オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

泉大津市の三カ所で発生した雨漏りのご相談で屋根を確認しました!


泉大津市の雨漏りの現地調査
泉大津市の一階建ての長屋で、「以前から雨漏りが三カ所から発生して、屋根の下の方が落ちてきてるんです」とご相談があり雨漏りの現地調査にお伺いしました。
雨漏りは玄関・キッチン・押入れそれぞれの天井から発生しており、長い間そのままだったそうですが、最近の台風やそれ以外での豪雨及び長雨の影響でひどくなってきたそうです。
泉大津市の玄関天井の雨漏り
まずは、雨漏りしている箇所の確認から始めました。
こちらは玄関の天井の雨漏りです。
天井裏から雨水が浸入し、クロスまで達して雨染みとなって出ています。クロスも腐食して浮いてきていました。
木部などが雨に濡れるとカビが発生し、大切なご家族様の健康にも影響をおよぼします。
泉大津市のキッチン天井の雨漏り
キッチンの天井に発生した雨漏りもひどかったらしく、天井板が一部落ちてしまったようです。
雨漏りは長い間放っておくと、確実に建物の木部などを傷めます。ずっと雨漏りしている状態のままだとその分修理費用もかさんでしまいますので、早めにぎゅお者に見てもらいましょう。
泉大津市の押し入れの中の雨漏り
和室の押入れの天井にも雨漏りしているとのことで確認すると、押し入れに収納している段ボールも濡れてしまい白カビが発生していました。
押し入れの中は湿気がこもりやすいので、このままにしておくとますますカビが繁殖してしまいます。
泉大津市の押入れの手前のお部屋にも雨漏りしています
雨漏りしていた押入れの手前の和室の天井にも雨漏りが広がっていました。
雨漏りしている箇所がそれぞれ異なり離れているので、おそらく屋根全体の劣化が進んでいる可能性があります。
次は屋根の上を確認します。
泉大津市の屋根が一部崩れています
先ほどの雨漏りしていた押入れがある和室側の屋根を確認すると、やはりかなり劣化がひどい状態でした。
屋根が一部、端から雪崩のように崩れており、雨樋も変形して波打っていました。
泉大津市の崩れた屋根
こちらが崩れた屋根の部分です。
大屋根の軒先の一部が端から崩れて、下にあるトタンの下屋に積み重なっていました。
泉大津市の屋根の下地が丸見えです
大屋根の崩れた箇所です。
瓦と葺き土がすべて下に崩れてしまい、下地板がむき出しの状態でした。これでは雨が直接小屋裏に入ってしまうので、大雨の時などはかなりの量の雨が天井から落ちてきたと思います。
泉大津市の雨樋も機能していません
崩れた屋根の重みで雨樋の竪樋部分が折れてしまっていました。
これでは雨樋も機能を果たせません。しかも軒樋に集まった雨水を排出できないので、どこかで溢れて閉まっているでしょう。
雨樋が機能を果たせなくなると、溢れた雨水が外壁に直接あたり外壁の劣化を進めたり、外壁に雨が直接あたった時にモルタル壁などにひび割れがあるとそこから雨が浸入してしまい雨漏りに繋がることがあります。
泉大津市の屋根の漆喰と棟の崩れ
先ほどの崩れた屋根もひどかったですが、屋根全体が悲鳴を上げている状態でした。
屋根の棟(屋根の頂点)に積んでいる棟瓦を支えている漆喰が劣化して崩れ落ち、ほとんどなくなり下地の土まで流れでしまっていました。
こうなると、上に積んでいる瓦自体のバランスが悪くなり、雨漏りしてしまいます。
泉大津市の下り棟の漆喰も崩れています
また、下り棟(写真右側)の漆喰もボロボロと落ちてきていました。
漆喰は、一般的に建物の屋根や棟部分に使用されます。
瓦と瓦を繋ぐ接着剤のような役割や雨水を屋根内部に浸入させない防水の役割も果たしていますので、屋根にとってはとても重要な部分です。
泉大津市の瓦に隙間が開いています
また、屋根全体の瓦に隙間が開き、ズレなどの症状がありました。
劣化した屋根が台風などの強風にあたったり、瓦の下の土が雨水と一緒に流れて痩せてくると、瓦が浮いたりズレることがあります。そうすると、雨が瓦の隙間から浸入して雨漏りに繋がります。
泉大津市の瓦に隙間が開いています
屋根の瓦の多くに隙間が開いている状態ですので、どこから雨が浸入するか分かりませんし、言い方を変えるとどこからでも雨が浸入してしまいます。
屋根全体の劣化が進んでいたので、雨漏りの修理費用が大きくなると予想されます。ですので、修理した場合と、屋根を葺き替えるご提案もさせていただきたいと思います。
先日、雨漏りのご相談でお伺いしたお客様が「知り合いで、雨漏りをずっとそのままにしていたら、突然天井が落ちてきて修理費用がすごくかかったそうで、私の家もそうなるんじゃないかと心配なんです」とお話されていましたが、実際に雨漏りを長期間にわたり放置し続けていると、被害が拡大するばかりです。
雨漏りを見つけたらまずは速やかに業者に見てもらいましょう。

