オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

貝塚市の雨漏りしているベランダの床劣化部の確認・補修状況です!


貝塚市のベランダの床を踏むとフワフワします
貝塚市でベランダの裏面から雨水がポタポタと落ちるとのご相談で、現地調査後、防水工事を行うことになりました。
K様邸のベランダは外部に出ている形状で、裏面の板から雨漏りしていました。
ベランダは外部に面しているので、必ず何かしらの防水を施しており、K様邸はFRP防水という繊維強化プラスチックを使用した防水工法のベランダでした。

現地調査でベランダのドレン(排水口)付近の床を踏むとフワフワと頼りなくなっていることを確認しており、床下に水が廻っている可能性がありますので、先に劣化部の確認及び補修を行うことになりました。
貝塚市の傷んでいるベランダの床をカットします!
ベランダのドレン付近の床の劣化部分に印を入れて、そこをカットして下地を確認します。
(下地を確認する・しないに関わらず、床が頼りないままでは防水工事を行えないのでしっかりと補強する必要があります)
貝塚市のベランダのFRP防水をめくります
印を入れた部分に電動カッターで切り込みを入れて、FRP防水層をめくって撤去します。今めくっているのはFRP防水の表面で、残っている裏地もすべて撤去します。
FRP防水は、ガラス繊維とプラスチック系の防水塗料を混ぜたものを塗布して防水層を形成しているので、このように膜状になっています。
貝塚市のベランダのケイ酸カルシウム板を割って撤去
こちらのベランダは防水層の下にケイ酸カルシウム板(吸水性が少ない耐火ボード)を張っていたので、割って撤去しています。
※新築当時の施工方法などでベランダの下地は異なります。
貝塚市のベランダのドレン付近の下地に水が廻った形跡があります
ケイ酸カルシウム板を撤去すると、床下地の合板が見えてきました。すると、ドレン配管付近の床が変色して水が廻った形跡がありました。
床下地が水を含んだことで床が柔らかい状態になっていたようです。
続いてこの下地も撤去します。
貝塚市のベランダの勾配根太
下地を撤去すると、その下も濡れていました。

ケイ酸カルシウム板を含めて、その下にある床下地は雨水を側溝へ送るためにもともと勾配が付けられています。
その勾配が付いた下地を撤去すると、勾配をつけるために設置した勾配根太(床下地を支える角材)があり、さらにその下に、水平に設置したベランダ本体の強い下地があります。
ですので、今回のよう、床の表面をカットしても強度的に問題はありません。

貝塚市のベランダの腐食していた勾配根太を撤去
ベランダ本体の床下地も少し濡れていましたが、強度のある構造用合板なので問題ありません。ですが、先ほどご紹介した床に勾配を付けるために設置している勾配根太が濡れて腐食していたので撤去して入れ替えます。
貝塚市のベランダの腐食していた勾配根太を撤去
床下地の構造用合板の濡れ具合からして、構造部に影響はないと思いますが、K様が心配されているので、床を少しカットして状態を確認することになりました。
貝塚市のベランダの内部状況・水に濡れた跡はありますが腐食していません

床下地の構造用合板を少しカットして中を確認すると、やはり濡れた跡はありましたが腐食はしておらず、補強などは必要ありませんでした。
この部分もしっかりと写真に撮影し、K様にご報告させていただきました。
貝塚市のベランダの下端の板も大丈夫でした

ベランダの裏側部分である下端の板(ケイ酸カルシウム板)も変色はしていますが傷んでおらず再利用できる状態でした。
貝塚市のベランダの床に合板を張って復旧
カットした開口部に補強下地の角材を設置して、その上に合板を張って床を復旧しました。
その上に、新しい勾配根太を設置しました。
貝塚市のベランダの床復旧完了
今回はケイ酸カルシウム板は使用せず、合板を張ってベランダの床を復旧しました。
この後、既存の床との取り合いにコーキングを充填して防水してから、FRP防水を施します。
街の屋根やさん岸和田店は、ただ防水するだけでなく、劣化状況をきちんと確認し適切な処置を行います。
目に見える部分、見た目がきれいになっても、その下にある建物自体が傷んだままでは意味がありません。
そういった意味でも、事前の現地調査は必須で、小さな修理工事でも必ず現地を確認させていただいております。
「工事をするか分からないので、見てもらうのは悪い・・・」と心配されている方も、まずはお気軽にご相談くださいね。


