オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岸和田市のベランダのFRP防水が劣化し下のお部屋で雨漏りが発生


岸和田市のS様より「ベランダの下の部屋で雨漏りしてるんです」とのご相談があり、現地調査にお伺いしました。S様邸は玄関側にベランダが2カ所あり、玄関とその隣の和室の天井に雨漏りが発生していました。
岸和田市のベランダの下のお部屋で雨漏り発生
雨漏りと聞くと、屋根に原因があると思いがちですが、実は雨水は様々な箇所から浸入します。特に1階部分の雨漏りで、上にお部屋があり、そのお部屋に雨漏りしていない時は、屋根以外に問題があることがほとんどです。
今回は雨漏りしているお部屋の上にベランダがありますので、ベランダに原因がある可能性があります。
岸和田市の1階の和室が雨漏りでクロスがめくれてきています
まずは、雨漏りしている和室を確認させていただきました。
雨漏り箇所を確認することで、おおよその検討を付けてから原因を探ります。

去年の台風から雨漏りしていますので、クロスが濡れて剥がれてきていました。
岸和田市の和室の押入れの中もクロスが剥がれています
同じ和室の押入れの中の天井のクロスも剥がれてきており、カビも少し発生していました。
雨漏りが長い間続くと、建物の重要な構造の部分を腐食させたり、カビの発生で人体に悪影響を及ぼす危険性がありますので、必ず修理しましょう。
岸和田市の和室の押入れの下まで雨漏りしたようです
押入れの天井から浸入した雨漏りは、壁を伝い床まで達していました。
壁を伝う雨水は受けることができないので、タオルや新聞紙を敷いて対応されています。タオルが濡れると交換して、を繰り返さないといけないので、心配ばかりが募ります。
岸和田市の玄関の天井も雨漏りしたそうです
和室の横にある玄関の天井にも雨漏りしていました。
写真では雨染みが分かりにくいですが、うっすらと跡が残っていました。クロスの継ぎ目も浮いてきています。
岸和田市のベランダの床面が割れています
雨漏りしているお部屋の上にあるベランダを確認しました。
ベランダは外部に面していますので、雨水が内部に入らないようになにかしらの防水が施されています。S様邸はFRP防水の仕様でした。FRPとは繊維強化プラスチックを略称した呼び名で、繊維強化プラスチックとはガラス繊維を強化して作ったプラスチックのことです。FRP防水は、FRP樹脂とガラス繊維を組み合わせた防水工法です。
FRP防水を施して、表面にトップコートを塗って保護するのですが、そのトップコートが劣化して割れてきていました。
岸和田市のベランダの立ち上がり部も割れています
ベランダの立ち上がり部も床面と同様にひび割れがいくつも発生していました。

表面のトップコートが割れると、そこから雨水が浸入します。トップコートの下にはFRPの防水層があるのでそれだけでは雨漏りしませんが、その防水層が傷んでいるとたちまち下の部屋で雨漏りしてしまいます。
岸和田市の壁際水切りの上部もひび割れています
雨水は外部の劣化しているあらゆる箇所から浸入します。
ベランダの立ち上がりの上にある壁際水切りの上部に施している防水のシーリングも傷んで割れていました。

壁際水切りとは外壁を伝ってきた雨水が内部に浸入するのを防ぐ金物ですので、その部分が傷むと雨水が入る可能性があります。
岸和田市の掃き出し窓の下端も念入りに調査します
同じくサッシ回りからも浸入する可能性がありますので確認しました。
サッシ回りには雨水が浸入するのを防ぐためにシーリングを充填しているのですが、そのシーリングの劣化が進むと雨水が浸入することがあります。
岸和田市の隣のベランダも同じような劣化症状が出ていました
隣のベランダの下の部屋には雨漏りしていませんが、同じような劣化症状が出ていましたので、防水工事を行うご提案をさせていただきました。
今回の雨漏り修理では、ベランダにFRP防水を施し、壁際水切りやサッシ回りのシーリングも打ち替えることになりました。

ベランダは外気の影響を受けやすいため、その分劣化もしやすいと言えます。定期的にメンテナンスを行い、雨から住まいを守りましょう。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

貝塚市の雨漏り修理で棟瓦の積み直し工事を行いました!

貝塚市の棟瓦積み直し前
貝塚市の棟瓦積み直し後
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
シルガード・葺き土・銅線・シーリング
築年数
約29年
建坪
約23坪
保証
2年
工事費用
約63万円(税込み)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理で銅板晒し葺きの屋根の棟を修理しました

岸和田市の修理前の銅板屋根
岸和田市の修理後の銅板屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング
築年数
築35年
建坪
約50坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・19.8万円 屋根修理費用・・24.8万円(すべて税込み)
施工事例

貝塚市の雨漏りの原因はテラスの倒壊!アルミ製のテラスで復旧です!

貝塚市のベランダ現況
貝塚市のベランダにテラス屋根設置
工事内容
雨漏り修理
その他の工事
台風
使用素材
三協アルミ・レボリューA
築年数
約38年
建坪
約16坪
保証
2年
工事費用
約35万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理で銅板晒し葺きの屋根の棟を修理しました

岸和田市の修理前の銅板屋根
岸和田市の修理後の銅板屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング
築年数
築35年
建坪
約50坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・19.8万円 屋根修理費用・・24.8万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市で強風で屋根のケラバ水切りが剥がれたので交換しました

岸和田市のケラバ水切りが貫板と一緒に飛散
岸和田市のケラバ水切りを復旧
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板製ケラバ水切り・下地
築年数
約23年
建坪
約23坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・14.8万円 屋根修理費用・・9.9万円(ともに税込み)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理でベランダに補強のメッシュを敷いて防水!

岸和田市のベランダ防水前
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材・カチオンクリート・トップコート・プライマー・コーキング
築年数
約26年
建坪
約23坪
保証
2年
工事費用
約31万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉大津市の瓦を復旧して全体的に固定しないといけません

泉大津市の皆様こんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。最近、地震が頻繁に発生しているのでとても心配ですね・・・。台風はある程度予測がつくので事前に備えることができますが、地震は突発的に起こるので本当に恐ろしいです。「台風」や「地震」「...........

雨水は屋根から入るだけではありません

阪南市のベランダ防水工事の様子をご紹介します。I様邸は台風の時にベランダの下のお部屋で雨漏りしました。「雨漏りしたので自分でひび割れにシーリングを打ってブルーシートをかけたら止まったんです」とのことで様子を見られていたそうですが、被害を受け...........

貝塚市の1階のリビングの窓から雨漏り発生

貝塚市のY様より「台風の後の長雨から1階のリビングの窓から雨漏りするんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。Y様邸は木造・2階建ての住宅で、外壁はジョリパッドというアクリル系の壁の仕上げ材を塗装しています。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747