雨漏りの事なら街の屋根やさん岸和田店にお任せください。
ご相談はフリーダイヤル0120-169-747までお気軽に!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

貝塚市の雨漏り修理で棟瓦の積み直し工事を行いました!

貝塚市の棟瓦積み直し前
貝塚市の棟瓦積み直し後
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
シルガード・葺き土・銅線・シーリング
築年数
約29年
建坪
約23坪
保証
2年
工事費用
約63万円(税込み)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理で銅板晒し葺きの屋根の棟を修理しました

岸和田市の修理前の銅板屋根
岸和田市の修理後の銅板屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング
築年数
築35年
建坪
約50坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・19.8万円 屋根修理費用・・24.8万円(すべて税込み)
施工事例

貝塚市の雨漏りの原因はテラスの倒壊!アルミ製のテラスで復旧です!

貝塚市のベランダ現況
貝塚市のベランダにテラス屋根設置
工事内容
雨漏り修理
その他の工事
台風
使用素材
三協アルミ・レボリューA
築年数
約38年
建坪
約16坪
保証
2年
工事費用
約35万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉大津市の強風で剥がれた棟板金とスレートの復旧工事

泉大津市のスレート屋根の修理前
泉大津市のスレート屋根の修理完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
化粧スレート・杉貫板・ガルバリウム鋼板製棟板金
築年数
約23年
建坪
約20坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・約13万円 屋根修理費用・・約23万円(共に税込み)
施工事例

泉大津市で雨漏りが発生!瓦のズレを補修しラバーロックしました

泉大津市の屋根修理前
泉大津市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
瓦補強用ビス・シーリング
築年数
約50年
建坪
約10坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約19.5万円(税込み)瓦ズレ修復及び固定工・・約27万円(税込み)
施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉大津市の瓦を復旧して全体的に固定しないといけません

泉大津市の皆様こんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。最近、地震が頻繁に発生しているのでとても心配ですね・・・。台風はある程度予測がつくので事前に備えることができますが、地震は突発的に起こるので本当に恐ろしいです。「台風」や「地震」「...........

雨水は屋根から入るだけではありません

阪南市のベランダ防水工事の様子をご紹介します。I様邸は台風の時にベランダの下のお部屋で雨漏りしました。「雨漏りしたので自分でひび割れにシーリングを打ってブルーシートをかけたら止まったんです」とのことで様子を見られていたそうですが、被害を受け...........

貝塚市の1階のリビングの窓から雨漏り発生

貝塚市のY様より「台風の後の長雨から1階のリビングの窓から雨漏りするんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。Y様邸は木造・2階建ての住宅で、外壁はジョリパッドというアクリル系の壁の仕上げ材を塗装しています。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747