和泉市のバルコニー内部に配置されていた竪樋を向きを変更して取り付け!


和泉市の雨樋からの水がバルコニーに放出されます
和泉市の住宅で、バルコニーの下のお部屋で雨漏りしたとのご相談をいただき、現地調査を行い雨樋の架け替えを行うことになりました。
こちらのお宅は軽量鉄骨で、去年の台風の時にバルコニーの下のお部屋の天井から雨漏りが発生し、天井の壁紙が破れて床まで水浸しになったそうです。その後、業者に見てもらいバルコニーの水張試験などを行った結果、その時は水が出てこなかったそうです。
街の屋根やさん岸和田店に雨漏りのご相談をいただきましたので、バルコニーを調査すると、屋根の上に落ちてきた雨水が竪樋に集まって、バルコニーの床に放流されていることが分かりました。
バルコニーの排水口がこの竪樋と反対側にあるので、雨が多い時は排水が追い付かず、バルコニーがプールのように水が張っていたと思われます。
和泉市の雨樋をバルコニーの外側に回します
「雨漏りは台風の時に一回発生しただけ」というお話と、「バルコニーの水張試験で水が出てこなかった」ということから、バルコニーに流れ込む雨水の量を少なくすることが雨漏りのリスクを低くすることに繋がるという見解で、バルコニーの床の上に伸びている雨樋をバルコニーの外側に出して取付けることになりました。
和泉市のバルコニーの外側に雨樋を回します!
黄色い点線のように雨樋を回して取付けます。
バルコニーの外側に雨樋を出して、下端に回し、バルコニーの下にある竪樋に接続します。
同時に、雨水が浸入する可能性があるバルコニーの手すりの笠木の継ぎ目のコーキングも打ち替えます。
和泉市の雨樋をカットします!
バルコニーの床に伸びている既存の竪樋をカットして、手すりの上から外部に回します。
和泉市で部材を繋いで雨樋の位置を変えます!
短い部材を繋いで、コーナーを作り、樋の向きを変えます。
雨樋の接続部分には樋専用の接着剤を塗布して繋げます。
和泉市でバルコニーの外側に雨樋を回しました!
既存の竪樋に短い部材を繋いでコーナーを作って、バルコニーの外側に樋を回しました。
これで、竪樋に流れてきた雨水がバルコニーに放流されることはありません。
和泉市のバルコニーの下端に雨樋を通します
バルコニーの外側に回した樋をバルコニーの下を通して、その先にある竪樋に接続します。
部材を繋げる継ぎ目は内側と外側の両方に専用の接着剤を塗布してしっかりと固定します。
接着剤を使用しないと、強風などで外れる可能性があります。

和泉市のバルコニーの下端に雨樋を通します
バルコニーの下を通した雨樋を、バルコニーの下にある竪樋に繋げて、雨水桝に流れるようにします。
接続部分には集水器(雨水を集める部材)を取付けて、竪樋と合流させます。
この竪樋は、バルコニーの排水口から流れてくる雨水を雨水桝まで排出するための竪樋です。
和泉市の既存のつかみ金具を撤去します
バルコニーに伸びていた既存の竪樋を固定しているつかみ金具はもう使わないので撤去します。
和泉市の撤去跡にコーキング充填
つかみ金具を撤去してそのままの状態だと、その部分から雨水が浸入する可能性がありますので、コーキングを充填して防水します。
和泉市の雨樋の位置替え完了です
雨樋の架け替え完了です。
バルコニーの下端を通して、竪樋に接続しました。

雨漏りと言えば「屋根」をイメージされることが多いと思いますが、実はバルコニーやベランダからの雨漏りも多く発生しています。バルコニーは外部に面しており、紫外線や雨風の影響を受けます。もともと防水処理を施していますが、床には殆ど勾配がないので雨水が溜まりやすく、定期的なメンテナンスが必要となります。
防水の部分が劣化してくると、その部分から雨水が浸入して雨漏りに発展しますので、「床が割れてきたなぁ」など、お気づきのことがありましたら早めに業者に見てもらいましょう。

もしあなたも、雨樋やバルコニーなどで気になることがございましたら「街の屋根やさん岸和田店」へお気軽にご相談くださいね。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装 

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装の現況
岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装
工事内容
雨樋交換
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料、一部多彩模様アクリルシリコン塗材
築年数
築35年
建坪
約65坪
保証
工事費用
約150万円(税込)
施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田の住宅、瓦棒葺き屋根、ガルバリューム鋼板葺き替え工事

岸和田市 板金屋根現況
岸和田市 ガルバリューム鋼板屋根葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
屋根葺き直し
雨樋交換
使用素材
屋根ガルバリューム鋼板 塩ビ製呼び樋 
築年数
39年
建坪
38坪
保証
8年(耐久年数10年)
工事費用
46万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市で作業用の足場を建てました

和泉市の雨樋修理のご紹介です。台風21号で軒樋が一部飛散し、変形している箇所もありました。足場を建てて、軒樋・呼び樋・集水器・受け金具を交換しました。

熊取町の波板などの調査にお伺いしました

熊取町にお住いのS様より「台風でテラスの波板が全部飛んだんです。屋根の状態も見えないので点検してもらえますか?」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。台風21号は強い勢力で、泉州地区でも強風が吹き荒れました。そのため、台風直後からご相談...........

忠岡町の納屋の屋根を張替えます

泉北郡忠岡町の台風被害に遭った納屋の屋根の張り替えをご紹介します。H様邸の納屋の屋根は波型スレートを使用しており、台風の時に物がぶつかったのか穴が開いていたり、数枚飛散している状態でした。