オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市の庇に落ちる雨音の緩和でゴムのシートと人工芝を張りました


岸和田市の庇の補修です。S様は以前から庇に落ちる雨音でお困りでした。雨樋が詰まって雨水が溢れているのでは、とのご相談をいただき調査をすると、雨樋は詰まっておらず、屋根の形状に問題があることが分かりました。雨水が落ちてくる庇の真上には2階の軒樋のコーナー部分があり、屋根の形状で樋を設けることができず隙間があいている状態でした。コーナー部分の屋根面がそれぞれ段差があるため、樋を繋ぐことができないので、苦肉の策で庇にゴムのシートを貼って雨音を緩和させることになりました。
岸和田市の庇にタオルを敷いて処置されています
屋根から雨水が落ちてきて大きな音をたてるという庇です。雨音がひどくて気になることから、上にタオルや布を置いて対応されていました。2階の屋根に設置している樋が詰まって雨水が溢れてるのかと心配されて街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。
岸和田市の樋が繋がっていません
状況を確認すると、庇の真上にある軒樋(横方向の雨樋)のコーナー部分に樋がなく、隙間があいていることが分かりました。樋が途中で切れている状態ですので、隙間から雨水が直接落ちてしまいます。この隙間に樋を取付けると雨音は改善されるのですが、S様邸の屋根の形状で、樋が取り付けられないことが判明しました。
岸和田市の互いの樋が段差になっている為繋げられません
その理由は、コーナー部分の両端の軒樋に屋根の形状で段差が生じていたからです。そのため、コーナー部分を接続することができず、隙間があいてしまうようになっていました。
屋根の形状を変えれば樋を付けることができますが、大きな工事になります。「簡単な方法でいいので雨音を少なくできないですか?」とのご希望で、庇の上にゴムのシートを貼って雨音を緩和させるご提案になりました。
岸和田市の庇にゴムのシートを貼ります!
S様邸の庇には板金を取付けている為、雨水が大量に落ちてくると金属音が鳴り響きます。
屋根の形状で、どうしても雨水が落ちてきてしまうことをお伝えし、今まで通りタオルや布を置いて対応されたらどうですか、とご相談すると、「強風でタオルが飛んでしまい、その度に高い位置に戻さないといけないので大変なんです」とのことで、庇の上にゴムのシートを貼ることになりました。
岸和田市の庇をきれいに掃除しました
ゴムシートを貼る前に庇の天端をきれいに掃除しました。
庇に汚れが付いたままだとシートがしっかりと密着しないため、先にホコリや汚れを落としました。
この工事では雨水が直接落ちてくる部分のみにシートを貼ります。
岸和田市の庇の板金にプライマーを全体的に塗布します
庇を掃除した後、ゴムシートを貼る面全体にスプレー式のプライマーを塗布しました。
プライマーとは、接着効果のある塗料で、シートをしっかりとくっつける役割があります。
岸和田市の庇にシーリングを充填して接着
プライマー塗布後、シーリングを充填してゴムのシートを貼ります。
壁際にシーリングを充填し、全体的に塗布します。
岸和田市の庇にゴムのシートを貼りました
上にゴムのシートを載せて端から押さえてしっかりと密着させて貼り付けました。
庇に合わせてシートをカットしたので大きさもぴったりです。軒先のシートを庇よりも少し出すことで、雨水が浸入しにくくなります。
岸和田市の庇の壁際にシーリングを充填して防水
外壁を伝ってきた雨水が庇とシートの間に入り込まないように、壁際にシーリングを充填してしっかりと防水しました。
雨水がシートの間に入り込むと庇の板金が劣化しますので、シーリングを厚めに充填して処置させていただきました。
岸和田市の外壁のひび割れも補修しました
庇の上の外壁に大きなひび割れが発生していたので、シーリングで補修しました。
庇までひび割れが達していたので、雨水が直接あたると内部に雨漏りする危険性があります。
この部分はお隣の住宅との間の外壁であまり人目に付かないので、シーリングで処置させていただきました。
岸和田市の壁の上の方まで補修しています
外壁の上の方までひび割れていたのでシーリングを充填してきちんと補修しています。

