オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

泉大津市で台風で雨漏りが発生!雨漏りの現地調査に伺いました!


泉大津市にお住いのM様より「台風の影響で瓦が割れたりズレているので見に来てほしい」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。屋根に被害があり、2階の和室や階段室、1階の玄関の天井などに雨漏りが発生していました。台風後はどの業者も対応に追われている状態だったので、頃合いを見てご相談をされたこともあり、部屋内の雨漏りが進行して木部が腐食している状態でした。天井や壁のクロスに水が廻り、接着力が低下して剥がれてきており、押入れの壁などにはカビが生えていました。屋根を修理後、内装もきれいにし、外壁も塗装することになりました。

屋根の被害状況

泉大津市の屋根の桟瓦が飛散
泉大津市ののし瓦が抜け落ちて冠瓦がズレています
泉大津市の瓦がめくれ上がっています
泉大津市の瓦が割れています
前回の記事でご紹介した屋根の被害です。 M様邸は木造2階建てで、屋根は葺き土を載せた瓦屋根です。台風の強風で、桟瓦(屋根面の瓦)がめくれて飛散し、その後の雨で葺き土が流れている状態でした。雨漏りしているのはこの下にある階段室や和室の押入れなどです。
屋根面は、屋根に落ちてきた雨水が流れる水路のような形状をしていますので、その部分の瓦が飛散すると、上から流れてきた雨水がどんどん内部に浸入し、雨漏りしてしまいます。M様邸は応急処置もされていなかったので、雨漏りが進行していました。

部屋内に発生した雨漏りの様子

泉大津市の玄関の天井に雨漏り発生
玄関を入ってすぐの天井に雨漏りが発生していました。
雨染みが広範囲に渡って残っています。

雨水は屋根だけでなく外部の劣化している部分から浸入します。このように目に見えるところに出てくると見つけやすいのですが、小屋裏など普段は見えない部分に浸入するとなかなか気づけないこともあります。
泉大津市の玄関ホールの天井にも雨染みがあります
玄関ホールの天井にも雨漏りしていました。

玄関の出入り口とホールの奥、それぞれに雨染みが付いていました。
内部に浸入した雨水は梁や柱、配線などを伝ってあらゆる箇所に出てきますので、雨漏りしている箇所の真上に問題があるとは限りません。
泉大津市の玄関の天井張替え
広い玄関の空間で、端と端の天井に雨漏りが発生し、雨染みが付いていました。M様は「内装もきちんと修理したい」とのご希望でしたので、天井板を張り替えます。天井板は部分的に張り替えることも可能ですが、必ず新旧の差が出てしまいます。玄関はお客様が来られる場所ですので、見た目を整えるためにもすべて張替えることになりました。
泉大津市の収納の中も濡れています
玄関には階段下のスペースを活用し、小さな収納が設けられています。その収納の天井にも雨漏りしていました。
この収納の上には階段室があり、天井から同じく天井から雨漏りし、床まで濡れている状態です。階段室から浸入した雨水が壁を伝って、さらにその下にある玄関の収納まで達していました。
入る雨の量が多いと、2階から浸入した雨水で1階にまで被害が及ぶことがあります。
泉大津市の階段室の天井もひどい雨漏りです
階段室の雨漏りの状況です。
階段室の踊り場の天井から雨水が浸入していました。
遠目で見てもすぐに気づくほどの雨漏りです。
泉大津市のクロスが剥がれて下地も濡れています
雨漏りしている階段室の天井を近くで確認すると、クロスが剥がれて下地も濡れている状態でした。剥がれてきたクロスを画びょうで留めて処置されています。
クロスは接着剤で貼っていますので水が廻ると接着力が低下して剥がれてきてしまいます。
泉大津市の壁の足元まで水が廻っています
階段室の天井から浸入した雨水は足元まで廻り、壁のクロスも浮いてきていました。
この下には雨漏りしている玄関の収納があります。入る雨の量が少ないとこのように下まで伝わないのですが、この上にある屋根の桟瓦がまとめて飛散している為、雨が降ると雨水が大量に流れ込んでくるのでしょう。
泉大津市の照明の中にも水が廻った形跡があります
2階の洋室の天井にも雨漏りしています。
照明器具の中に雨水が入った形跡があり、その付近のクロスがめくれています。
電気の配線や電気機器は絶縁(電気が漏れないように処理すること)されていますので、通常は漏電しませんが、雨漏りで雨水が配線やコードを絶縁している隙間から入ると漏電が発生する危険性があります。
泉大津市の襖が濡れています
2階の和室にも雨漏りが発生していました。
押入れの襖が濡れています。お部屋の天井には雨漏りの形跡がなかったため、押入れの中を確認しました。
部屋内で雨漏りしていなくても押入れで雨漏りしていることがよくありますので、現雨漏りの地調査では、必ず押し入れや収納の中も点検させていただいております。
泉大津市の天井板が腐食
押入れの天袋の中の様子です。
やはり天井板が濡れて腐食していました。押入れの中は湿気がこもりやすいので、木部の腐食が進んでしまったのでしょう。また、壁にはカビが発生し、白い漆喰壁が変色している状態です。
泉大津市の中段にもカビが生えています
中段の壁にもカビが発生していました。
長い間雨漏りし続けたり、雨漏りに気づくことが遅れると、このようにカビが発生して人体に悪影響を及ぼす可能性があります。また、目に見えない木部が傷んで建物の強度が低下することもありますので、雨漏りを見つけたら早めに業者に相談しましょう。
泉大津市の下段の床まで濡れています
同様に、下段の壁にもカビが生え、床板が濡れていました。
屋根をきちんと修理した後、腐食した天井板や床板を貼り替え、壁の漆喰も塗り替えさせていただきます。
屋根を修理する前に内部から工事を進め、万が一雨が降って雨漏りするとせっかくきれいにしたお部屋が台無しになりますので、必ず屋根を修理した後に内部の工事を行わないといけません。

