オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岸和田市の台風でめくれた丸瓦の積み直しと漆喰壁などの塗り替え


工事のきっかけ

平成30年の台風で屋根の瓦がめくれてしまい、被害が少なく雨漏りもしていないことからそのままの状態で様子を見られていましたが、「いつまでもこのままではいけない」と、街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただき、工事に至ります。火災保険にご加入されていたことから、屋根の被害に加えて外壁の漆喰や聚楽が剥がれている箇所も申請し、適応されての工事です。ズレた瓦とその周辺の瓦を葺き直し、漆喰の詰め直しや剥がれた外壁の塗り直しも行い、外観もきれいになりました!

岸和田市 屋根補修工事,漆喰詰め増し,火災保険,台風

ビフォーアフター

before
岸和田市の丸瓦が飛散しています
horizontal
after
岸和田市の丸瓦修理完了

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事,漆喰詰め増し,火災保険,台風
施工期間
約15日間
使用材料
漆喰・聚楽・シーリング等
施工内容その他
築年数
築約65年
保証年数
2年
工事費用
約79万円(税込み)足場代、漆喰及び聚楽壁塗替え費含む
建坪
約42坪
ハウスメーカー
岸和田市の台風被害に遭った屋根の修理です。A様邸は木造2階建ての土葺きの瓦屋根です。台風の強風で風切丸の丸瓦の一部がめくれ上がってしまいました。風切丸とは切妻屋根の妻側(雨樋が付いていない面の端)に葺く丸瓦の長い列のことで、台風や強い風が吹いた時に、屋根の端から瓦が飛散しないように風の力を分散させるためのものです。また、風切丸の下に葺いていた面戸瓦もほとんどが無くなっていたので、黒い漆喰で代用し、復旧しました。また、鬼瓦の取り合いの漆喰も剥がれていたのでシーリングでしっかりと固定・補強させていただきました。 

台風の被害状況

岸和田市の丸瓦が飛散しています
A様より「瓦が何枚か飛んでしまっているんです」とお話があった部分です。風切丸の丸瓦が数枚めくれていました。
台風後、他業者に相談されたそうですが、どこも忙しくて対応してくれず、雨漏りもしていないのでそのまま様子を見られていたそうですが、いつまでもこのままではいけない、と街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。
岸和田市の風切丸
風切丸とは切妻屋根の妻側(雨樋が付いていない三角の面)の端に棟から軒先にかけて葺いた丸瓦の列のことです。A様邸は風切丸が2列並んだ形状です。
上記でお伝えしましたが、風切丸は強風で屋根の端から瓦が飛散するのを防ぐために、風を分散させるためのものです。また、意匠性の意味合いもあります。
この工事では飛散した部分とその周辺の丸瓦を積み直します。
fade7fdff667eb99a80316e07a7e6890-2-columns2
風切丸の頂部は棟(屋根の頂点の水平部)と合流しており、立派な鬼瓦が葺かれていました。
飛散した丸瓦部もそうですが、面戸瓦が剥がれて下地の葺き土が流れている状態でした。
面戸瓦は瓦の隙間を覆う形状になっていて、葺き土が直接雨水にあたるの防ぐ役割があります。面戸瓦の代わりに漆喰が詰められている住宅もたくさんありますが、どちらも雨水が内部に浸入するのを抑える効果があります。
A様邸はほとんどの面戸瓦が無くなっている状態でしたので、漆喰で復旧させていただくことになりました。
岸和田市の鬼瓦の取り合いの漆喰が剥がれています
A様邸には大きくて立派な鬼瓦が葺かれています。
鬼瓦は重量があるため、落下しないように銅線を通して固定されており、棟の取り合いの隙間には漆喰を詰めているのですが、その漆喰が剥がれている状態でした。
このまま放置し続けると、隙間から雨水が浸入し、内部に雨漏りする可能性があります。
今回は漆喰での補修ではなく、しっかりと補強できるシーリングを用いることになりました。
岸和田市の冠瓦のおさまりが悪くなっています
この部分は台風の被害箇所ではありませんが、降り棟(軒先方向に向かって降りる棟)の冠瓦のおさまりが悪い箇所がありました。
通常は、冠瓦の端に紐(突起)が付いており、そこが瓦の重ね代になっています。その形状により雨水が入りにくくなっているのですが、一枚だけ紐が無い瓦を使用し、継ぎ目にシーリングを充填して繋いでいました。今は問題ないかもしれませんが、シーリングが傷んで割れてくるとそこから雨水が浸入しますし、見た目も気になるところです。
この工事で、新しい瓦をご用意し、差し替えることになりました。
岸和田市の矢切の聚楽壁
外壁の聚楽壁や漆喰壁にも被害がありました。

