阪南市で平屋建ての屋根の棟板金が飛散し貫板も新しく交換しました


阪南市にお住いのO様より「台風で屋根の棟板金が飛ばされたんです」とのご相談があり、現地調査を行い棟板金復旧工事を行いました。
阪南市で棟板金などのご相談で現地調査
O様邸は平屋で化粧スレート(平型の薄い屋根材)の屋根でした。
化粧スレートの屋根は棟(屋根面同士の取り合い)に雨仕舞などの意味合いで板金を取付けており、それを「棟板金」と言います。
棟板金は下地の貫板に向かって釘留めされていますが、風や地震などの影響で少しづつ緩んでくることがあります。釘が緩むと少しの風でも飛散する可能性があるので注意が必要です。また、経年で下地の貫板に水が廻り、腐食すると釘が効かなくなり板金の飛散や貫板の飛散を誘発してしまいます。
阪南市で棟板金がすべて飛散
O様邸は平屋根の屋根で、棟板金がすべて飛散していました。
棟板金は数枚の板金をつなぎ合わせて取付けているので部分的に飛散することもありますが、O様邸は端から端まで飛散している状態でした。
阪南市の棟をブルーシートで養生されています
平屋なので屋根に上がりやすく、ご自身でブルーシートを張って応急処置されたそうです。
化粧スレートの屋根は屋根材の下にルーフィングという防水シートを敷いていますので、屋根材が破損してもすぐに雨漏りすることは少ないのですが、ルーフィングが破損していると棟から入った雨水が流れた時に破損個所から雨漏りしてしまいます。
阪南市の飛散した棟板金の一部
飛散した棟板金の一部を保管されていました。屋根材と同じ色に塗装された板金です。

飛散した板金が残っていて破損していなければ再利用できますが、今回は屋根の一部のみでしたし、既存の板金を使用すると色合わせの塗装をしないとちぐはぐになってしまいますので、新しい板金を使用するご提案をさせていただきました。
阪南市の棟に新しい貫板を取付け

後日、棟板金復旧工事を行いました。

先ほどもお伝えしましたが、下地の貫板が腐食すると板金を固定する釘が効かなくなりますので、新しい貫板を取付けました。
写真は作業中の様子で、奥にも取付けました。
阪南市の貫板をビスでしっかりと固定

貫板は屋根面に向かってビス留めしました。
上から留めていますが、この上に板金を被せるのでビス頭から雨水が入ることはありません。
板金をしっかりと留め付けても貫板がきちんと固定されていない場合は、貫板と一緒に板金が飛ばされてしまいます。
阪南市の貫板の取り合いにコーキング充填
貫板の上には板金を被せますが、雨の量が多い場合や吹き降りの時など、板金の隙間から雨水が入ることがありますので取り合いにコーキングを充填して防水しました。
また、屋根の勾配が緩い形状でも雨水が浸入しやすく、貫板の劣化を進めてしまいます。
阪南市の棟板金を横方向からビス留め
続いて、加工した棟板金を貫板に向かって横方向からビス留めします。
上から打ち付けると雨が染み込みやすいので必ず横から固定します。
阪南市の棟板金の継ぎ目にコーキング充填
秋ほどもお伝えしましたが、棟板金は数枚の板金をつなぎ合わせて施工しています。
板金の端には水返しと言って雨水が入りにくい加工をほどこしていますが(折り曲げている形状)少なからず板金同士の継ぎ目から雨水が浸入する可能性がありますので、継ぎ目にコーキングを充填して防水します。
阪南市の板金の上からも防水
板金を重なり合わせて固定した後、継ぎ目の上にもコーキングを充填して防水しました。
コーキングが目立たないように板金の色に近いものを採用させていただきました。
阪南市の棟板金のビス頭にもコーキング充填
板金を固定しているビス頭にもコーキングを充填しました。こうすることで、雨の浸入を防ぎつつ、ビスの緩みを防止できます。
既存のように釘留めすると経年で抜けてきますのでビスで固定しておくと安心です。
阪南市の棟板金復旧完了
棟板金復旧工事完了です。
今回は、板金すべてが新しくなったので色合わせの塗装は行いませんでした。
屋根の色に合わせたい場合や新旧の差が気になることがあれば塗装することも可能です。(塗装の費用が別途かかります)

街の屋根やさん岸和田店は屋根の板金の修理なども承っております。台風の被害のご相談で込み合っては下りますが順番にお伺いしていますので気になることがございましたらお気軽にご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の台風被害の現地調査

貝塚市のK様より「台風で屋根から板金が落ちてきたんです。心配なので調査してもらえますか?」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。K様邸はカバー工法の屋根で、大屋根の棟板金と、1階の出窓の上の棟板金が飛散している状態でした。

和泉市の壁際水切りを取付け

和泉市の雨漏り修理及び台風被害箇所の修復工事のご紹介です。U様邸は鉄骨造で屋根はスレート、外壁はモルタルの塗り壁です。お隣さんと外壁がつながっている形状で、お隣さんの方が建物が高いため、U様邸の屋根が外壁の取り合いになっています。U様邸は台...........

熊取町の屋根に防水シートを差し込んで木材で押さえています

熊取町のK様より、台風で屋根の板金と屋根材が剥がれて雨漏りしたんです、とのご相談があり現地調査にお伺いし、風雨災害に伴う各所修復工事を行いました。K様邸の屋根は化粧スレートで、棟の板金とケラバ付近のスレートが飛散していました。