オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市のセメント瓦がズレて雨漏りが発生!瓦をシーリングで復旧


工事のきっかけ

岸和田市にお住いのO様より「2階の天井に雨漏りしてるんです。こういうのって、見てもらえたりするんですか?」とのお問い合わせがあり、現地調査にお伺いし、その後屋根の修理を行いました。
「台風の時には雨漏りしていなくて安心していたんですが、3か月くらい経ってから急に雨漏りしてびっくりしたんです」と驚かれていました。
O様邸は木造2階建てで、屋根にはセメント瓦(洋瓦)を葺いています。葺き土を使用しない「引っかけ桟瓦葺き」という工法で葺いた屋根で、雨漏りしているお部屋の上の瓦が1枚抜けている状態でした。反対側の屋根の軒先付近の瓦も1枚同じように抜け落ちており、下屋の棟の瓦も強風の影響で横方向にズレが生じていました。
幸い、抜け落ちた瓦が屋根の上に残っていたので、再利用し、シーリングでしっかりと固定させていただきました。

岸和田市 屋根補修工事,雨漏り修理,台風

ビフォーアフター

before
岸和田市のセメント瓦がズレています
horizontal
after
岸和田市のズレたセメント瓦を固定

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事,雨漏り修理,台風
施工期間
2日間
使用材料
シーリング・漆喰
施工内容その他
築年数
築約25年
保証年数
2年
工事費用
約45万円(税込み・足場費用・カーポートパネル仮撤去及び復旧含む)
建坪
約40坪
ハウスメーカー

現地調査の様子

岸和田市の雨漏りの現地調査
現地調査当日の様子です。
「2階のお部屋に急に雨漏りが発生した」とのことで、早急にお伺いしました。
O様邸は木造2階建てで、屋根にはセメント瓦を葺いています。
早速、雨漏りしているお部屋を確認させていただきました。
岸和田市の天井の取り合い部からの雨漏り
雨漏りしているのは2階の洋室の天井で、屋根の位置でお伝えすると、ケラバ付近です。

雨漏りの調査では、まずは建物や屋根の形状を下から見える範囲で確認し、その後に雨漏りしているお部屋の中を見させていただきます。雨水がどの位置に、どのように出ているか確認してから屋根の上に上がると、おおよその検討をつけて調査ができるからです。


岸和田市の屋根のケラバ
雨漏りしているのは屋根のケラバ付近の下の天井です。
ケラバとは切妻屋根や片流れの屋根で、雨樋が付いていない面の端のことを表し、部材の名前ではなく、屋根の場所のことです。ケラバがあると、外壁に雨水が直接伝うのを防ぎ、汚れや劣化を遅らせることができます。また、日当たりの調整も可能です。ケラバが無いと窓や外壁に直接日光があたり、室温が上がってしまいます。
岸和田市の瓦が1枚抜け落ちています
お部屋の中を確認してから屋根の上に上がって調査をすると、雨漏りしているお部屋の上の瓦が1枚抜け落ちていました。

O様邸の屋根は「引っかけ桟瓦葺き」という葺き土を使用しない工法の屋根で、土がない分屋根の重量が少なくなります。
岸和田市の瓦のズレ
引っかけ桟瓦葺きは、屋根面に「桟木」という長い木材を打ち付けて、そこに瓦の突起を引っ掛けて釘で固定します。
瓦は釘留めされているのですが、台風の強風で釘が抜けたのか、もともと一部釘留めされていなかったのか、釘がありませんでした。釘留めされていないと、桟に瓦を引っ掛けているだけの状態ですので、強風で瓦が持ち上がると飛散する可能性があります。
岸和田市の屋根のルーフィング
瓦の下に敷いているルーフィングは、雨水が内部に浸入するのを防ぐための丈夫な防水シートです。O様邸は「アスファルトールーフィング」という、道路と同じ素材(アスファルトをフェルト状のシートに染み込ませて形成)を用いたシートを敷いていました。
ルーフィングはタッカーという大きなホッチキスの針のような釘で屋根の野地板(下地)に向かって固定されています。そして、瓦を固定するための桟も野地板に向かって釘留めされているため、雨水が瓦の内側に浸入すると、釘留めした部分から雨水が染み込んで雨漏りすることがあります。ルーフィングは追従性があり、釘に密着しますが、経年でルーフィングが傷んでくると雨水が入ってしまいます。O様邸の瓦がズレた箇所は屋根の真ん中あたりですので、上から流れてきた雨水が大量に浸入し、ルーフィングの傷んでいるところから雨漏りしたのでしょう。

