オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

泉南市の屋根の崩れた棟瓦を修理し銅線とシーリングでしっかりと固定


泉南市の瓦屋根の修理です。台風で屋根の棟瓦が崩れて落下し、ご相談をいただきました。
棟とは屋根の頂点の三角になった先のことで、屋根面同士がぶつかる部分ですので隙間ができます。そこから雨水が入らないように瓦を積み上げており、その瓦を棟瓦と言います。棟は屋根面よりも高く突き出ていますし、屋根の一番高いところにありますので、台風の強風や地震の揺れをまともに受けてしまう部分で、2年前の台風でも被害が多発しました。T様邸の棟は葺き土に加えて銅線で固定されていましたが、経年で銅線が劣化し、切れてしまったことで棟瓦がバラバラに飛散した可能性があります。この工事では崩れた棟を修復し、太い銅線を仕込んでしっかりと固定しなおします。また、今後の台風や地震に備えて瓦をシーリングで繋いで補強させていただきました。

降り棟の被害状況

泉南市の降り棟を修復します
H様邸の屋根の被害です。降り棟(軒先方向に向かって降りる棟)の瓦が台風の強風でバラバラに崩れ、下地の葺き土がむき出しになっていました。このままでは雨が降った時に葺き土がどんどん流れてしまい、雨漏りなどさらに被害が拡大する危険性があります。

台風直後はどの業者に電話しても対応してくれず、近所で屋根の修理をしていた時に「私の家の屋根も見てほしい」とお声をかけていただきました。

屋根修理の様子

泉南市の降り棟の動いている瓦を撤去して積み直します!
降り棟の修復です。

棟はただ瓦を積み上げているのではなく、雨水が棟の内側に入らず屋根面のほうに流れるように少し勾配を付けて瓦を葺いています。棟をすべて解体して葺き直すとなるとその分費用がかさんでしまうため、崩れた部分や動いている部分のみを修復する方法をとります。
降り棟の、しっかりしている部分を残して瓦を仮撤去します。
泉南市の降り棟に葺き土を載せて瓦を積みます
続いて新しい葺き土を載せて、そこに瓦を密着させて葺いていきます。

T様邸の棟はのし瓦という四角くて平らな瓦を両側の屋根面にそれぞれ積み上げ、一番上に半丸状の冠瓦を固定している形状です。
のし瓦を葺く段階で、棟に落ちてきた雨水が屋根面の方に流れるように勾配を付けます。のし瓦の勾配が狂うと、梅の内側に雨水が流れ込んで雨漏りの原因になることがありますので、慎重に作業しないといけません。
泉南市の降り棟に銅線を仕込みます
のし瓦を葺くときに棟瓦を固定するための銅線を仕込んで準備します。

この銅線は棟を包んで固定しますので、強風や地震の揺れで瓦が崩れるのを防ぐことができます。
泉南市の降り棟に冠瓦を葺きます
既存と同じように、のし瓦を2段積み上げて、一番上に冠瓦を葺きます。

冠瓦は半丸状の瓦で、棟の隙間を埋めて雨水の浸入を防止する役割があります。下地の葺き土が少ないと瓦の間に空間ができてしっかりと密着させることができないので、葺き土は多めに使用します。
泉南市の降り棟を太い銅線でしっかりと固定
冠瓦を葺いた後、仕込んでおいた銅線を棟の外側から回して頂点でしっかりと固定しました。

台風で崩れた棟を修復し、再利用できる瓦は使用して復旧させていただきました。
泉南市の水平棟も太い銅線で固定
水平棟(横方向の棟)も冠瓦が1枚飛散し、銅線が緩んだり切れている箇所がありましたので、新たに太い銅線を仕込んでしっかりと固定させていただきました。

冠瓦のブロックごとに銅線を通してしっかりと固定完了!
泉南市の水平棟を棟をシーリングで補強
この工事で、すべての棟を銅線で固定しなおしましたが、今後の台風や地震にできるだけ備えるために瓦の継ぎ目にシーリングを充填して繋いで補強させていただきました。

このように瓦同士をシーリングで繋いで補強する作業のことを「ラバーロック」と言います。瓦同士が繋がっていますので、バラバラに飛散するのを防ぐ効果があります。
泉南市の降り棟もシーリングで補強
降り棟もシーリングを充填してラバーロックさせていただきました。