写真は「矢切」と呼ばれる、切妻屋根の妻側の屋根の下です。ここは黒い聚楽を塗って仕上げられていましたが、台風の強風でほとんどが剥がれ落ちてしまいました。

矢切の仕上げは様々で、漆喰を塗っている場合もあります。
A様邸は黒い聚楽壁でしたので、このように剥がれてしまうととても目立ってしまいます。
岸和田市の聚楽壁が剥がれています
2階部分の外壁にも黒い聚楽を塗っていましたが、強風に晒されて部分的に剥がれてしまいました。
岸和田市で強風で漆喰壁が剥がれました
1階の外壁には白い漆喰を塗っていましたが、ほとんどが剥がれている状態です。
火災保険にご加入されている場合、漆喰や聚楽壁が台風時に剥がれたと判断されると適応されますが、経年劣化によるものだと判断されると適応されません。A様邸は火災保険にご加入されており、適応されましたので、この工事で被害箇所を塗り替えることになりました。

足場設置状況

岸和田市で足場設置
工事で使用する仮設足場を設置しました。
足場は、工事箇所の位置や範囲、工事の内容によってどのように設置するか決定します。
A様邸は道路側の妻側に作業範囲が集中していましたので、この面の端から端まで足場を設置させていただきました。
岸和田市で足場を設置
足場を設置し、周囲にメッシュシートを張りました。
足場は職人が安全に作業し、品質のいい工事を行うために必要になることが多いです。「足場なしで工事できないですか?」とよくご質問をいただきますが、屋根の上は下から見るよりも勾配がきつく、その上で作業するのは危険が伴いますので、安全を確保するためにもご了承いただけると幸いです。