岸和田市の瓦を差し込んで応急処置しました
雨漏りしていますので、調査の時に抜け落ちた瓦を差し込んで応急処置させていただきました。
瓦を差し込んでいるだけですので、本工事できちんと固定しないとまた抜け落ちる可能性があります。
上に瓦があるため、ズレた瓦を固定する際は釘留めすることができません。そのため、上の瓦を持ち上げて桟に引っかけ、シーリングで固定する方法をとらせていただきます。
岸和田市の反対側の瓦もズレていました
雨漏りしている箇所の反対側の屋根面の瓦も同じように抜け落ちているのを見つけました。
幸い、瓦が地面に落下せず屋根の上に残っていたので、修理の際は再利用させていただきます。
このズレた瓦も応急的に差し込ませていただきました。
岸和田市の瓦が割れています
雨漏りしている箇所付近の瓦が1枚割れていました。
割れていましたが、欠損していなかったのでシーリングで処置させていただくことになりました。
瓦を差替えることも可能ですが、瓦を固定している釘を抜く時にルーフィングを傷める可能性がありますので、シーリングでの補修になりました。
岸和田市の棟瓦がズレています
こちらは、雨漏りとは関係のない部分ですが、台風での被害が遭ったのでお伝えします。
1階の屋根の棟瓦が横方向にズレています。
棟とは屋根の一番高いところを指し、雨水が内部に浸入するのを防ぐために瓦を葺いています。棟の一番上に葺く冠瓦が風を受けてズレていました。
修理の際はズレを戻して銅線を締め直し、シーリングでしっかりと固定させていただきます。

屋根修理の様子

岸和田市でカーポートの平板を撤去して足場を設置
現地調査を行い、修理のご提案をお預けし、修理のご依頼があったので工事を着工することになりました。

職人が道具や資材を持って安全に屋根に上がれるように部分的に足場を設置させていただきました。
足場を建てる位置にカーポートの屋根があるので、足場の単管(柱)を通せるように屋根のパネルを一部仮撤去しました。足場を撤去した後にパネルは復旧させていただきます。
岸和田市のズレたセメント瓦を固定します
台風の強風に煽られて抜け落ちてしまった瓦を差し込んで固定させていただきます。

スレート葺き(平型の薄い屋根材)の屋根もそうですが、屋根材を釘留めして葺いている場合で、上に屋根材が残っている場合は差し替えの際に釘を抜かないといけません。そうすると、下に敷いているルーフィングを傷つける可能性がありますので、欠損していない場合はシーリングで処置することがほとんどです。
岸和田市のズレた地瓦は差し込んで固定
上に葺いている瓦を持ち上げて、抜け落ちた瓦を差し込み桟に引っかけました。
上に瓦があるため、釘留めすることができないので瓦の山の部分と側面にシーリングを充填して固定させていただきました。(釘留めする箇所は瓦の下に隠れる位置にあるため)

この時、雨水が流れる面(瓦のへこんだ部分)にシーリングを充填すると、瓦の内側に雨水が入った時に雨水を受けてしまいますので、必ず山状の部分に充填しないといけません。

岸和田市で瓦と雨樋が屋根のアンテナが倒れた為、割れていたお客様の声
台風の被害に遭った1階の屋根の棟瓦も固定させていただきます。
棟は屋根の高い位置にあり、屋根面よりも突き出ていますので、風や地震の揺れを受けやすい箇所です。被害を抑えるために棟に銅線を通して固定されているのですが、経年で銅線が緩んだり切れたりすると瓦がズレやすくなります。

