熊取町のベランダ防水で弱点箇所及びひび割れの補修と下地調整


熊取町のベランダ防水で今回は下地調整までをご紹介します。「台風でベランダの波板がすべて剥がれてしまい、ベランダの下のお部屋で雨漏りしてるんです」とのご相談があり、現地調査をするとベランダの防水が劣化しており、雨漏りの原因の可能性が高いことから、防水を施すことになりました。
熊取町のベランダの床が割れています
ベランダの劣化状況です。

N様邸のベランダは防水層の上に保護モルタルを敷いている形状でしたが、あちこちでひび割れが発生し、全体的に傷んでしました。
(詳しい現地調査の様子は下のリンクよりご覧になってください)
熊取町のベランダの目地も割れています
N様邸のベランダは面積が広いので、目地を設けています。
この目地はひび割れが発生することを踏まえてあらかじめ設けている目地ですので、割れるのは想定内のことなのですが、割れたままだと雨漏りの原因になってしまいます。
熊取町のベランダを防水します
表面の保護モルタルは下にある防水層を守っていますので、ひび割れが発生すると、防水層の劣化を進めてしまい、雨漏りしてしまいます。
今回は既存の防水の上に施工できるウレタン樹脂塗膜防水を採用しました。
熊取町のベランダをケレン・清掃します
まずは、ベランダに溜まった汚れや苔などをそぎ落とす作業、ケレン・清掃します。
防水を施す面が汚れていると、せっかく施した防水がしっかりと密着せず長持ちしません。ですので、ケレン・清掃の工程は重要です。
熊取町の集水器が詰まっています
ベランダに落ちてきた雨水を集めて下に排出するための集水器に枯れ葉や土などが蓄積されて詰まっていました。
雨の量が多い日は雨水が溢れているかもしれません。
熊取町の樋のつまりを解消
下からはしごをかけて、集水器に溜まった蓄積物を手作業で取り除きました。
熊取町のベランダの立ち上がり壁の取り合いにプライマーを塗布

ベランダをきれいに清掃してから、ひび割れなどの劣化部を補修及び防水します。
ベランダの床面と立ち上がりの壁の取り合いは劣化しやすいですし、弱点になりやすい箇所です。少しひび割れている箇所もありましたので、シーリングというゴム状の防水材を充填して防水します。
先に、シーリングをしっかりと密着させるためのプライマーという透明の塗料を塗布しました。


熊取町のベランダの立ち上がり壁のひび割れにシーリング充填

ベランダの手すり壁と床との取り合いにもひび割れが発生していたので、シーリングを充填して防水します。
プライマーを塗布してシーリングを充填している様子です。

壁の青いラインは防水を施すラインで、マスキングテープを貼って位置を決めました。
今回採用したウレタン防水は、液体状ですので、壁の立ち上がり部分と床面に継ぎ目なく防水層を形成することができます。

熊取町のベランダの床のひび割れも防水
続いて、床面に発生したひび割れも補修及び防水します。

プライマーを塗布し、シーリングを充填、最後にヘラで押さえて奥まで押し込みながら表面を平らに整えました。
熊取町のベランダの目地にもシーリングを充填します
床面の目地にも同じようにプライマー、シーリング、ヘラ押えしました。

床面にひび割れがある状態で上に防水層を形成した場合、防水層が劣化すると下にあるひび割れから雨漏りしてしまいますので先にひび割れを補修・防水することが大切です。
熊取町のベランダにカチオンクリートをしごき塗りします
防水面の劣化部を補修・防水した後、下地を調整するために立ち上がり部も含めてカチオンクリートをしごき塗りします。

熊取町のベランダの下地調整完了
カチオンクリートはあらゆる下地及び防水材に対して密着性に優れています。そのため、薄塗でも新しい健全な下地を作ることができます。
ウレタン防水は、既存の防水の上に施工可能ですが、ただウレタン防水材を塗布すればいいという訳ではありません。
弱点になりやすい箇所や劣化部分を補修したり、下地を整える作業をきちんと行うことで、防水が長持ちするのです。
街の屋根やさん岸和田店は、防水専門の職人による作業となりますのでご安心ください。

次は防水層の形成の様子をご紹介します。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)
施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装
岸和田市春木本町のひび補修と外壁塗装
工事内容
漆喰詰め直し
雨漏り修理
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
当社推奨セラミックシリコン
築年数
30年
建坪
35坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約130万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の壁際水切りを取付け

和泉市の雨漏り修理及び台風被害箇所の修復工事のご紹介です。U様邸は鉄骨造で屋根はスレート、外壁はモルタルの塗り壁です。お隣さんと外壁がつながっている形状で、お隣さんの方が建物が高いため、U様邸の屋根が外壁の取り合いになっています。U様邸は台...........

和泉市の天井のクロスが剥がれています

和泉市にお住いのU様より「台風で雨漏りしてるので見に来てもらえますか?」とご相談があり現地調査にお伺いしました。U様邸は鉄骨造で、屋根はスレート、外壁はモルタルの塗り壁です。

岸和田市の台風被害の調査

岸和田市にお住いのW様より「台風で瓦が飛んで家の中で雨漏りしてるんですが、どこの業者さんも忙しくて応急処置もできてない状態なんです。とりあえずシートだけでもお願いできませんか?」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。