オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岸和田市の雨漏りの原因を散水試験で特定!外壁のビス穴でした!


工事のきっかけ

岸和田市で行った雨漏り修理の施工事例です。

「1階リビングの天井に埋め込まれているダウンライトの周りからポタポタと雨水が落ちてくるんです」とのご相談で、雨漏り調査及び水かけ試験を行うと、外壁から雨水が浸入していることが分かりました。

給湯器を取付けている外壁に、ビスの穴がむき出しになっている箇所があり、そこから雨水が入っていました!

この施工事例では、雨漏りの散水試験の様子から修理までの様子をご紹介します!

岸和田市 雨漏り修理

ビフォーアフター

before
岸和田市の外壁のビス穴がむき出しです!
horizontal
after
岸和田市の外壁に樹脂モルタルを詰めました

工事基本情報

施工内容
雨漏り修理
施工期間
2日間
使用材料
エポキシ樹脂モルタル
施工内容その他
築年数
約27年
保証年数
1年
工事費用
雨漏り修理費用・・約2.5万円 散水試験・・約3.3万円(すべて税込み)
建坪
約20坪
ハウスメーカー
岸和田市の皆さまこんにちは!

街の屋根やさん岸和田店の小南です。

皆さまは「雨が降った時に急に天井から雨水が落ちてきて驚いた・・・!」という経験はありませんか?

雨漏りは、何の前振れもなく発生するので驚かれる方がほとんどだと思います。

目に見えるところに雨漏りするとすぐに気づくことができるのですが、
中には天井裏や普段あまり開けることが無い収納の中でも発生することがあります。
また、壁の中で雨漏りして知らない間に木部が腐食した事例もあります!

雨水は建物にとっていい影響を与えないので、雨漏りしたら必ず修理が必要です!

今回は雨漏りでお困りだった岸和田市のT様邸の雨漏り修理の施工事例を参考に、
雨漏りについてお話したいと思います。


雨漏りを修理しないままでいるとどうなるの??

岸和田市・雨漏り
雨漏りと聞くと、屋根が原因だというイメージが強いかもしれませんが、
雨水は外壁やベランダ、バルコニー、窓周りなどの開口部からも浸入します。

お部屋の天井など、普段から目につきやすい箇所で雨漏りすると
すぐに気づくことができるので早急に対応できますが、屋根裏などの見えない部分で
じわじわと雨漏りしていると気づかないことがあります。

街の屋根やさん岸和田店・雨漏りについて
雨漏りを修理せず長い間放置し続けると、建物の重要な木部が腐食して、強度が低下したり、カビが発生して健康に害を与えることもあります。
また、木部が濡れて湿気がこもることで白蟻の被害に発展することも・・・!

雨漏りを修理しないままでいると被害がどんどん拡大し、その分修理費用がかさんでしまいますので、早急な対応をお勧めします!!



台風や地震などの自然災害が原因で雨漏りした場合、火災保険を適用できる場合があります!
(ご加入されている内容によって異なります)
  火災保険についてのお勧め記事   ➡ 火災保険の補償対象などを詳しくご紹介! 


自然災害による被害が増加する中、保険活用リフォームのトラブルにご注意下さい!
  保険活用リフォームついてのお勧めの記事   ➡ 悪質業者に騙されず火災保険を正しく利用するために!

それでは、岸和田市T様邸の1階リビングの天井に発生した雨漏りの調査と水かけ試験、雨漏り修理の様子をご覧下さい!

岸和田市でダウンライトの縁から雨漏り
  雨漏り調査の様子  

岸和田市T様邸は重量鉄骨造の2階建ての住宅です。

1階のリビングの天井に埋め込まれているダウンライト(照明器具)の枠から
雨水がポタポタと落ちてきたというご相談をいただきました。

雨漏りしているのが1階の天井なので、それよりも上の箇所で雨漏りの原因があります。


岸和田市の天井の照明器具の隙間から雨漏り発生
雨水は雨漏り箇所の真上から浸入しているとは限りません。

雨水は建物の梁や柱、電気の配線などを伝って表に出てくることがあるので、雨水が浸入している箇所が離れていることも念頭に入れて調査をしないといけません。

☆ 街の屋根やさん岸和田店では、雨漏りの性質をよく理解し、様々なケースの現場経験がある担当の者が調査を行いますのでご安心ください!