風雨災害に伴う各所修復工事の様子

岸和田市の丸瓦をめくって積み直します!
飛散した風切丸部の丸瓦の積み直しです。

台風の強風でめくれ上がった丸瓦とその周辺の動いている瓦をめくって乾いた葺き土も取り除いてきちんと積み直します。
丸瓦をめくると、袖瓦(屋根の妻側の端の瓦)と桟瓦(屋根面で使用する瓦)との取り合い部が露になります。
岸和田市の既存の葺き土を湿らせます
霧吹きで水をかけて既存の葺き土を湿らせます。
屋根の葺き土は経年で乾燥してきますので、新しくのせる葺き土の水分が吸収されるのを抑えるために前もって湿らせておきます。また、既存の葺き土を湿らせることで、上にのせる葺き土とも馴染みやすくなります。
岸和田市の屋根に葺き土を載せます
次に、よく練り合わせた葺き土を袖瓦と桟瓦の取り合いに詰めていきます。その上にも葺き土をこんもりと載せていきます。
岸和田市で丸瓦を密着させて葺きます
葺き土に丸瓦を密着させて軒先から順に葺いていきます。
葺き土が少なすぎると丸瓦との間に隙間ができてしっかりと固定できませんので、多めに載せて後から余分な葺き土を取り除いて整えます。
岸和田市の風切丸部の丸瓦の修復と面戸漆喰の施工をし飛散した瓦を修復 お客様の声
丸瓦の端が揃うように、木の定木をあてて整えます。
丸瓦の列は下から見ると目立ちますので、端が不揃いになると見た目に悪影響を与えてしまいます。
屋根の瓦はただ並べるといいという訳ではなく、美しく見えるように葺かれています。
岸和田市の丸瓦の下に漆喰を詰めます
丸瓦の下には面戸瓦という瓦を葺いていましたが、ほとんどが無くなっている状態でした。
この工事では面戸瓦を使用せず、黒い漆喰を代用して復旧させていただきます。
面戸瓦も漆喰も、雨水が内部に浸入するのを抑えて、葺き土が直接雨水にあたるのを防止する役割があります。
岸和田市の面戸瓦の代わりに漆喰を詰めます
写真の手前にあるのが屋根に残っていた面戸瓦です。
お椀のような形状で、棟の下の隙間に葺かれています。
面戸瓦と差が出ないように、黒い漆喰を詰めて仕上げました。
岸和田市の丸瓦の反対側にも漆喰を詰めます
2列並んだ風切丸との間には桟瓦が葺かれており、雨水が流れる経路になっています。雨の量が多い日に、丸瓦の葺き土が雨水で削られないように漆喰を詰めさせていただきました。
岸和田市の葺き土が流れています
風切丸の頂部で鬼瓦の下に葺かれていた面戸瓦も飛散し、下地の葺き土が流れていました。乾燥した葺き土を取り除いて新しい葺き土を詰めます。
岸和田市の鬼瓦の取り合いを葺き土で整えました
新しい葺き土を詰めて表面を整えました。このままではまた土が流れますので、漆喰を詰めて仕上げます。
岸和田市の鬼瓦の取り合いに漆喰を詰めました
流れた葺き土を掘りだし、新しい葺き土で整え、表面に黒い漆喰を詰めて仕上げました。これで葺き土が保護されますし、雨水が染み込みにくくなります。
鬼瓦の取り合いの隙間にもシーリングを充填して固定・防水させていただきました。
岸和田市の鬼瓦の取り合いもシーリングで固定
鬼瓦と棟瓦(屋根の頂点の水平部に葺く瓦)との取り合いには漆喰が詰められていましたが、台風ですべて剥がれてしまったので、今回はシーリングを充填して固定・防水しました。屋根で使用したシーリングは瓦専用のシーリングです。
岸和田市の冠瓦のおさまりが悪くなっています
風雨被害ではないですが、降り棟の一部の瓦のおさまりが悪くなっていた箇所も修理します。
棟の一番上に葺いている冠瓦が1枚、紐(突起)が付いていない状態で、継ぎ目にシーリングを充填して固定されていました。この冠瓦は紐部分が瓦同士の重なり代で雨水が浸入しにくい形状になっている為、紐が無いと継ぎ目から雨水が入ってしまいます。シーリングで継ぎ目を塞いでいますがシーリングが劣化すると防止性が低下しますので、紐が付いた冠瓦に差し替えます。
岸和田市の降り棟に葺き土を載せます!
おさまりが悪くなっている冠瓦2枚をめくり、新しい葺き土を載せて瓦を固定します。
A様邸の降り棟はのし瓦(平らで四角い瓦)を6段積み上げている豪華な棟です。大棟(一番高い屋根の棟)はのし瓦が9段積まれています。棟を高く積み上げる方が豪華で立派に見え、棟から雨水が内部に浸入しにくいのですが、高ければ高い分、風や揺れの影響を受けやすくなってしまいます。
岸和田市の瓦をシーリングで補強
紐が付いた冠瓦に差し替えて固定しました。冠瓦の飛散を防止するために、シーリングを充填して修理完了です!
岸和田市の丸瓦修理完了
台風被害に遭った風切丸の丸瓦の積み直し及び漆喰の詰め直しも完了しました。
真っすぐ整えられた風切丸は美しいですね。

「雨漏りはしていなかったのですが、屋根を見上げるたびに瓦がめくれているのが気になっていたので、修理して安心しました。外壁の剥がれも火災保険が適応される可能性があるなんて知らなかったので、この機会に修理できて良かったです」

