オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

貝塚市のベランダの水の排水の流れが悪かったドレン配管の調整です


貝塚市の詰まってはいませんが流れが悪い状態です
貝塚市のベランダのドレン配管(排水管)の調整をご紹介します。
K様邸のベランダは、裏側の板から雨漏りしていて、それが初めのご相談でした。
雨漏りの現地調査を行うと、ベランダのFRP防水の劣化に加えて、水の排水の流れが悪いことが分かりました。
また、水を排水するドレン付近の床を踏むと、床が動いて頼りなくなっており、水が廻っている可能性がありました。
貝塚市のベランダのドレン配管の勾配を変えます
ドレン配管の水の排水の流れが悪いと、水が滞在しやすくなりその部分だけ傷みが進んでしまい、雨漏りに発展する可能性があります。
今回の雨漏り修理でFRP防水を施工するのですが、水の流れが悪いままだとせっかく防水を施してもまた同じような症状が出てきてしまいますので、水がスムーズに流れるように配管の勾配を調整することになりました。

ドレン排管の先にある集水器(雨水を集めて排水する部材)を外して排管の調整を行います。
貝塚市の配管を掃除
集水器を外すと、ドレン配管が出てきました。
この排管の勾配が悪いと水が樋にスムーズに流れません。

水を流した時に詰まってはいませんでしたが、排管の中をきれいに掃除しました。
貝塚市で使用するくさび
排管を少し下向きに調整するため、排管周りに施工しているコーキングを撤去し、隙間を開けてから排管の上部の隙間に楔(くさび)を打ち込みます。
楔は木や金属を加工してつくりますが、今回は木を使用しました。
貝塚市のドレン配管の隙間の奥までくさびを打ち込みます

楔とは、木や金属で、一端を厚くし、反対側に向かってだんだんと薄くなるように作った部材で、隙間に打ち込むための形状になっています。物を割ったり、逆に物と物が離れないように圧迫して固定する役割があります。

楔を排管の上の隙間に打ち込むと、排管が押されて下向きに調整でき、なおかつ固定できます。
貝塚市のベランダのドレン配管

排管の調整後、周りにコーキングを充填してしっかりと防水しました。
排管周りに隙間が開いたままだと、壁を伝ってきた雨水がそこから内部に浸入してしまいますので、調整前と同じようにコーキングで防水しました。
貝塚市のベランダの集水器を復旧します!
排管周りを防水した後、集水器を復旧しました。
これで、ベランダに落ちた雨水がドレン付近で溜まることなくスムーズに流れます。
貝塚市のベランダにFRP防水を施します
ベランダの床の劣化部分の確認及び補修、ドレン排管の調整をきちんと行ったので、これで防水工事ができます。
防水工事を施すと、見た目がきれいになりますのでそれだけで安心されるかと思いますが、まずは雨漏りした原因をつきとめ、また同じような症状が出ないように補修しないと、もともこもありません。
街の屋根やさん岸和田店は、まずは現地調査を行い、必要な修理のご提案を分かりやすくお伝えしておりますので、お気軽にご相談くださいね。

次はベランダのFRP防水の様子をご紹介します。


この工事の現場ブログ

貝塚市のベランダの下端から雨漏りしています

2018/07/21/ 貝塚市の雨漏りしているベランダの修理でFRP防水を施しました

貝塚市のK様よりベランダの下から雨漏りしているとのご相談があり、ベランダ防水工事を行うことになりました。風向きや雨の量に関係なく、ベランダに水が入ると下端の板から雨水がポタポタと落ちてくるそうです。ベランダの床の劣化部(床がフワフワしていた...........

貝塚市のFRP防水でベランダの雨漏りを解消したお客さまの声

2018/07/18/ 貝塚市でベランダの下からポタポタと雨漏り/FRP防水が劣化していました

貝塚市のK様より「ベランダの下から雨水がポタポタと落ちてくるんです」とご相談があり、現地調査にお伺いしました。お話をお聞きすると、雨の量や風向きに関係なく、普通の雨でも雨漏りするそうです。また、ベランダに水を撒いただけでも漏れてくるとのこと...........

貝塚市のベランダの床を踏むとフワフワします

2018/07/19/ 貝塚市の雨漏りしているベランダの床劣化部の確認・補修状況です!

貝塚市でベランダの裏面から雨水がポタポタと落ちるとのご相談で、現地調査後、防水工事を行うことになりました。K様邸のベランダは外部に出ている形状で、裏面の板から雨漏りしていました。ベランダは外部に面しているので、必ず何かしらの防水を施しており...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の銅製の谷樋の穴あき修理で銅板をカットして塞ぎました

2f69fdc31e6ed2eb9d599e14248cb7a8-1
岸和田市の谷樋補修及び補強完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング材
築年数
約45年
建坪
約43坪
保証
2年
工事費用
約6万円(税込み)
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)
施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

貝塚市の軒天井のケイ酸カルシウム板を張替え塗装した各所修理工事

貝塚市の軒天井破損
貝塚市の修理した軒天井と破風板
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨樋交換
その他塗装
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板、塗料、塩ビ雨樋、ガルバリウム鋼板、化粧合板など
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約180万円(税込み・足場代含む)
施工事例

貝塚市の雨漏りしていたベランダにFRP防水を施工しドレンも調整

貝塚市のベランダの下端から雨漏りしています
貝塚市のベランダのFRP防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
FRP防水材
築年数
約15年
建坪
約20坪
保証
3年
工事費用
約21.5万円(税込み)床補強・ドレン調整費用含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町の軒先から順に瓦を葺きます

熊取町の雨漏り修理です。台風の影響で屋根の瓦がズレたり、漆喰が剥がれるなどの被害に遭いました。H様邸は長屋で、お隣の建物と繋がっている形状で、屋根の取り合い部には谷樋を設けています。その谷樋が劣化し、錆びついて穴があいている状態でした。また...........

熊取町で足場を設置

熊取町の台風被害に遭った屋根の修理です。H様邸は長屋で、両隣の住宅と壁を共有しています。屋根の取り合いには谷樋を設けて雨仕舞いしている形状でした。台風で瓦がズレたり漆喰が剥がれ、谷樋の下に位置する和室で雨漏りが発生しました。谷樋が経年で劣化...........

熊取町の2階の押入れの天井で雨漏り発生

熊取町の雨漏りの現地調査です。台風で2階にある和室の押入れの天井と、その隣にある和室の天井から雨漏りが発生しました。その後も雨漏りしている状態で、天井にビニールを貼って応急処置されていました。H様邸は長屋で両隣の住宅がくっついた形状です。玄...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747