泉佐野市の台風で割れた雨樋の交換でステンレス線でしっかりと固定


泉佐野市の雨樋修理のご紹介です。
T様邸は台風21号で屋根の瓦が割れる被害に遭い、その時に雨樋も破損してしまいました。



雨樋は屋根に落ちてきた雨水を集めて地中に流す役割があります。
雨が降ったら建物も濡れるし、雨樋がなくても大丈夫なんじゃない?」と思われる方もいるかもしれません。ですが、雨樋がないと屋根に落ちてきた雨水が直接地面に落ちますので、その勢いで地面が削れたり、外壁の同じ箇所に大量の雨水が打ち付けて劣化を早め、外壁にクラック(ひび割れ)があるとそこから雨水が浸入して柱などの重要な構造の部分を腐食させたり雨漏りすることもあります。


泉佐野市の軒樋が割れています
雨樋の被害状況です。

大屋根(一番高い屋根)の軒樋(横方向の雨樋)が一部割れていました。
樋は雨水が通る経路ですので、割れたり穴が開くとそこから雨水が漏れてしまいます。
泉佐野市の軒樋をステンレス線で樋を固定
点検すると、軒樋を受ける受金物は再利用可能でしたので、破損した樋のみを部分的に交換しました。
受金物で樋を受け、ズレないように太いステンレス線を巻いて固定しました。
雨樋の修理は、部分補修、もしくは部分的に交換、またはすべて交換する方法があります。
T様邸の雨樋は数カ所で割れていましたが、変形などは見受けられずまだ使える状態でしたので部分的に交換する方法をとりました。
泉佐野市の樋が割れています
大屋根から集まった雨水を下屋に送る竪樋(縦方向の樋)も割れて大きな穴が開いていました。
大屋根に落ちてきた雨水を集めて排出する樋ですので、大量の雨水が送られてきます。このように穴が開いていると、ここから雨水がバシャバシャと漏れて、その状態を放置し続けると、下にある下屋を傷めてしまいます。
泉佐野市の竪樋を修理しました
破損している部分の樋をカットして、新しい樋を接続して交換しました。
雨樋は各建物によって形状や大きさが異なります。正確な大きさのものを用意しないとピッタリと合わないので注意が必要です。
泉佐野市の樋のコーナーから雨水が漏れます
下屋の雨樋(コーナー部分)も割れており、雨が降ると水が漏れるということでご自身でテープを貼って応急処置されていました。
1階の屋根の場合、はしごや脚立があれば手が届きますが、2階やそれ以上の屋根の雨樋は高所となり大変危険ですので、ご自身で処置するのは絶対にお控えください。


泉佐野市のコーナーを含む樋を交換しました
コーナー部分を含めて、軒樋も切りのいいところまで交換しました。
泉佐野市の既存の樋も固定しています
交換した樋はもちろん、その先にある既存の樋もステンレス線を巻き付けて固定しました。
雨樋は通常時はそれほど気にかけない箇所かもしれません。ですが、建物を雨から守り維持するために重要な役割を担っています。また、雨樋工事は繊細で、雨水がきちんと排出されるように勾配をつけて取付けなくてはいけません。せっかく雨樋を交換したのに勾配が悪いと雨水が溢れて雨折りしてしまうからです。
泉佐野市の納屋の樋が外れています
納屋の竪樋も台風の強風で外れていました。

この竪樋は、木下地に向かってつかみ金物を打ち付けて固定していましたが、強風の影響でつかみ金物が抜けてしまいました。
泉佐野市の竪樋が抜けないようにコーキング充填
雨樋自体は使えることと、簡単な修理でいいとのことで、そのまま再度固定して修復することになりました。
台風などでまた外れないように、つかみ金物の根元にコーキングを充填して補強しました。
雨樋の工事は高所作業になりますので、基本的に足場が必要になります。そのため、屋根の工事や外装リフォーム(塗装など)で足場を建てる時に一緒に工事すると足場の費用がかさみません。逆に、雨樋の工事をするタイミングで、高所作業箇所の修繕を行うのもいいでしょう。


前回はこちら(泉佐野市の下屋の修理)


雨樋がなかったらどうなるの?
雨樋工事でお家を雨水から守る!雨樋の修理・交換、お任せください!


雨樋工事でお家を雨水から守る! 雨樋の修理・交換、お任せください

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装 

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装の現況
岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装
工事内容
雨樋交換
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料、一部多彩模様アクリルシリコン塗材
築年数
築35年
建坪
約65坪
保証
工事費用
約150万円(税込)
施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田の住宅、瓦棒葺き屋根、ガルバリューム鋼板葺き替え工事

岸和田市 板金屋根現況
岸和田市 ガルバリューム鋼板屋根葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
屋根葺き直し
雨樋交換
使用素材
屋根ガルバリューム鋼板 塩ビ製呼び樋 
築年数
39年
建坪
38坪
保証
8年(耐久年数10年)
工事費用
46万円

同じ地域の施工事例

施工事例

泉佐野市俵屋の屋根塗装で耐久性のある屋根になりました!

泉佐野市俵屋で遮熱塗料での屋根塗装着工
泉佐野市俵屋で屋根の上塗り塗装に入りました!
工事内容
屋根塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料
築年数
築16年
建坪
35坪
保証
工事費用
約42万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の雨樋の修理にお伺いしました

以前屋根修理などを行った貝塚市のI様より「台風の後、玄関に出たら雨樋が落ちてたんです」とのご相談をいただき、調査及び修理にお伺いしました。

泉大津市の台風被害のご相談です

泉大津市のY様より「台風21号で外構のフェンスが倒れてカーポートの屋根も飛んでしまったんです。そろそろ屋根と外壁の塗装もしないといけないので、両方とも見積もりをお願いできますか?」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。

忠岡町の壁際水切り取付

忠岡町の屋根葺き替え工事で今回は壁際水切りの取付や雨樋の交換をご紹介します。T様邸は台風21号の突風で瓦の飛散や割れなどの被害に遭い雨漏りも発生しました。