外壁の調査

泉大津市の外壁の塗装も行います
「屋根の修理で足場を建てるなら」と、外壁塗装のご相談もいただきました。
M様邸の外壁はモルタルの塗り壁で、建ててからまだ一度も塗装されておらず、気になっていたそうです。

モルタルはもともと水分を吸収する性質がありますので、表面を塗装して防水しています。その塗膜は永久的ではなく、紫外線などの外気の影響で次第に傷んできて防水性が低下してきます。そうすると、ひび割れなどの劣化症状を引き起こし、雨漏りすることもありますので、10年~15年に一度、定期的に塗り替えのメンテナンスが必要です。
泉大津市の外壁がチョーキングを起こしています
M様邸の外壁の塗膜は劣化が進み「チョーキング」を起こしていました。
チョーキングとは塗膜が粉状になって剥がれてきている状態のことを指します。写真のように手で外壁を触ると手に塗膜がくっつきます。
チョーキングを起こした外壁は、防水性が低下して雨水を吸い込んでいる状態ですので、外壁自体の劣化が進んでしまいます。
泉大津市の外壁にひび割れが発生
外壁にはあちこちにひび割れが発生していました。
モルタルの外壁は、建物の動きや地震などの揺れ、モルタルを施工した時の乾燥収縮などの影響でひび割れが発生しやすいというデメリットがあります。
ひび割れは幅が細いものから広いものまで様々ですが、そこから雨水が浸入して雨漏りすることがありますので、補修や塗装のメンテナンスが必要です。
泉大津市の横方向のひび割れは要注意
外壁に対して横方向に走っているひび割れもありました。
横方向のひび割れは外壁を伝ってきた雨水を受けてしまいますので、雨漏りの原因になりやすく、注意が必要です。
外壁のひび割れから雨水が浸入し、壁の内部の目に見えないところで木部が腐食して、台風で壁が崩れ落ちた事例もありますので、ひび割れを甘く見ないで必ず処置しましょう。
泉大津市の誘発目地が割れています
外壁の誘発目地も割れていました。
誘発目地はひび割れが発生することを想定してあらかじめ設けた目地のことです。誘発目地を設けることで、建物に揺れなどの負担がかかった時に力が集中し、そこにひび割れが集まるので周囲の壁が割れにくくなる仕組みです。誘発目地が割れるのは正解なのですが、そのまま放置すると雨水が浸入してしまいますので、シーリングなどで必ず補修しないといけません。
外壁のひび割れ補修の方法はシーリングを用いたり、エポキシ樹脂モルタルという強度のある補修材で補修することもあります。M様邸のひび割れは幅が細いものがほとんどでしたので、シーリングを充填することになりました。