岸和田市のセメント棟のズレを戻してコーキングで固定
棟は屋根面同士の取り合い部になり、隙間がありますので瓦がズレたり飛散すると雨漏りの原因になってしまいます。
ズレた瓦を戻し、緩んだ銅線を締め直してから継ぎ目にシーリングを充填してしっかりと固定させていただきました。
岸和田市の棟瓦の継ぎ目にシーリング充填
近年は大型の台風が頻繁に上陸します。棟は被害に遭いやすいので、棟の端から端までシーリングで繋いで補強させていただきました。
岸和田市の棟の修理完了
棟の修理完了です。
今回は火災保険を使用しての工事でしたので、被害箇所の復旧のみ行うことになりました。

【工事完了後】

岸和田市の漆喰詰め直し
1階の屋根の棟の先端で、2階の屋根のケラバとの取り合い部に詰めている漆喰が剥がれていたので詰めなおしました。漆喰は瓦同士の隙間を塞いで防水しており、剥がれてくると雨漏りすることがありますのできちんと処置させていただきました。
岸和田市の修理した屋根
屋根修理完了状況です。
セメント瓦の主成分はセメントですので表面を塗装して雨水から屋根を守っています。表面の塗膜が剥がれてくると雨水を吸い込むようになり、瓦自体が劣化してきますので定期的な塗り替えが必須です。特にセメント瓦は雨水を含むようになると劣化が進み、割れやすくなりますので早めの塗り替えをお勧めしています。

街の屋根やさん岸和田店は屋根の塗装のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市で台風で雨漏りが発生した瓦屋根を修理して補強しました

岸和田市の屋根修理前
岸和田市の屋根修理後
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
釉薬瓦、南蛮漆喰・葺き土、シーリング他
築年数
約38年
建坪
約19坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約64万円(税込み)
施工事例

泉南市の台風被害の屋根修理で足場を建てて棟を修復しました

泉南市の台風で崩れた降り棟
泉南市の降り棟修復状況
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
台風
使用素材
オレンジ釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰他
築年数
約43年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約41万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市の雨漏りの原因は棟!水が廻っていた降り棟を葺き直しました

岸和田市の降り棟の下のお部屋で雨漏りしています
降り棟の積み直し完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
葺き土・銅線・南蛮漆喰・シーリング他
築年数
約28年
建坪
約25坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約31万円(税込み・下屋水切り取付費用含まず)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市で屋根を遮熱塗料で塗装し外壁を多彩模様塗料で塗装しました

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の屋根塗装
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイント/サーモアイSi 外壁・・ダイフレックス/アーバントーン
築年数
約50年
建坪
約45坪
保証
外壁・・5年 屋根・・10年(メーカー保証)
工事費用
屋根・・37万円(税込み)外壁・・約170万円 足場代・・約29万円(税込み)
施工事例

岸和田市の屋根葺き替えで陶器瓦をコロニアルグラッサに葺き替え

岸和田市の屋根葺き替え前
岸和田市の屋根葺き替え後
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
平屋
使用素材
コロニアルグラッサ・構造用合板・ゴムアスルーフィング・ガルバリウム鋼板他
築年数
約50年
建坪
約45坪
保証
10年(メーカー保証)
工事費用
約310万円(税込み・足場費用含む)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理でベランダにウレタン防水を施工しました!

岸和田市のベランダ防水前
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン防水材、カチオンクリート、プライマー、トップコート、シーリング材他
築年数
約38年
建坪
約19坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約19.5万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町の倉庫の屋根のご相談です

熊取町の倉庫のオーナー様より倉庫の屋根のご相談があり現地調査にお伺いしました。築20年以上が経過した鉄骨造亜鉛メッキ鋼鈑葺きの2階建ての倉庫で、台風で屋根の板金が剥がれ、借主の方から困っているとのご報告があったそうです。

泉佐野市で足場を設置

泉佐野市で台風被害に遭った屋根の修理を行いました。I様邸は木造2階建ての住宅で、屋根にはセメント瓦を葺いています。屋根面に桟を打ち付けて、そこに瓦をビス留めして葺く工法になります。2年前の台風で袖瓦(屋根の流れの一番端に葺く瓦)と棟巴(棟の...........

泉佐野市の台風被害のご相談

泉佐野市にお住いのI様より「2年前の台風で屋根に被害があり、雨漏りしてないんですが、状況を見て修理してほしいんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。台風の後に、近所に来ていた業者に依頼して応急処置をしてもらい、修理の見積もりを...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747