泉大津市の釉薬瓦の屋根の修理工事/棟や袖瓦を復旧しました!


泉大津市の棟の瓦が飛散
泉大津市の巴瓦が飛散
泉大津市の台風被害に遭った屋根の修理のご紹介です。
M様邸の屋根はオレンジ色の釉薬瓦で、台風で棟の冠瓦や袖瓦、棟巴などが飛散してしまいました。
新しい瓦をご用意して、飛散した瓦の復旧を行ったのでその様子をご紹介します。

写真左は棟の冠瓦の飛散状況です。棟とは屋根の頂点の水平部分のことで、必ず隙間ができるのでそこに瓦を積み上げて(棟瓦)仕舞しています。したがって棟の瓦がズレたり飛散すると雨漏りの原因になってしまいます。

写真右は、棟の端にある巴瓦の飛散状況です。これらの瓦を復旧します。

泉大津市の冠瓦復旧
棟の冠瓦は1枚屋根の上に残っていたので再利用し、残りの1枚をご用意しました。
下地の土が痩せていたので、葺き土の代わりになるなんばん漆喰をのせてから冠瓦を施工しました。(瓦をしっかりと密着させるため)

棟は屋根の高い位置にあるので風や地震の影響を受けやすい箇所です。そのため、銅線などで固定されていることがほとんどです。今回も銅線で留め付けました。更に、瓦のズレを防止するためにコーキングを充填したので安心です。
泉大津市の屋根になんばん漆喰をのせました
飛散した棟巴の復旧も行いました。

なんばん漆喰をのせてから巴瓦を施工します。
なんばん漆喰は特殊なシリコン及び防水剤が配合されていますので、雨水が浸透しても崩れにくいのが特徴です。

泉大津市の巴瓦を密着させました
なんばん漆喰の上に巴瓦をのせて密着させて施工しました。
棟部とその下にある地瓦との間には半月状の隙間ができますので、そこには漆喰を塗って雨水の浸入を少なくします。今回は下地になんばん漆喰を使用したので、それがそのまま活きてきます。下地に葺き土を使用した場合、葺き土がむき出しになるので漆喰塗りが必要になります。
泉大津市の鬼瓦の取り合いにコーキング充填
鬼瓦の取り合いの漆喰がほとんど剥がれてしまっていたので、コーキングを充填しました。

鬼瓦の取り合いには隙間ができるので、雨水が入らないようにそこに漆喰を塗って仕舞しています。本来は漆喰を塗って復旧するのですが、このようにコーキングを使用する場合もあります。
漆喰の方が見栄えがいいので、見えない箇所ではコーキングを採用することがあります。
取り合いから雨水が浸入するのを防いで尚且つ瓦を固定するという意味合いでは漆喰もコーキングも同じです。
泉大津市の屋根の袖瓦を復旧しました
袖瓦も数枚飛散していたので、新しい瓦をご用意して」復旧しました。
袖瓦は屋根の雨樋が付いていない三角になった面に施工する瓦のことで、一番端にあるので動きやすい瓦です。ですので、ズレや落下を防ぐために釘留めしたり銅線で固定しないといけません。
泉大津市の屋根の袖瓦固定
既存の袖瓦は銅線で留め付けていたので同じように復旧しました。
更に、コーキングを充填してズレを防止しました。
今後、また大型の台風が上陸する可能性もありますので、頑丈に仕上げると安心ですね。

泉大津市のテラスの波板復旧!
2階のテラス屋根の波板がすべて飛散してしまったので、新しい波板を張りました。
ポリカーボネート製の波板は、衝撃に強く割れにくいので長期にわたってご使用いただけます。

「屋根に被害があると思うとなんか心もとなくて・・・。早く修理してくれてよかったです」
M様が安心して暮らせるお手伝いができて嬉しく思っております。

街の屋根やさん岸和田店は、屋根の修理や葺き替え、波板の張替などの工事を承っておりますのでお困りの方はご相談くださいね。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装

岸和田市極楽寺町のカビ除去もした外壁と屋根塗装 現況
岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料(2液シリコン)外壁・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
30坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約110万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の台風被害に遭った屋根の修理

貝塚市の台風被害に遭った屋根の修理のご紹介です。I様邸は和瓦の屋根で、台風で棟の瓦が飛散し、近くに来ていた業者の方にシート養生(応急処置)してもらったそうですが、修理をしてくれる業者が見つからず街の屋根やさん岸和田店にお問合せいただきました...........

忠岡町の納屋の屋根を張替えます

泉北郡忠岡町の台風被害に遭った納屋の屋根の張り替えをご紹介します。H様邸の納屋の屋根は波型スレートを使用しており、台風の時に物がぶつかったのか穴が開いていたり、数枚飛散している状態でした。

忠岡町の納屋の屋根の調査

忠岡町にお住いのH様より「台風で波板が飛んだり、納屋の屋根も割れてしまったんです。自宅の屋根は大丈夫と思いますが、点検してもらえますか?」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。