オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市の銅製の谷樋の穴あき修理で銅板をカットして塞ぎました


工事のきっかけ

F様邸は平屋建てで、以前増築されており、屋根が二つあります。以前から、二つの建物の取り合い部から室内へ雨漏りされていて、バケツを置くなどして対応されていましたが、「いつまでもこのままでは雨が降るたびに心配なので、きちんと修理したいんです」とのご相談をいただき、現地調査を行い、谷樋の補修を行うことになりました。

岸和田市 雨樋交換,雨漏り修理

ビフォーアフター

before
2f69fdc31e6ed2eb9d599e14248cb7a8-1-before
horizontal
after
岸和田市の谷樋補修及び補強完了

工事基本情報

施工内容
雨樋交換,雨漏り修理
施工期間
1日
使用材料
銅板・シーリング材
施工内容その他
築年数
約45年
保証年数
2年
工事費用
約6万円(税込み)
建坪
約43坪
ハウスメーカー

室内雨漏り状況

1e8201476ca735356532cb8ae490e0cd-1-columns2
室内の雨漏り状況です。
二つの屋根の取り合いの下にある洋室の天井から雨水が雨水が浸入し、壁を伝って流れてくるので、壁に紙を貼ったりバケツを置くなどして対応されていました。
雨が降るたびに雨漏りし、心配ばかりが募るので安心して暮らせるように雨漏りを止めたい、とのご相談です。
345285f5bad1a4e1c48fd5c41ccfd8b2-1-columns2
雨漏りしている洋室の横には廊下があり、壁に雨水が浸入した形跡がありました。
天井は濡れていないことから、洋室の壁を伝った雨水が反対側の壁に染み出てきた可能性があります。
雨漏り箇所の上には二つの屋根の取り合いがあり、屋根から流れ落ちてきた雨水を受けるために谷樋(谷部分に設ける雨樋)が設置されています。その樋に穴があき、雨漏りしている状態でした。

外部調査の様子

岸和田市の屋根の形状
F様邸の外観です。少し分かりにくいですが、手前に見えている平屋建ての住宅(入母屋)の向こう側に増築された平屋(切妻屋根)があり、入母屋の妻下と切妻屋根の軒先が隣り合わせになっています。その下にある壁に開口を開けて二つの住宅を繋げている形状でした。繋げた部分の上にある屋根の雨仕舞(雨水が内部に浸入しないようにすること)で、雨を受けるために谷樋を設けていました。この工事では、その谷樋を補修します。
7fbb93c52ad4c341169c9fb582d05bb7-1-columns2
屋根の上から見た様子です。
向かって左側の屋根が入母屋で右側が切妻の屋根です。
二つの屋根の取り合いに谷樋があります。
谷樋の下にはお部屋がありますので、劣化すると雨漏りに直結してしまいます。
faff9de362dfe407ab50855be744f9ab-1-columns2
屋根面に落ちてきた雨水を受けるためには必ず雨樋が必要です。F様邸は平屋建てで、広い面積の屋根に落ちてきた雨水がすべて軒先に集まる形状です。その雨水を受けているのが谷樋です。普段から雨水が集中することから、劣化しやすい箇所ですので雨漏りを守るためにも定期的な点検・メンテナンスをしないといけません。
a123ab2b8687a1b75c32ac6bfafcdd96-2-columns2
F様邸の谷樋は銅板の樋です。
銅板の雨樋は錆びにくいとされて昔は多くの住宅で使用されていましたが、近年の酸性雨などの影響で穴があく事例が多発しており、雨漏りのご相談が増えています。そのことから、現在は錆びない塩化ビニール製の雨樋が主流になっています。塩ビ製の雨樋は、色や形状が様々ありますので、建物の雰囲気に合わせることが可能です。