外壁のひび割れから雨水が浸入し、目に見えない木部が劣化して強度が低下していた住宅もありますので、部屋内に雨漏りしていなくても放置せず補修しましょう。
岸和田市の庇にシーリングで人工芝を貼ります
庇にゴムのシートを貼ったあと雨の日に様子を見ていただき、確認のご連絡をすると、やはりまだ雨音が気になる、とのことで、雨水が跳ね返りにくい人工芝を貼ることになりました。その後は雨音がほとんど聞こえなくなったとお喜びいただけました。

「大雨の日に庇に雨が落ちて大きな音がする」「雨樋から水が溢れて下の屋根に落ちて困る」など、庇や雨樋、他、屋根のことで気になることがございましたら街の屋根やさん岸和田店にお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市のスレート屋根を日進産業のガイナで塗装し雨樋も調整!

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の塗装後の屋根
工事内容
雨樋交換
屋根塗装
その他の工事
使用素材
ガルバリウム鋼板・日進産業・ガイナ他
築年数
約27年
建坪
約20坪
保証
5年(塗装において)
工事費用
足場・・約21万円 屋根塗装・・約72万円 雨樋調整工・・約8万円(すべて税込み)
施工事例

泉佐野市の割れた銅製の雨樋を交換し雨水が溢れていた樋を調整!

泉佐野市の呼び樋が割れています
泉佐野市の樋の交換完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
銅製の雨樋・金具他
築年数
築約27年
建坪
約32坪
保証
2年
工事費用
約15.5万円(税込み)
施工事例

岸和田市の屋根葺き替えで陶器瓦をコロニアルグラッサに葺き替え

岸和田市の屋根葺き替え前
岸和田市の屋根葺き替え後
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
平屋
使用素材
コロニアルグラッサ・構造用合板・ゴムアスルーフィング・ガルバリウム鋼板他
築年数
約50年
建坪
約45坪
保証
10年(メーカー保証)
工事費用
約310万円(税込み・足場費用含む)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のALC外壁の塗装前に目地のシーリング工事を行いました

岸和田市の改修前の外壁の目地
岸和田市の外壁の目地改修後
工事内容
防水工事
外壁塗装
使用素材
シーリング、多彩模様塗料(下塗り・中塗り・上塗り)
築年数
築26年
建坪
保証
外壁塗装5年
工事費用
シーリング工事・・約72万円 足場費用・・約39万円 外壁塗装・・約180万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市の台風で飛ばされたカーポートとテラスの平板の張替

岸和田市のカーポートの平板が飛散
岸和田市の飛散したカーポートの平板を復旧
工事内容
台風
使用素材
ポリカーボネート平板
築年数
約20年
建坪
約17坪
保証
1年
工事費用
約13.5万円(税込み)
施工事例

岸和田市のスレート屋根を日進産業のガイナで塗装し雨樋も調整!

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の塗装後の屋根
工事内容
雨樋交換
屋根塗装
その他の工事
使用素材
ガルバリウム鋼板・日進産業・ガイナ他
築年数
約27年
建坪
約20坪
保証
5年(塗装において)
工事費用
足場・・約21万円 屋根塗装・・約72万円 雨樋調整工・・約8万円(すべて税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

テラスの波板の重要性

「ベランダの波板が割れて雨が入ってくるので気になるな・・・」「台風で波板が飛ばされて洗濯物を干す時に不便で困ってる」「波板が黄色くなって見た目が悪くなってきたな~」など、波板のことでお困りのことはありませんか?

街の屋根やさんの無料点検

和泉市の屋根点検の様子をご紹介します。「台風で瓦が何枚か落ちて、割れているところもあるし、ズレているところもあるんです」とのご相談をいただき、屋根を点検して修理のお見積書をお預けすることになりました。

岸和田市の雨漏りのご相談

岸和田市の雨漏りの現地調査です。K様邸は木造で、2階建ての母屋(築50年)と平屋建ての増築部(築40年)があります。雨漏りしているのは増築部の和室で、天井から浸入した雨水の影響で聚楽壁や畳が傷んでいました。屋根を確認すると、母屋と増築部の取...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747