ラバーロックは瓦屋根の補強で有効とされていますが、想定外の強風を受けた時に瓦がまとめてめくれる可能性がありますので、メリットとデメリットをよく考慮して工事を依頼しましょう。
泉南市のかき合いの修復
棟のかき合い部分の瓦も飛散していたので新しい瓦で復旧しました。(かき合いとは複数の棟が合流する部分のことです

鬼瓦の取り合いやかき合い部分の漆喰が劣化して剥がれていたのでこの工事ですべて詰め直しました。
漆喰は瓦同士の隙間を埋めて雨水の浸入を防止したり瓦を固定する役割があるため、剥がれてくると雨漏りしたり、瓦がズレやすくなってしまいます。足場を建てたこの機会にきちんとメンテナンスし、今後に備えました。
泉南市の屋根修理完了
屋根修理完了です。

棟瓦と屋根面との隙間を受ける面戸漆喰も剥がれてる箇所があったので、詰め直しました。
土葺きの屋根は粘り気のある土で瓦を密着させて固定していますので、経年で土が乾燥してくると強風や揺れを受けた時に瓦がズレやすくなってしまいます。葺き土を敷き直すとそのリスクは少なくなりますが、瓦をめくって葺き直すことになり、大きな費用が掛かってしまうため、シーリングでラバーロックして補強のメンテナンスをされる方が増えています。
街の屋根やさん岸和田店は、瓦屋根だけでなく、金属屋根、スレート屋根などの修理・葺き替えのご相談を承っておりますので、気になることがございましたらお気軽にお問合せください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理で銅板晒し葺きの屋根の棟を修理しました

岸和田市の修理前の銅板屋根
岸和田市の修理後の銅板屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング
築年数
築35年
建坪
約50坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・19.8万円 屋根修理費用・・24.8万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市で強風で屋根のケラバ水切りが剥がれたので交換しました

岸和田市のケラバ水切りが貫板と一緒に飛散
岸和田市のケラバ水切りを復旧
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板製ケラバ水切り・下地
築年数
約23年
建坪
約23坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・14.8万円 屋根修理費用・・9.9万円(ともに税込み)
施工事例

泉大津市の強風で剥がれた棟板金とスレートの復旧工事

泉大津市のスレート屋根の修理前
泉大津市のスレート屋根の修理完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
化粧スレート・杉貫板・ガルバリウム鋼板製棟板金
築年数
約23年
建坪
約20坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・約13万円 屋根修理費用・・約23万円(共に税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉南市のトイレの壁にカビが発生!雨漏り修理を行いました!

泉南市のトイレの壁に雨漏りでカビが発生
泉南市の雨漏り修理後内装も改修
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プラスターボード・クロス
築年数
約23年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
約8.9万円(税込み)
施工事例

泉南市の黒い釉薬瓦の降り棟が台風で崩れ修復と補強をしました!

泉南市の台風で飛散した降り棟の瓦
泉南市の降り棟の修復完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰・シーリング他
築年数
約25年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約17.2万円 屋根修理費用・・約31万円 波板張替え・・8.5万円(すべて税込み)
施工事例

泉南市の台風被害の屋根修理で足場を建てて棟を修復しました

泉南市の台風で崩れた降り棟
泉南市の降り棟修復状況
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
台風
使用素材
オレンジ釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰他
築年数
約43年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約41万円(税込み・足場代含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町の土居のしの取り合いの漆喰の剥がれ

熊取町で壁際の漆喰詰め直し工事を行いました。漆喰は、瓦同士の隙間を埋めて防水し、瓦と瓦をくっつけたり、瓦を固定する役割があります。2階の窓から外を見た時に、下の屋根に剥がれた漆喰が落ちていたので、心配になってご相談をいただいたことがきっかけ...........

泉大津市の瓦を復旧して全体的に固定しないといけません

泉大津市の皆様こんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。最近、地震が頻繁に発生しているのでとても心配ですね・・・。台風はある程度予測がつくので事前に備えることができますが、地震は突発的に起こるので本当に恐ろしいです。「台風」や「地震」「...........

熊取町の屋根の漆喰の剥がれ

熊取町にお住いのY様より「漆喰の剥がれ」「漆喰の汚れ」のご相談があり、漆喰の詰め直し工事を行いました。屋根の漆喰(しっくい)は、葺き土の流出や雨水の浸入を防止したり、瓦を固定する重要な役割があります。しかし漆喰は、永久的ではなく、残念ながら...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747