2f69fdc31e6ed2eb9d599e14248cb7a8-1-columns2
F様邸の谷樋には穴があいていました。
銅板の樋に穴があく原因は諸説りますが、代表的な意見として、酸性雨の影響で銅板が酸化して錆が発生し、穴があくと言われています。
軒樋(横方向の雨樋)に穴があくと、外部に落ちますが谷樋に穴があくと室内へ雨漏りしますので、注意が必要です。
200e69844d38c174f166dfbff7bb6fdc-1-columns2
銅板の谷樋に穴があく原因として、雨水が落ちる勢いで穴があく、とも言われています。
屋根に落ちてきた雨水は瓦の形状で流れてくる位置が決まっています。そのため、下に控えている樋に雨水が落ちる箇所も毎回同じですので、何度も何度も雨水が打ち付けることで、銅板が薄くなり穴があいてしまう、という訳です。樋は雨水が流れる経路ですので、このような小さな穴でも雨水が入り込んでしまいます。
642075a34f0898a912482959fd68c792-1-columns2
F様邸の谷樋は、大量の雨水を受けないといけないため、大きな樋を取付けています。雨の量が多い日は、雨水を竪樋に排出するのに時間がかかり、樋の中に水が溜まる可能性があるため、立ち上がり部にも高さを確保していましたが、端の部分が浮いている状態でした。
谷樋自体が大きいですし、立ち上がりにも高さがあるため雨水が溢れることはないと思いますが、念のため、シーリングで防水させていただきます。

谷樋補修状況

F様邸は、雨漏り修理で穴があいた谷樋の補修を行うことになりました。
銅板の雨樋は、いつかは穴があくことから、錆に強いステンレスやガルバリウム鋼板などの樋に交換するご提案もさせていただきましたが、今回は穴を埋めて補修し、様子を見られることになりました。
岸和田市の谷樋に銅板をあてて補強します
谷樋の穴があいた部分に樋と同じ銅板をあてて補修する方法です。
銅板を小さくカットしてシーリングで密着・固定して穴を塞ぎます。
岸和田市の谷樋をブラシで掃除します
谷樋の清掃状況です。
樋の中が汚れたまま銅板を密着させると、間に砂などが挟まりしっかりと密着できないため、先に掃除しないといけません。
岸和田市の谷樋の穴にプライマーを塗布します
谷樋の穴があいている部分にプライマーを塗布します。
プライマーとは透明の塗料のことで、接着効果があります。
岸和田市の谷樋の穴周辺に塗布しました
カットした銅板をしっかりと密着させるため、穴周辺にプライマーを塗布しました。
岸和田市で使用する銅板にシーリングを充填します
続いて、カットした銅板にシーリングを充填し、穴があいた部分にあてて密着・固定します。これで、穴が塞がります。
岸和田市の谷樋に貼った銅板の上からもシーリングを充填
谷樋と銅板の周囲から雨水が浸入するのを防ぐために、シーリングを充填しました。
岸和田市の谷樋に充填したシーリングをコテで均します
シーリングが盛り上がりすぎていると、雨水が溜まったり流れが悪くなる可能性がありますので、コテで平らに均して整えて敷曲げます。
岸和田市の谷樋補修及び補強完了
穴があいている箇所に銅板を貼って穴を塞ぎました。
加えて、雨水が流れ落ちてくる位置に銅板を貼り、補強させていただきました。銅板を貼ることで二重になり、この先、穴があくのを遅らせることができます。
before1
岸和田市の雨水が抜ける屋根のトンネルが詰まっています
現地調査の時に気づいたのですが、屋根の雨水が抜ける通り道である「トンネル」部分が詰まっていました。この部分は部屋内に発生している雨漏りとは関係ありませんが、トンネルが詰まると雨水が屋根の上に滞在し、劣化を早めたり雨漏りの原因になりますので、この機会に掃除させていただきました。
horizontal
after1
岸和田市の屋根のトンネル修理完了
手作業でトンネルに詰まった砂や枯れ葉などをきれいに取り除いて掃除しました。
これで、雨水がきちんと排出されて、溜まることはありません。
before1
岸和田市の樋が詰まっています
屋根の軒樋(横方向の雨樋)も詰まっていました。軒樋は屋根から流れてきた雨水を受けて竪樋に送る役割があるため、詰まると雨水が溢れて外壁や基礎を傷めてしまう可能性があります。
horizontal
after1
岸和田市の樋清掃完了
軒樋もきれいに掃除したので安心です。
樋は詰まる箇所によっては掃除することが困難な場合があります。そういう時は樋をカットするなど別の方法をとります。

