オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

忠岡町のカーポート入替や塗装工事の現地調査を行いました


忠岡町の台風被害に遭った住宅の現地調査です。
K様邸は木造2階建てで、屋根は厚型スレート、外壁はモルタルの塗り壁です。台風の強風で屋根の棟包みがズレて、雨樋も一部破損してしまいました。また、カーポートの平板はすべて飛散し、骨組みも破損している状態です。カーポートは新しく入替え、屋根の修理では棟包みのズレを戻して、今後に備えて棟をコーキングで固定します。屋根を修理するなら、と塗り替え時期を迎えている屋根と外壁の塗装も行うことになりました。
忠岡町のカーポートの平板が飛散しています
この記事では現地調査の様子を簡単にご紹介します。
K様邸は家の前の敷地に大きなカーポートを設置されていましたが、台風の強風で平板がすべて飛ばされてしまいました。
屋根の平板が飛ばされただけなら平板のみの復旧で修理可能でしたが、カーポート本体が破損したり変形していたので新しく交換することになりました。
忠岡町のカーポートの骨組みも破損しています
カーポート本体の破損状況です。
屋根の平板を支えて固定するための骨組み(パネル受け)が破損して後ろ枠(フレーム)から外れていました。また、太い梁も前枠から外れてしまったので、ロープで固定して応急処置されていました。部材が外れただけなら部分修理も可能ですが、破損が著しく、変形も見られたので交換になりました。
忠岡町の雨樋が割れています
お住いされている住宅の雨樋も割れていました。
この部分は入隅(ふたつの壁が内側に向き合っている角部分)の継ぎ目です。継ぎ目の部材が割れて大きく穴があいていました。
雨樋が割れるとそこから雨水が漏れ、外壁のクラック(ひび割れ)から雨水が浸入して雨漏りすることがあります。また、雨水が大量に流れ落ちて大きな音をたてたり地面を削ったりするなど、建物に悪影響を与えてしまいます。樋の破損部は部分的に交換することになりました。
忠岡町の降り棟の瓦がズレています
屋根の点検も行いました。
K様邸の屋根は厚型スレートで、棟(屋根の三角になった頂点部分)の役物の棟包みが全体的にズレていました。

厚型スレートとは、セメント瓦の一種で、セメント、砂を混ぜ合わせたモルタルで作られた厚みのある瓦のことです。薄型スレートよりも厚みがあり、棟部分には同じ素材で形成された役物瓦を使用することがほとんどです。
忠岡町の下屋の棟瓦もズレています
下屋の降り棟の瓦もズレていました。
K様邸の棟は銅線で固定されていましたが、台風の強風でほとんどズレていたので、この工事でズレを戻して瓦の継ぎ目にコーキングを充填して補強することになりました。その後に屋根全体を塗装します。
忠岡町のスレートが色褪せています
「足場を建てるなら屋根と外壁の塗装もしたい」とのご希望でした。
厚型スレートはセメント質が主になっていますので、表面の塗膜が傷んでくると、雨水を吸い込んでしまいます。スレートが水を含むと劣化が加速し、割れやすくなってしまいます。そのため、防水性を高めるためにも定期的な塗り替えが必要です。
忠岡町の屋根に苔が生えています
スレートの劣化症状のひとつに「苔の発生」があります。
K様邸の屋根にも苔が生えている状態でした。
苔が育つ環境は適度な日光と水分です。スレートが水を含むようになると、このように苔が発生します。この苔は塗装前の高圧洗浄によりきれいに取り除くことができます。
忠岡町の外壁にひび割れが発生
外壁はモルタルの塗り壁です。
モルタル壁は砂とセメントと水を混ぜて作られており、水を吸い込む性質を持っています。そのため、表面に塗装をかけて防水性を持たせています。その塗膜が劣化して剥がれてくると、水を吸い込んでしまい、濡れて乾燥する過程の膨張・収縮の動きによりひび割れが生じてしまいます。また、地震の揺れの影響でも割れることがあります。
K様邸の外壁にもひび割れが多数発生していました。
忠岡町の外壁を修理した跡もありました
ひび割れのいくつかはご自身でコーキングを充填して補修されており、手が届かない場所にも発生していたので気になっていたそうです。
外壁にこのようなひび割れがあると、そこから雨水が浸入して雨漏りの原因になることがあります。また、目に見えるところに雨漏りしていなくても、壁の内側で雨漏りが進行し、建物の重要な木部を腐食させる危険性もありますので、きちんと補修してから塗装することになりました。
街の屋根やさん岸和田店は、「屋根修理と同時に塗装もしたいな」というご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。
次は工事の様子を順番にご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市のALC外壁の塗装前に目地のシーリング工事を行いました