塗装前にひび割れを補修し、外壁の傷んだ箇所を改善することで防水性能がアップします。

次は屋根の修理の様子をご紹介します。


この工事の現場ブログ

泉大津市の屋根の桟瓦が飛散

2020/07/04/ 泉大津市で台風で雨漏りが発生!雨漏りの現地調査に伺いました!

泉大津市にお住いのM様より「台風の影響で瓦が割れたりズレているので見に来てほしい」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。屋根に被害があり、2階の和室や階段室、1階の玄関の天井などに雨漏りが発生していました。台風後はどの業者も対応に追...........

泉大津市で瓦がズレたり割れているとのご相談

2020/07/03/ 泉大津市で台風で瓦がめくれ上がり割れている箇所もありました!

泉大津市のMさまより台風で「瓦が割れたりズレているんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。M様邸は木造の2階建てで、土葺きの瓦屋根です。下から屋根を見ると、屋根に被害があることが確認されました。屋根自体はとてもしっかりしていて...........

泉大津市の屋根の軒先から葺き直します

2020/07/06/ 泉大津市の台風で落下した桟瓦と庇の瓦の修理工事をご紹介!

泉大津市の台風被害に遭った屋根の修理です。M様邸は平成30年に大阪に上陸した台風21号の影響で瓦がズレたり飛散するなどの被害を受け、室内に雨漏りが発生しました。屋根の応急処置をされていない状態でしたので、雨漏りが進行ており、この工事で内装も...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉南市の台風被害の屋根修理で足場を建てて棟を修復しました

泉南市の台風で崩れた降り棟
泉南市の降り棟修復状況
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
台風
使用素材
オレンジ釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰他
築年数
約43年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約41万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市の雨漏りの原因は棟!水が廻っていた降り棟を葺き直しました

岸和田市の降り棟の下のお部屋で雨漏りしています
降り棟の積み直し完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
葺き土・銅線・南蛮漆喰・シーリング他
築年数
約28年
建坪
約25坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約31万円(税込み・下屋水切り取付費用含まず)
施工事例

岸和田市の台風で飛ばされた屋根の板金やスレートを差替えた施工事例

岸和田市の台風被害に遭った棟
岸和田市の台風被害に遭った棟の修理完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板棟板金・杉貫板・化粧スレート他
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
37万円(税込み・部分足場の場合)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

忠岡町で部分足場を設置

忠岡町の台風被害に遭った屋根の修理と補強工事です。H様邸は木造2階建てで、屋根は土がのっている瓦葺きの屋根です。台風で瓦が数枚割れて、漆喰も剥がれてしまいました。また、屋根に設置されているソーラーパネルも台風の飛散物の影響で破損している状態...........

忠岡町の屋根の調査

忠岡町の台風被害に遭った屋根の調査にお伺いしました。H様邸は木造2階建てで、土葺きの瓦屋根です。屋根の上にソーラーパネルを設置していて、台風の時にパネルが割れる被害に遭ったということです。台風の後にご自身で屋根の上に上がって割れた瓦にテープ...........

貝塚市の下屋の瓦が飛散

貝塚市の台風被害に遭った各所修理工事です。Y様邸は以前、街の屋根やさん岸和田店でテラスの波板張替えなどの工事をしていただいたことがあり、今回は台風での被害箇所の修理です。Y様邸は土葺きの瓦屋根で、下屋のケラバの瓦が1枚飛散し、壁際ののし瓦が...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747