この工事の現場ブログ

貝塚市のベランダの床を踏むとフワフワします

2018/07/19/ 貝塚市の雨漏りしているベランダの床劣化部の確認・補修状況です!

貝塚市でベランダの裏面から雨水がポタポタと落ちるとのご相談で、現地調査後、防水工事を行うことになりました。K様邸のベランダは外部に出ている形状で、裏面の板から雨漏りしていました。ベランダは外部に面しているので、必ず何かしらの防水を施しており...........

貝塚市のFRP防水でベランダの雨漏りを解消したお客さまの声

2018/07/18/ 貝塚市でベランダの下からポタポタと雨漏り/FRP防水が劣化していました

貝塚市のK様より「ベランダの下から雨水がポタポタと落ちてくるんです」とご相談があり、現地調査にお伺いしました。お話をお聞きすると、雨の量や風向きに関係なく、普通の雨でも雨漏りするそうです。また、ベランダに水を撒いただけでも漏れてくるとのこと...........

貝塚市の詰まってはいませんが流れが悪い状態です

2018/07/20/ 貝塚市のベランダの水の排水の流れが悪かったドレン配管の調整です

貝塚市のベランダのドレン配管(排水管)の調整をご紹介します。K様邸のベランダは、裏側の板から雨漏りしていて、それが初めのご相談でした。雨漏りの現地調査を行うと、ベランダのFRP防水の劣化に加えて、水の排水の流れが悪いことが分かりました。また...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の銅製の谷樋の穴あき修理で銅板をカットして塞ぎました

2f69fdc31e6ed2eb9d599e14248cb7a8-1
岸和田市の谷樋補修及び補強完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング材
築年数
約45年
建坪
約43坪
保証
2年
工事費用
約6万円(税込み)
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)
施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

貝塚市の軒天井のケイ酸カルシウム板を張替え塗装した各所修理工事

貝塚市の軒天井破損
貝塚市の修理した軒天井と破風板
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨樋交換
その他塗装
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板、塗料、塩ビ雨樋、ガルバリウム鋼板、化粧合板など
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約180万円(税込み・足場代含む)
施工事例

貝塚市の雨漏りしていたベランダにFRP防水を施工しドレンも調整

貝塚市のベランダの下端から雨漏りしています
貝塚市のベランダのFRP防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
FRP防水材
築年数
約15年
建坪
約20坪
保証
3年
工事費用
約21.5万円(税込み)床補強・ドレン調整費用含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町の軒先から順に瓦を葺きます

熊取町の雨漏り修理です。台風の影響で屋根の瓦がズレたり、漆喰が剥がれるなどの被害に遭いました。H様邸は長屋で、お隣の建物と繋がっている形状で、屋根の取り合い部には谷樋を設けています。その谷樋が劣化し、錆びついて穴があいている状態でした。また...........

熊取町で足場を設置

熊取町の台風被害に遭った屋根の修理です。H様邸は長屋で、両隣の住宅と壁を共有しています。屋根の取り合いには谷樋を設けて雨仕舞いしている形状でした。台風で瓦がズレたり漆喰が剥がれ、谷樋の下に位置する和室で雨漏りが発生しました。谷樋が経年で劣化...........

熊取町の2階の押入れの天井で雨漏り発生

熊取町の雨漏りの現地調査です。台風で2階にある和室の押入れの天井と、その隣にある和室の天井から雨漏りが発生しました。その後も雨漏りしている状態で、天井にビニールを貼って応急処置されていました。H様邸は長屋で両隣の住宅がくっついた形状です。玄...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747