オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

熊取町の雨漏り調査でベランダや手すりの笠木などをを確認!


熊取町の雨漏りの現地調査です。F様邸は木造の3階建てで、2階の和室の天井から雨水が入ってきた、とのことです。以前にも同じ箇所で雨漏りしたことがあり、真上にあるベランダに原因があると思われてご主人様が床に塗料を塗って処置したら止まったそうです。その後、また雨漏りしたので今度はベランダの壁にカチオン系の塗料を塗ってみたところ、雨漏りがひどくなったので、街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。ベランダの壁の向こうには小さな収納があり、底の天井にも雨染みが残っている状態です。
熊取町の雨漏りのご相談
写真の黄色い矢印部分が雨漏りしている和室です。その上にはベランダがあり、床に塗料を塗ると雨漏りは止まったそうですが、また再発してしまいました。雨水は、風向きや雨の量で入る時と入らない時があります。塗料を塗って雨漏りが止まったと思われても、原因が解消されていないことがありますので、雨漏りを何度も繰り返すようでしたら業者に相談しましょう。
熊取町の壁の取り合いから雨水が浸入
まずは雨漏りしているお部屋の中を確認させていただきました。
雨漏りの調査の時はまずはお部屋の中に入らせていただき、雨漏り箇所を確認します。建物のどの位置で、どれくらいの量の雨水が入っているか確認してから原因を探ることが必要不可欠です。
熊取町のクロスに雨染みが残っています
和室の天井から浸入した雨水は壁を伝って流れてきたそうで、壁にも雨染みが残っていました。
このように雨漏りの跡を確認すると、入っている雨の量がおおよそ判断できます。
熊取町のバルコニー現況!
雨漏りしている和室の上にあるベランダを確認させていただきました。
以前雨漏りした時に床に青色の遮熱塗料のようなものを塗り、処置されていました。その後、雨漏りが再発したので、壁が怪しいと判断されて、壁にカチオン系の塗料を塗りましたが、ひどくなったそうです。雨水が部屋内に入ってくるので、床にブルーシートを敷いていました。
熊取町のバルコニーの壁
ベランダの壁の下あたりで雨水が入っている状態です。
雨漏りしているのは2階のお部屋の天井で、雨水が入るとしたら真上にあるこのベランダか、その周囲の壁と屋根です。
ベランダの壁の向こうには小さな収納があり、そちらも確認させていただきました。
熊取町の収納にも雨水が入っています
ベランダの横にある収納です。向かって左側がベランダの壁になります。
F様は気づかれていませんでしたが、ここにも雨染みが残っていました。
雨水が入っているのはベランダの壁際で、屋根の取り合い部になります。
熊取町の笠木と板金の形状
外部から確認すると、屋根の水切り板金とベランダの笠木があり、形状が複雑になっていました。
水切り板金とは、雨水が内部に浸入するのを防ぐ板金のことで、笠木とは手すりや塀などの天端の仕上げのことです。
屋根材に破損などはなく、雨水が入るとしたら水切り板金と笠木の取り合い部です。ここは、雨水を受ける形状になっていますので、しっかりと防水しないと雨水が入りやすくなってしまいます。
熊取町の笠木から雨水が入る可能性があります
ベランダの笠木は釘留めされています。その釘頭から雨水が浸入して雨漏りすることがよくあります。また、笠木の継ぎ目や、水切り板金との取り合い部からも雨水が入る可能性があります。
工事の際は、釘頭や継ぎ目など、雨水が浸入している可能性がある部分にシーリングを充填してきちんと防水させていただきます。
熊取町のアンテナを固定しているビスが緩んで雨水が入りやすい状態です
ベランダの手すり壁のコーナー部分にはテレビのアンテナを固定されていました。
アンテナの支柱を金具でビス留めしているのですが、ビスが緩んで隙間があいていました。
以前、別の住宅で、外壁に取り付けていた給湯器のビス頭から雨水が浸入し、下のお部屋で雨漏りしていたことがありますので、このビスも締め直し、ビス頭にシーリングを充填してしっかりと防水します。
熊取町のドレンは詰まっていません
ベランダ全体も確認しました。
ベランダのドレン(排水溝)が詰まったり、劣化して雨漏りすることも多いのですが、F様邸のドレンは詰まりなどなく、割れている箇所もありませんでした。
熊取町の塗膜を剥がして防水します
調査後、雨漏り修理のご提案をさせていただき、工事を行うことになりました。雨漏りの原因の可能性がある箇所をひとつひとつ潰していきます。
ベランダは、ご主人様が塗って処置されていた塗膜を剥がしてから防水します。
熊取町の壁の塗膜を剥がして壁を復旧
ベランダの外壁で、ご主人様が塗られた塗料も雨水を吸い込む可能性があるため、一度剥がしてから新たに下地を復旧し、水性で弾性のあるシリコンテックスという塗料を塗って復旧させていただきます。シリコンテックスは塗膜に厚みが付きますので、細いひび割れなどにも対応できます。他、水切り板金と笠木の取り合いや、アンテナを固定しているビス頭など、怪しい箇所はシーリングを充填して処置させていただくことになりました。

次はベランダ防水の下地調整の様子をご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉南市のトイレの壁にカビが発生!雨漏り修理を行いました!

泉南市のトイレの壁に雨漏りでカビが発生
泉南市の雨漏り修理後内装も改修
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プラスターボード・クロス
築年数
約23年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
約8.9万円(税込み)
施工事例

忠岡町の雨樋修理で外れた雨樋を固定しシーリングで補強!

忠岡町の外れた雨樋
忠岡町の外れた雨樋をシーリングで固定
工事内容
雨漏り修理
使用素材
シーリング
築年数
約25年
建坪
約35坪
保証
1年
工事費用
約4.9万円(税込み)
施工事例

泉大津市で雨漏りが発生!瓦のズレを補修しラバーロックしました

泉大津市の屋根修理前
泉大津市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
瓦補強用ビス・シーリング
築年数
約50年
建坪
約10坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約19.5万円(税込み)瓦ズレ修復及び固定工・・約27万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)
施工事例

熊取町の台風で剥がれたカラーベストを差替えひび割れも補修

熊取町の剥がれたカラーベスト屋根
熊取町の剥がれたカラーベストの貼り替え
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
カラーベスト・シーリング
築年数
約18年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約23.5万円(税込み・足場代・ひび割れ補修費用含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨水は屋根から入るだけではありません

阪南市のベランダ防水工事の様子をご紹介します。I様邸は台風の時にベランダの下のお部屋で雨漏りしました。「雨漏りしたので自分でひび割れにシーリングを打ってブルーシートをかけたら止まったんです」とのことで様子を見られていたそうですが、被害を受け...........

貝塚市の1階のリビングの窓から雨漏り発生

貝塚市のY様より「台風の後の長雨から1階のリビングの窓から雨漏りするんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。Y様邸は木造・2階建ての住宅で、外壁はジョリパッドというアクリル系の壁の仕上げ材を塗装しています。

忠岡町の台風被害のご相談

忠岡町の台風被害に遭った住宅の現地調査にお伺いしました。M様より「2年前の台風で屋根の瓦が飛ばされてカーポートの本体も壊れてるんです。火災保険の申請ができると聞いたので修理のお見積書をいただけますか?保険が下りたら修理もお願いしたいんです」...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747