A様のお力になれてスタッフ一同嬉しく思っています。屋根のことですので、今後は何か異変を感じることがございましたらすぐに駆け付けますのでいつでもご連絡ください。

【工事完了後】

岸和田市の風切丸部の丸瓦の修復と面戸漆喰の施工をし飛散した瓦を修復 お客様の声
台風の強風で剥がれた矢切の聚楽も屋根修理と同時に左官職人によりきれいに塗り替えました。
剥がれてきていた既存の聚楽をできるだけきれいに落とし、下塗り・中塗り・上塗りで仕上げています。この部分は道路側からよく見えますので、美しくなり良かったです。
岸和田市の漆喰壁もきれいです
1階の外壁に塗られていた漆喰壁も台風時にほとんどが剥がれてしまい、下地の土壁が露になっていました。新しい漆喰に塗り替えて、真っ白な壁が蘇りました。土壁が雨風で削れてくると、塗り替えの際に下地を整える費用が掛かってしまいますので、早めに修理しましょう。
岸和田市の聚楽塗り替え完了
2階の外壁にも矢切と同じ黒い聚楽を塗っていましたが、やはり台風の強風で剥がれてしまいました。部分的に補修することも可能ですが、新旧の差が出てしまいますので、端から端まで塗り替えさせていただきました。屋根、外壁ともに美しくなり本当に良かったです。
ありがとうございました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

和泉市のガレージの割れた波型スレート(大波)を部分的に交換!

和泉市のガレージの屋根破損状況
和泉市のガレージの屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
倉庫
使用素材
波型スレート(大波)・傘釘・角棟役物
築年数
約25年
建坪
約10坪
保証
2年
工事費用
約6万円
施工事例

和泉市の台風被害に遭った瓦屋根を修理して自然災害に備えました

和泉市の台風被害に遭った屋根
和泉市の台風被害に遭った屋根の修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
葺き土・釉薬瓦・銅線・シーリング・漆喰
築年数
約32年
建坪
約16坪
保証
2年
工事費用
約56万円(税込・足場代含む)
施工事例

阪南市の屋根のスレートが強風で飛ばされ修理工事を行いました!

阪南市の強風で剥がれたスレート
阪南市の強風で剥がれたスレートを差替え
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ケイミュー株式会社/化粧スレート・コーキング
築年数
約13年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約3.5万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のベランダ防水でウレタン防水を施工し雨漏りが止まりました

岸和田市のベランダ防水前
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ウレタン防水材・カチオンフィラー・プライマー・シリング・トップコート
築年数
約42年
建坪
約17坪
保証
2年
工事費用
約14.7万円(税込み)
施工事例

岸和田市で勝手口に木製の庇を設置!屋根は波板で仕上げました!

岸和田市の勝手口
岸和田市の勝手口の前に庇を取付け
工事内容
その他の工事
使用素材
下地材木・ポリカ波板・木下地用波板ビス・キシラデコール・塩ビ雨樋
築年数
約60年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約9.3万円(税込)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理で窓周りと庇のシーリングを打ち替え!

岸和田市の庇の取り合いのシーリングが劣化
岸和田市の庇の取り合いのシーリングを打ち替え
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プライマー
築年数
約36年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・7.7万円 雨漏り修理・・13.6万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の屋根の瓦が軒先方向にズレています

貝塚市にお住まいの方で雨が降ると天井裏から「ポタポタ」という雨音が聞こえてきて心配されている方はいますか?貝塚市にお住いのF様より「雨が降ると、天井裏からポタン・ポタンという雨の音が聞こえてくるんです」というご相談をいただいたので早速雨漏り...........

熊取町・パネルが飛ばされる理由は

熊取町の皆さまこんにちは!ベランダに設置している屋根のパネルや波板が飛ばされてお困りの方はいませんか?「強風が吹くたびに毎回飛ばされるのでどうにかしてほしい!」というご相談をよくいただきます。この記事では、熊取町にお住いのN様よりご相談をい...........

土葺きの屋根

和泉市の皆さまこんにちは!前回の現場ブログで和泉市K様邸の台風の被害を受けたモニエル瓦葺きの屋根の修理をお伝えしました。引き続き、下屋(1階の屋根)の修理の様子をご紹介したいと思います!

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747