オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

阪南市の玄関天井で雨漏りが再発し雨漏り調査にお伺いしました!


阪南市の雨漏り調査にお伺いしました。

「3カ月ほど前に玄関の天井で雨漏りして、知り合いの業者に依頼して修理してもらい
その後止まってたんですが、また同じところから雨漏りしてるんです」
というご相談をいただきました。
阪南市の玄関屋根の下で雨漏りしています
K様邸は木造・2階建てです

屋根はいぶし瓦で土葺きになります

☆ ご相談内容 ☆
玄関屋根の天井で雨漏りが発生
3か月ほど前に玄関の天井で雨漏りが発生し、お知り合いの業者に依頼して修理して、その後止まっていたそうですが、また同じところから雨漏りしてきたとのことです。「何度も来てもらうのは気が引けるので・・」と、街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。
阪南市で雨漏りが発生し以前棟を積み直したそうです

以前修理された箇所は、雨漏りしている玄関天井の上にある屋根の棟で、棟瓦を一部積み直していました。

棟とは屋根の頂点の水平部分のことです。

屋根面と屋根面との取り合いにあたり、隙間が生じる箇所できちんと雨仕舞(あまじまい・雨水が内部に浸入しないようにすること)しないと雨漏りの原因になることがあります。
阪南市の玄関の天井に雨染みが残っています
雨漏りしている玄関の天井の状況です。

以前、同じ箇所で雨漏りが発生し、修理後に止まっていたそうですが、大雨の時にまた同じ箇所から雨水が入ってきてお困りでした。

玄関の美しい天井板に雨染みが残っています。

木部に雨染みが付いてしまった場合、張り替えないときれいになりません。柱や梁などの構造部は交換するとなると大掛かりな工事になりますので、専門の職人が「染み抜き」して対処することができます。
阪南市の玄関屋根の点検
2階のお部屋から雨漏りしている玄関天井の屋根を確認させていただきました。

K様邸の玄関屋根も建物側と同様に土葺きの瓦屋根です。

真ん中にあるのが「水平棟」(横方向の棟)で、
その両側にあるのが軒先方向に向かって降りる「降り棟」になります。

瓦のズレや割れなどはなく、棟も最近修理されていますので、
全体的に整った屋根だという印象を受けました。


阪南市の雨漏りの位置
地上から玄関屋根を見た様子です。

雨漏りしているのは玄関内部の天井で、玄関ポーチの天井には雨水が入った形跡がありませんでした。

黄色い点線部分が棟で、雨漏り箇所からすると、水平棟よりも先には雨漏りの原因は無いことが分かります。
阪南市の谷樋は問題ありませんでした
見た感じではきれいな屋根ですが、必ず雨漏りの原因があるはずです。

雨漏りを止めるために、怪しい箇所を一つ一つ確認していきました。
K様邸の谷樋は銅製で、穴があいて雨漏りする事例が多発していますが、穴あきなどの問題はありませんでした。
阪南市の棟ののし瓦ののみこみが浅い可能性があります
屋根全体を確認し、雨漏り箇所からすると、やはり怪しいのは棟部分です。

雨漏りの原因の可能性があるとすれば、棟の「のし瓦」部分です。
瓦屋根の場合、棟の雨仕舞で四角いのし瓦を屋根面の両側に数段積み上げて一番上に冠瓦を葺ています。

K様邸はのし瓦を一番下に1枚の載せて、その上に段差を付けて更にのし瓦を積み重ねている形状で、一番下ののし瓦の棟への「のみこみ」が浅い可能性がありました。


阪南市の下段の押し瓦が半分で棟に隙間があきます
のし瓦は四角い瓦を半分にカットして、棟の両側に葺きます。

K様邸の場合は、一番下ののし瓦が屋根面側に突き出るように葺ている為、半分にカットしたのし瓦を使用すると、棟への「のみこみ」が浅くなって隙間が大きくあいてしまいます。そうすると、棟に入った雨水が内部に浸入しやすくなってしまうのです。

棟を解体しないと内部の状態を確認することはできませんが、現状では雨漏りの原因の可能性があるとご説明させていただきました。
阪南市の雨漏り修理のご提案
●●●● 調査後のK様との打ち合わせ ●●●●

以前雨漏りした時に、お知り合いの業者で棟の修理を行い、その時の雨漏りが止まっていないため、
もう一度ご相談していただく方がいいとお話させていただきました。
もちろん、弊社でも修理のご依頼をお受けすることができますが、費用の面もありますし、
もう一度その業者にあたってもらい、どうにもできない場合はまたご連絡をいただく、ということになりました。

最後に・・

雨水は建物の劣化したありとあらゆる部分から浸入しますし、内部の構造部分を伝って表に出てきます。
雨漏り箇所から離れた思わぬところから雨水が浸入して雨漏りすることもあることから、
原因をつきとめるのに時間を要する場合もあります。

修理後に同じ箇所から雨漏りする事例もありますが、
街の屋根やさん岸和田店は雨漏りが止まるまで責任をもって
作業させていただきますので安心してご相談ください。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

阪南市の雨漏りしていたベランダをビッグサンコートで防水!

阪南市のベランダ現況
阪南市のベランダ防水完了後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
火災保険
台風
使用素材
シーリング・プライマー・ビックサンコート(液体・粉材)・トップコート
築年数
築38年
建坪
約28坪
保証
2年
工事費用
約17万円(税込み)
施工事例

泉南市のトイレの壁にカビが発生!雨漏り修理を行いました!

泉南市のトイレの壁に雨漏りでカビが発生
泉南市の雨漏り修理後内装も改修
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プラスターボード・クロス
築年数
約23年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
約8.9万円(税込み)
施工事例

忠岡町の雨樋修理で外れた雨樋を固定しシーリングで補強!

忠岡町の外れた雨樋
忠岡町の外れた雨樋をシーリングで固定
工事内容
雨漏り修理
使用素材
シーリング
築年数
約25年
建坪
約35坪
保証
1年
工事費用
約4.9万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

阪南市の雨漏りしていたベランダをビッグサンコートで防水!

阪南市のベランダ現況
阪南市のベランダ防水完了後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
火災保険
台風
使用素材
シーリング・プライマー・ビックサンコート(液体・粉材)・トップコート
築年数
築38年
建坪
約28坪
保証
2年
工事費用
約17万円(税込み)
施工事例

阪南市の強風で飛ばされた波板の張替でポリカ波板を採用しました

阪南市の台風で飛ばされたテラスの波板
阪南市のテラスの波板張替え後
工事内容
その他の工事
台風
使用素材
ポリカーボネート波板・ポリカフック・シーリング他
築年数
約38年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
約11万円(税込み)既存波板撤去・処分費用含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨水は屋根から入るだけではありません

阪南市のベランダ防水工事の様子をご紹介します。I様邸は台風の時にベランダの下のお部屋で雨漏りしました。「雨漏りしたので自分でひび割れにシーリングを打ってブルーシートをかけたら止まったんです」とのことで様子を見られていたそうですが、被害を受け...........

貝塚市の1階のリビングの窓から雨漏り発生

貝塚市のY様より「台風の後の長雨から1階のリビングの窓から雨漏りするんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。Y様邸は木造・2階建ての住宅で、外壁はジョリパッドというアクリル系の壁の仕上げ材を塗装しています。

忠岡町の台風被害のご相談

忠岡町の台風被害に遭った住宅の現地調査にお伺いしました。M様より「2年前の台風で屋根の瓦が飛ばされてカーポートの本体も壊れてるんです。火災保険の申請ができると聞いたので修理のお見積書をいただけますか?保険が下りたら修理もお願いしたいんです」...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747