岸和田市の改修前の外壁の目地
岸和田市の外壁の目地改修後
工事内容
防水工事
外壁塗装
使用素材
シーリング、多彩模様塗料(下塗り・中塗り・上塗り)
築年数
築26年
建坪
保証
外壁塗装5年
工事費用
シーリング工事・・約72万円 足場費用・・約39万円 外壁塗装・・約180万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市で屋根を遮熱塗料で塗装し外壁を多彩模様塗料で塗装しました

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の屋根塗装
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイント/サーモアイSi 外壁・・ダイフレックス/アーバントーン
築年数
約50年
建坪
約45坪
保証
外壁・・5年 屋根・・5年
工事費用
屋根・・37万円(税込み)外壁・・約170万円 足場代・・約29万円(税込み)
施工事例

岸和田市の外装リフォームで屋根を遮熱塗料で塗り替え外壁も塗装!

岸和田市の屋根塗装前
岸和田市の屋根塗装後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
屋根・・日本ペイントサーモアイSi 外壁・・ダイフレックス スーパーセランフレックス
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
5年
工事費用
屋根・・約65.5万円(税込み)外壁・・約114万円(税込み・付帯部塗装含む)足場・・22万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

忠岡町で割れた瓦の交換や剥がれた漆喰の詰め直し工事を行いました

岸和田市の台風被害に遭った屋根
岸和田市の割れた瓦の修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
地瓦11枚・軒先瓦3枚・漆喰・シーリング
築年数
約40年
建坪
約14坪
保証
1年
工事費用
屋根修理費用・・約15.5万円(税込み)足場費用・・約9.4万円(税込み)
施工事例

忠岡町の雨樋修理で外れた雨樋を固定しシーリングで補強!

忠岡町の外れた雨樋
忠岡町の外れた雨樋をシーリングで固定
工事内容
雨漏り修理
使用素材
シーリング
築年数
約25年
建坪
約35坪
保証
1年
工事費用
約4.9万円(税込み)
施工事例

忠岡町のひび割れた外壁のシーリングを打ち替え屋根と外壁を塗装

忠岡町の屋根を塗装します
忠岡町の屋根塗装完了
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイントサーモアイSi 外壁・・ラジカル制御形高耐候塗料
築年数
約20年
建坪
約17坪
保証
工事費用
約170万円(税込み・足場代・シーリング打ち替え費含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の外壁を塗装します

和泉市で行った外壁塗装工事のご紹介です。前回の記事でスレート屋根の塗装の様子をご紹介しました。◆◇◆ F様邸の情報 ◆◇◆◆ 築38年◆ 木造・二階建て◆ 屋根はスレート葺き・外壁はモルタル塗装仕上げ

和泉市の屋根と外壁塗装などのご相談

和泉市のお住いのF様より「雨漏りはしていないのですが、屋根の老朽化が気になっているのでメンテナンスについて相談がしたいんです」とメールでお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしました。

岸和田市Y様邸の外壁塗装

岸和田市Y様邸の外壁塗装が完了したので付帯部分の塗装を行いました。築26年が経過し、今までに外壁を一度塗り替えられていて、今回で2回目のメンテナンスになります。◆◇◆ Y様邸の情報 ◆◇◆■ 築26年■ 鉄骨造・3階建て■ スレート葺きの屋...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747