和泉市の雨漏り修理でバルコニーの手すり笠木の継ぎ目のコーキング打ち替え


和泉市の住宅で台風の時に壁紙が破損!
和泉市で「去年の台風の時にバルコニーの下のお部屋の天井に雨漏りが発生した」とのご相談があり雨漏り修理を行うことになりました。
こちらの住宅には現在お住いされておらず、遠方におられるのですが、近い将来ここに住むことになるので先に雨漏り修理をしてほしい、とのことでした。
雨漏りした後に、業者に頼んでバルコニーの水張試験を行い、天井に穴を開けて確認されたそうですが、下には出てこなかったそうです。
街の屋根やさん岸和田店が調査を行い、雨漏り修理を行った内容は、雨樋の架け替えと手すりの笠木のコーキング打ち替えです。
屋根に集まった雨水がバルコニーの床に放流されている状態だったので、バルコニーへの雨水の量を少なくするために雨樋の向きを変えて架け替えました。(※工事の様子は前回の記事をご覧になってください)今回は、手すり笠木のコーキング打ち替えの様子をお伝えします。
915742fe6f2ce46d357c56e161a845ad-columns2-overlay
こちらがバルコニーの手すりの上に施工している笠木です。
笠木とは、塀や手すり、腰壁などの頂部に施工する仕上げ材の事で、このバルコニーの手すりの笠木はアルミ製でした。

アルミ製の笠木の継ぎ目を防水しているコーキングが傷んで割れてきていました。
和泉市のバルコニーの笠木の継ぎ目から雨水が浸入します!
外壁のサイディングの継ぎ目のコーキングもそうですが、写真のように割れてくると、その部分から雨水が浸入し、雨漏りを引き起こす原因となることがあります。外壁の目地の下には防水シートがありますが、バルコニーの手すりの笠木の下にはそういった防水シートがありませんので、雨漏りのリスクが高くなってしまいます。
和泉市のコーキング打ち替えで使用する道具
実際、笠木部分が傷んで雨漏りが発生した事例もありますので、油断大敵です。
雨樋の架け替え工事と同時に、笠木の劣化したコーキングを打ち替えることになりました。

写真はコーキング打ち替えの際に使用する主な道具です。
分かりやすいように並べて撮影しました。(他、マスキングテープなども使用します)
和泉市のコーキングにカッターで切り込みを入れます
コーキング工事は、「打ち替え」「打ち増し」があります。字の通り、既存のコーキングを撤去して新しいコーキングを充填する方法と、既存のコーキングの上から新しいコーキングを打ち増しする方法です。
今回は、打ち替えで工事を行います。

既存のコーキングを撤去するために、側面にカッターで切り込みを入れています。
和泉市のベランダ笠木の既存のコーキングを撤去
コーキングの側面にカッターで切り込みを入れてあげると、撤去しやすくなります。(くっついているコーキングを切り離す感じです)

コーキングを撤去した後、溝の中をきれいに掃除します。
溝の中が汚れていたり、コーキングが残っていると、新しく充填するコーキングがしっかりと密着しません。
和泉市のバルコニーの笠木にプライマーを塗布します
次に、溝の両側にマスキングテープを貼って養生してからプライマーを塗布します。
プライマーはコーキングを密着させる接着剤の役割がありますので、欠かせない工程です。
プライマーに塗りムラがあると、コーキングの部分的な剥離の原因になることがありますので、刷毛を往復させて丁寧に塗り込みます。

和泉市のバルコニーの笠木にコーキングを充填!
プライマーを塗布した後、コーキングを充填しました。
コーキングは最後に押さえて仕上げますので、必ず多めに充填します。
ここで、先に貼っていたマスキングテープが活躍します。
マスキングテープを貼っている箇所にはコーキングが付かないので剥がすときれいに仕上げることができます。
和泉市のバルコニーのコーキングの表面を均して打ち替え完了!
コーキング充填後、表面をヘラで押さえて溝の奥まで隙間なく行き渡らせます。この時、表面が平らになるように押さえます。
コーキングが乾ききる前にマスキングテープを剥がして工事完了です。
バルコニーを傷める要因だった、大量に流れ込む雨水の処理として雨樋の向きを変えて架け替え、雨水が浸入する可能性があったバルコニーの笠木のコーキングを打ち替えました。
その後の雨で様子を見ていただきましたが、雨漏りはしていないとのこで、安心されていました。

雨漏り修理・屋根のことなら「街の屋根やさん岸和田店」にお任せ下さい!
各分野の専門のスタッフによる施工で安心!満足!していただけます。
まずはお気軽にご相談くださいね。




同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)
施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装
岸和田市春木本町のひび補修と外壁塗装
工事内容
漆喰詰め直し
雨漏り修理
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
当社推奨セラミックシリコン
築年数
30年
建坪
35坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約130万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉大津市の天窓からの雨漏りのご相談

泉大津市にお住いのN様より「台風21号の時に天窓からの雨漏りしたので見に来てもらえますか?」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。N様邸の屋根はスレート(平型の薄い屋根材)で、大屋根(一番高い屋根)に天窓が付いていました。

泉大津市の台風被害の現地調査

泉佐野市の台風被害に遭った住宅の現地調査の様子をご紹介します。I様邸はスレート(平型の薄い屋根材)の屋根で棟の板金とその下地の貫板が飛散し、棟の下のスレートも数枚飛んでいる状態でした。

和泉市の壁際水切りを取付け

和泉市の雨漏り修理及び台風被害箇所の修復工事のご紹介です。U様邸は鉄骨造で屋根はスレート、外壁はモルタルの塗り壁です。お隣さんと外壁がつながっている形状で、お隣さんの方が建物が高いため、U様邸の屋根が外壁の取り合いになっています。U様邸は台...........