
外部の調査も行いました。
前回の工事の時も外壁の目地の劣化が見受けられ、雨漏りしている部分の目地コーキングの打ち替えを行いました。
目地のコーキングが劣化すると、そこから雨水が浸入し、最悪の場合雨漏りしてしまうことがあります。
今回雨漏りしているお部屋周辺の外壁の目地も切れたり剥離したり劣化が進んでいました。

K様邸の外壁はALC版(気泡が入った軽量のコンクリートのパネル)で、その上に直接タイルを貼っている外壁です。
ALCは、鉄骨造、鉄筋コンクリート造などの耐火建築物に使用される外壁パネルで、地震などの揺れが起こった時に構造上、鉄骨とともに揺れるようになっています。
ALCの上にタイルを直貼りした場合、ALCは揺れますがタイルは固まって揺れない為、目地が割れやすくなってしまいます。
目地が割れるとそこから雨水が浸入し、壁に防水シートが施工されていないので雨漏りに繋がってしまいます。こういう事例が多いということもあり、最近ではこの組み合わせでの施工が少なくなってきています。

貝塚市のサッシ回りのコーキングも打ち替えます!
外壁の目地と同様にサッシ回りのコーキングも傷んできていました。
窓周りには必ずサッシ回りの取り合いから雨水が浸入するのを防ぐため、必ずコーキングで防水しており、このコーキングが劣化するとそこから雨漏りしてしまいます。
今回の雨漏り修理のご提案は、外壁の目地とサッシ回りのコーキング打ち替えが含まれます。
貝塚市の外壁タイル塗装
タイルのコーキング目地(下地のALC目地に合わせた大きな目地)の打ち替えのご提案に加えて、セメント目地(タイル一枚一枚の周りの目地)の保護のご提案もさせていただきました。
経年劣化でセメント目地がひび割れてくると、じわじわと雨水が染み込んでしてしまいますので、シリコンクリアー(防水機能も兼ねた塗料)で塗装します。
貝塚市の屋上もメンテナンスします!
K様邸の屋上は陸屋根のシート防水(防水工事の工法のひとつで、プラスチックや合成ゴム製のシートを屋根や下地に貼り付ける工法)で、表面に施しているシルバーのトップコートが傷んできていました。
トップコートは下にある防水シートを守る役割があるので、防水シートが劣化する前に塗り替えるのが理想的です。

今回の雨漏り修理では、足場を建てて、雨漏り箇所の外壁の目地とサッシ回りのコーキング打ち替え、タイル壁保護塗装、屋上のトップコート改修を行うことになりました。

次は工事の様子をご紹介します。






同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉佐野市の割れた銅製の雨樋を交換し雨水が溢れていた樋を調整!

泉佐野市の呼び樋が割れています
泉佐野市の樋の交換完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
銅製の雨樋・金具他
築年数
築約27年
建坪
約32坪
保証
2年
工事費用
約15.5万円(税込み)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理でベランダにウレタン防水を施工しました!

岸和田市のベランダ防水前
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン防水材、カチオンクリート、プライマー、トップコート、シーリング材他
築年数
約38年
建坪
約19坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約19.5万円(税込み)
施工事例

岸和田市で台風で雨漏りが発生した瓦屋根を修理して補強しました

岸和田市の屋根修理前
岸和田市の屋根修理後
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
釉薬瓦、南蛮漆喰・葺き土、シーリング他
築年数
約38年
建坪
約19坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約64万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

貝塚市の3階建ての住宅の屋根にガルバリウム鋼板の棟板金を取付

貝塚市の棟板金が飛散
貝塚市の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
貫板・ガルバリウム鋼板・シーリング・ポリカ波板
築年数
築約30年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
棟板金・貫板交換工事・約58万円(税込み)足場費用含む テラス波板張替え及び樋交換工事・約12万円(税込み)
施工事例

貝塚市の軒天井のケイ酸カルシウム板を張替え塗装した各所修理工事

貝塚市の軒天井破損
貝塚市の修理した軒天井と破風板
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨樋交換
その他塗装
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板、塗料、塩ビ雨樋、ガルバリウム鋼板、化粧合板など
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約180万円(税込み・足場代含む)
施工事例

貝塚市の雨漏りしていたベランダにFRP防水を施工しドレンも調整

貝塚市のベランダの下端から雨漏りしています
貝塚市のベランダのFRP防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
FRP防水材
築年数
約15年
建坪
約20坪
保証
3年
工事費用
約21.5万円(税込み)床補強・ドレン調整費用含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の天井の雨漏り

以前、街の屋根やさん岸和田店でキッチンの出窓からの雨漏りを修理させていただいた岸和田市のM様より「台風で雨漏りして困ってるんです」とのご相談をいただき、屋根の修理を行うことになりました。M様邸は・・鉄骨造・3階建て屋根は・・化粧スレート葺き...........

泉大津市の雨樋のご相談

泉大津市の店舗様より「雨樋から雨水が漏れてくるんです」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。雨水が漏れているのはお店の看板を設置している部分の下にある軒樋(横方向の雨樋)です。確認すると、集水器(軒樋に流れてきた雨水を集めて竪樋に送るた...........

岸和田市の雨漏りのご相談

岸和田市の雨漏りの現地調査です。K様邸は木造で、2階建ての母屋(築50年)と平屋建ての増築部(築40年)があります。雨漏りしているのは増築部の和室で、天井から浸入した雨水の影響で聚楽壁や畳が傷んでいました。屋根を確認すると、母屋と増築部の取...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747