オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

阪南市で台風で屋根瓦が落ちてお隣の家の波板が破損したとのご相談


阪南市のK様より「2年ほど空き家にしている家が、台風で屋根に被害が遭ったんです。処分しようと思っていたんですが、瓦が落ちてお隣の家に迷惑をかけているので、とりあえず修理しておこうと思っています」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。
阪南市の風雨被害のご相談です
K様邸は土葺きの和瓦の屋根で、台風時の強風で袖瓦が飛散し、お隣の家の波板が割れてしまいました。
屋根の上にめくれた状態で残っている瓦(写真の黄色い点線部分)がまた強風で落ちないかと心配されて、被害に遭った箇所だけでも修理をしたい、とお考えでした。
阪南市の玄関の天井に雨漏り発生
ご相談があった住宅は2年ほど空き家にされていて、台風後に様子を見に来ると、瓦が落下したり雨漏りしていることに気づかれたそうです。
雨漏りしているのは玄関の天井で、雨染みが残っていました。
阪南市の屋根の被害箇所
屋根に上がって確認すると、瓦飛散していたりズレている箇所が目に飛び込んできました。

K様は台風後にいくつかの業者に相談をされたそうですが、どこも忙しく来てもらえなかったそうです。頃合いを見ているうちに1年が経ち、街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。
阪南市の袖瓦がめくれています
瓦がお隣に落ちないかと心配されていた箇所です。

屋根の雨樋が付いていない三角になった面の端の瓦を「袖瓦」または「ケラバ瓦」といい、その瓦がめくれていました。このうちの何枚かがお隣の家の方へ落下し、波板が破損してしまいました。
袖瓦は屋根の端にあり、風や地震の影響を受けやすい箇所ですので、この台風での被害も多くありました。
阪南市ののし瓦が抜けています
袖瓦の他にも被害がありました。

棟の「のし瓦」が抜け落ちている箇所がありました。
棟とは二つの屋根の面が合わさる頂点部分のことで、雨仕舞のために瓦を積み上げています。のし瓦とは棟に積み上げる平らで四角い瓦のことで、雨水が内側に入らないように水を切る役割があります。
阪南市の棟の瓦がズレています
軒先に向かって斜めに降りる棟のことを「降り棟」と言い、棟の一番上に施工する冠瓦がズレていました。

棟は空に向かって瓦を高く積み上げていますので、風や地震の揺れでズレないように銅線などで固定されていますが、銅線が緩んで冠瓦がズレている状態でした。
阪南市の瓦が割れています
飛散した瓦が落ちてきて下の瓦が割れる被害も発生していました。
この台風では、大屋根(一番高い屋根)の瓦が下の屋根に落下し、下の屋根の瓦が大量に割れてしまった、というご相談もたくさんありました。瓦が飛散するだけでなく、落ちる位置が悪いとこのように二次被害を引き起こしてしまいます。落ちてきた瓦が車に当たって車も修理しないといけない、といった声もありました。
阪南市の面戸漆喰が剥がれています
瓦の他に、漆喰の剥がれも見受けられました。
漆喰は経年で傷んできますので、台風の強風でごそっとはがれていました。

漆喰は瓦同士の隙間を埋めたり、瓦を固定したり、下地の葺き土が流れ出るのを防ぐために屋根のいたるところで使用されています。漆喰が剥がれると土が流れてしまったり雨漏りの原因になることがあります。
阪南市の谷樋の際の漆喰も剥がれています
谷樋の際の漆喰もポロポロと剥がれていました。

谷樋(屋根の谷部分に設ける雨樋)の両際には瓦を固定するための葺き土がありますので、漆喰を塗って保護しています。谷樋は雨水が集中する箇所なので、漆喰が剥がれると土がどんどん痩せて屋根のバランスが崩れてしまいますし、雨漏りの危険性もあります。
阪南市の下屋の棟瓦が飛散
下屋にも被害がありました。
やはり、大屋根と同様に棟部分に被害があります。
棟の瓦が一部飛散していました。
冠瓦が飛散すると、棟の中に雨水が浸入してしまいます。

修理の際は、瓦を復旧するだけでなく、今後の台風に備えてコーキングで瓦同士を繋いで固定すると安心なのですが、K様は後にこの家を処分されるので要ご相談になります。
阪南市の下屋の漆喰も剥がれてきています
下屋の漆喰もあちこちで剥がれてきていました。

屋根の修理は際限なくできるほど、手を尽くすことができますが、費用や今後のことをよく検討して修理しないといけません。現状復旧の修理のご提案をし、火災保険会社への手続き、結果がでてから詰めてご相談させていただきます。
阪南市の波板が割れています
ご自宅の波板も割れていました。
こちら側は瓦が落下した面なので、落ちてきた瓦で割れてしまった可能性があります。
波板は1枚から張替え可能です。
阪南市の2階の波板はすべて飛散しています
2階のテラスは木製で、波板はすべて飛散してしまいました。
普段、何気なく使用している波板ですが、急にすべてなくなってしまうと、戸惑ってしまう方がほとんどでした。
阪南市のお隣の波板に瓦が落下
お隣の家の波板は1階にあり、K様邸の屋根の瓦が落下して割れてしまいました。
自然災害なので保証はしなくてもいいのですが、お隣の家なのできちんと修理させてもらいたい、とのご希望です。

屋根の修理には費用が掛かります。将来設計をしてどのように修理するか検討しましょう。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

忠岡町の屋根修理で落ちた瓦を修復し漆喰も詰め直しました

忠岡町の台風被害に遭った降り棟
忠岡町の降り棟修理後の様子
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
いぶし瓦・漆喰・ポリカーボネート波板他
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約80万円(税込み)足場代、カーポート・テラス波板張替え及び塗装費用含む
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の崩れた棟を修復します

和泉市の屋根修理です。台風で棟の瓦が飛散し、下にある地瓦が割れていまいました。玄関の天井で雨漏りが発生している状態です。この記事では崩れた棟の修復の様子をご紹介します。Y様邸は土葺きの瓦屋根です。棟を一度解体し、積み直す工事は費用がかさんで...........

和泉市の屋根の現地調査

和泉市の台風被害に遭った屋根の現地調査です。玄関の天井に雨漏りが発生していました。Y様邸は平屋建てで土葺きの瓦屋根です。棟の瓦(屋根の頂点の水平部)が強風で飛散し、屋根面に落下したことで地瓦(屋根面の瓦)が割れて雨漏りしていました。台風後に...........

熊取町の軒先から順に瓦を葺きます

熊取町の雨漏り修理です。台風の影響で屋根の瓦がズレたり、漆喰が剥がれるなどの被害に遭いました。H様邸は長屋で、お隣の建物と繋がっている形状で、屋根の取り合い部には谷樋を設けています。その谷樋が劣化し、錆びついて穴があいている状態でした。また...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747