【工事完了後】

岸和田市の谷樋の立ち上がりの上部をシーリングで防水
銅板の谷樋の天端の取り合いが剥がれていたので、シーリングを充填してきちんと防水しました。
F様邸の谷樋は大きい樋が取り付けられていますので、雨水がオーバーフロウ(溢れること)を起こすことは少ないかもしれませんが、向かい合っている屋根から勢いよく流れてきた雨水が入る可能性がありますので、きちんと処置しました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

貝塚市の軒天井のケイ酸カルシウム板を張替え塗装した各所修理工事

貝塚市の軒天井破損
貝塚市の修理した軒天井と破風板
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨樋交換
その他塗装
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板、塗料、塩ビ雨樋、ガルバリウム鋼板、化粧合板など
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約180万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市の瓦屋根の修理で割れた瓦を交換しシーリングで固定!

岸和田市の袖瓦が飛散
岸和田市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
台風
使用素材
釉薬瓦・シーリング・雨樋他
築年数
築約55年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約96万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装 

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装の現況
岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装
工事内容
雨樋交換
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料、一部多彩模様アクリルシリコン塗材
築年数
築35年
建坪
約65坪
保証
工事費用
約150万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の穴があいていた銅板の屋根をガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市の傷んだ銅板晒し葺きの屋根
岸和田市の銅板屋根の葺き替え完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板・ゴムアスルーフィング・塩ビ雨樋
築年数
約45年
建坪
約30坪(平屋建て部のみ)
保証
7年
工事費用
約57万円(税込み)
施工事例

岸和田市のセメント瓦がズレて雨漏りが発生!瓦をシーリングで復旧

岸和田市のセメント瓦がズレています
岸和田市のズレたセメント瓦を固定
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
シーリング・漆喰
築年数
築約25年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約45万円(税込み・足場費用・カーポートパネル仮撤去及び復旧含む)
施工事例

岸和田市の台風でめくれた丸瓦の積み直しと漆喰壁などの塗り替え

岸和田市の丸瓦が飛散しています
岸和田市の丸瓦修理完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
火災保険
台風
使用素材
漆喰・聚楽・シーリング等
築年数
築約65年
建坪
約42坪
保証
2年
工事費用
約79万円(税込み)足場代、漆喰及び聚楽壁塗替え費含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の庇にタオルを敷いて処置されています

岸和田市の庇の補修です。S様は以前から庇に落ちる雨音でお困りでした。雨樋が詰まって雨水が溢れているのでは、とのご相談をいただき調査をすると、雨樋は詰まっておらず、屋根の形状に問題があることが分かりました。雨水が落ちてくる庇の真上には2階の軒...........

岸和田市の成長した植木が波板の屋根を突き破っています

岸和田市にお住いのN様より植木の伐採と波板の張替のご相談をいただきました。N様邸は以前、台風で被害に遭った瓦屋根の修理をしていただいたことがあります。今回はテラス屋根の波板のご相談で、「大きく育った植木がテラスの波板を突き破って困っている」...........

岸和田市の屋根修理完了後

以前街の屋根やさん岸和田店で台風被害に遭った瓦屋根の修理をしていただいた岸和田市のN様より波板のご相談をいただき現地調査にお伺いしました。ご相談があったのは1階に設置されているテラスの波板で、足元に植えられている木が育って波板を突き破ってい...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747