岸和田市のダウンライトを外して天井板を一部カット
雨漏りの原因を調査するため、ダウンライトを仮に外して内部を見ましたが、
周囲の様子を詳しく確認するため天井の一部をカットしました。

T様邸は、雨漏りしているお部屋の天井と壁のクロスを貼り替えることになっていたので
この方法を取りましたが、通常は室内を傷めての調査は行いません。

この後、真上にあるベランダで「散水試験」を行いました。


散水試験とは??

街の屋根やさん岸和田店の散水試験
散水試験とは、字の通り水をかけて漏水箇所を特定する調査のことです。

漏水箇所を特定することで、無駄な工事を省くことができます。※場合によっては散水試験を行っても漏水しないことがあります。

雨漏りの原因をつきとめるために散水試験を行うことができます!(別途費用が必要です)
  散水試験についてのお勧めの記事   ➡ 散水試験で漏水個所を特定します!

岸和田市のベランダの床にひび割れがあります
雨漏りしている1階リビングの上にあるベランダです。

ベランダは外部に設置されているので、必ず防水処置されていますが、経年で必ず傷んできます。

ベランダからの雨漏りの事例はとても多いですし、2階の天井には雨漏りの形跡が無かったので、ベランダで散水試験を行うことになりました。

岸和田市の雨漏りで水をかけて調査します!
まず最初に、雨漏りの原因の可能性が高いベランダの床に水をかけて調査を行いました。

散水試験はただやみくもに水を掛ければいいという訳ではありません。

雨漏り時の状況のお話をお聞きし、雨漏り箇所や天井裏などを確認したうえで、水をかける向きや順番、長さを図り調査を進めます。

岸和田市のベランダの配管をとめている金具が緩んでいます
T様邸はベランダの床にキッチンの給水管などの配管が通っています。
その配管の一部が金具により床で固定されていて、ビスが緩んでいました。

ビスはベランダの床に刺さっている状態なので、雨水がビスを伝って内部に浸入することがあります!また、ビスが緩んでいるとその隙間から水が入りやすくなってしまいます。

こういった部分がいくつかあったので、重点的に水をかけて調査しました。


岸和田市の雨漏りの水かけ調査
ベランダの床や、配管を固定しているビス、また、サッシ回りなどに
水をかけて確認しましたが漏水しませんでした。

散水試験では、すぐに漏水することもありますし、
長時間にわたり水をかけても漏水しないこともあります。

雨水は、その時の雨の量や風の向きによって発生する時と
しない時があるので、特定するのが難しいのです。


T様邸でも、一番怪しいベランダの床に対してあらゆる向きから
水を掛けましたが漏水しませんでした。

次に怪しい箇所は、ベランダの取り合いの外壁です。

雨漏り箇所とは少し離れていますが、ひとつひとつ原因を探っていくしかありません!

岸和田市の雨の浸入経路
ベランダには屋根がありますし、外壁側には雨水が直接あたることは少ないですが「台風の時に雨漏りした」というお話でしたので、可能性はゼロではありません。

風を伴う雨の場合は、普段はあたらない箇所に雨水があたってしまいます。

まずは、黄色い点線部分の外壁に水をかけて調査しました。

岸和田市の外壁のビス穴がむき出しです!
黄色い点線部分の壁には給湯器が取り付けられていて、ビスを外した後の穴がむき出しになっている箇所がありました。

⚠ この穴はとても怪しいです!!

外壁に向かって何かを取付ける時には、ビス頭から雨水が浸入しないようにシーリング(弾力のある防水材)を充填してからビス留めするほどデリケートな部分です。

このように、外壁にあいた小さな穴からも雨水が入ることがあります!

岸和田市の散水試験で漏水!
  外壁に水をかけると天井裏で漏水しました!!  

水をかけた外壁は雨漏りしている天井から少し離れていますが、雨水が確実に浸入していました!

梁部分を伝ってきた雨水がダウンライトの配線を伝い、部屋内に出てきている状態です。

雨水は、建物のあらゆる箇所を伝ってくるので、必ずしも雨漏り箇所の真上に
原因があるとは言えないことが立証されました。


岸和田市の外壁に樹脂モルタルを詰めました
雨漏りの原因が特定できたので、あとはきちんと防水するだけです!

ベランダには屋根がありますし、通常時の雨なら外壁に雨水があたることはほとんどありません。

ですが穴があいたままだと、また雨漏りしてしまいます!

雨漏りを止めるために、外壁のビス穴に樹脂モルタルを詰めてしっかりと防水しました。

樹脂モルタルとは・・セメントモルタルと合成樹脂を混ぜ合わせた強度のある補修材のこと

岸和田市のクロス張替
   雨漏り修理を行った後、リビングのクロスを貼り替えました。  

雨漏りが止まっているか確認できていないうちにクロスを貼り替えると、
万が一雨漏りしたらせっかくのクロスを台無しにしてしまいます。
そのため、雨が降った時に確認してから内装の工事をすることがほとんどです。

今回は、事前の散水試験で雨漏りの原因を特定できたので、内装の工事もスムーズに終えることができました。


岸和田市T様邸の各工程ごとの現場ブログは下記のリンクよりご覧になって下さい!

雨漏り修理は街の屋根やさん岸和田店へ!

  雨漏りでお困りの方はいませんか? 
 
街の屋根やさん岸和田店は雨漏り修理の実績が数多くあります!

様々なケースの現場経験がある担当の者がお伺いしてきちんと調査をさせていただきますのでご安心ください。



◆◆ ご相談・点検・お見積りは無料です!どんな小さなことでも構いません ◆◆
↓↓↓↓

お電話でのご相談(9時~19時まで受け付け中!) 0120-169-747(フリーダイヤル)

メールでのご相談(24時間受付中!) お話が苦手な方はこちらから

オンラインでのご提案(コロナが心配な方へ・・!) オンラインで無料点検!
街の屋根やさん・雨戸について



街の屋根やさん岸和田店は
【新型コロナウィルス対策】
を実施しています!

  新型コロナウィルス対策についての記事   ➡ 新型コロナウィルスで、相談をどうしようか迷っている方へ

【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理で窓周りと庇のシーリングを打ち替え!

岸和田市の庇の取り合いのシーリングが劣化
岸和田市の庇の取り合いのシーリングを打ち替え
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プライマー
築年数
約36年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・7.7万円 雨漏り修理・・13.6万円
施工事例

泉佐野市の陸屋根のドレン周りから雨水が浸入!応急処置しました!

泉佐野市のドレン補修前
泉佐野市のドレン補修後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シールプライマー、シーリング
築年数
約30年
建坪
約32坪
保証
なし
工事費用
施工事例

泉佐野市の雨漏り修理でパラペットの笠木を交換しました!

泉佐野市の台風で剥がれた笠木
泉佐野市の台風で剥がれた笠木の交換
工事内容
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板 シーリング
築年数
約30年
建坪
約32坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・約16万円 笠木交換費用・・11.2万円(それぞれ税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理で窓周りと庇のシーリングを打ち替え!

岸和田市の庇の取り合いのシーリングが劣化
岸和田市の庇の取り合いのシーリングを打ち替え
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プライマー
築年数
約36年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・7.7万円 雨漏り修理・・13.6万円
施工事例

岸和田市の台風で飛ばされた屋根の棟板金を修理しました!

岸和田市の棟板金が飛散しました!
岸和田市の飛散した棟板金を復旧
工事内容
棟板金交換
台風
使用素材
杉貫板・ガルバリウム鋼板製棟板金
築年数
約38年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約7.5万円(税込み)
施工事例

岸和田市の金属屋根の笠木が剥がれてガルバリウム鋼板に葺き替え!

岸和田市の台風で飛散した笠木
岸和田市の台風で飛散した笠木を交換
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・構造用合板・アスファルトルーフィング・シーリング・ジプトーン
築年数
約56年
建坪
約42坪
保証
5年
工事費用
約40万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉大津市の樋掃除・雨樋が詰まるとどうなるの

泉佐野市の皆さまこんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。雨樋から水が溢れてお困りの方はいませんか?雨樋から雨水が溢れてバシャバシャと大きな音をたてて気になっている方もいるかもしれません。雨樋から水が溢れる主な原因は「雨樋の詰まり」「雨...........

貝塚市の家事室で雨漏りしているとのご相談

貝塚市にお住いのO様より「雨漏りか水漏れか分からないんですが、1階のところから水が出てくるんです」というご相談をいただき現地調査にお伺いしました。雨漏り、水漏れ、どちらにしても天井から水がポタポタ落ちてくると気持ちがいいものではありません。...........

泉大津市の瓦を復旧して全体的に固定しないといけません

泉大津市の皆様こんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。最近、地震が頻繁に発生しているのでとても心配ですね・・・。台風はある程度予測がつくので事前に備えることができますが、地震は突発的に起こるので本当に恐ろしいです。「台風」や「地震」「...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747