オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市で台風で瓦が大量に落ちて在庫の瓦で応急処置されていました


岸和田市にお住いのN様より「台風で屋根の瓦が落ちて、保管していた瓦で知り合いの業者に応急処置してもらったんですが、固定はできていないんです」とのご相談があり、現地調査にお伺いしました。
岸和田市の瓦が落下したとのご相談
岸和田市の屋根をシートで養生されています
N様邸の屋根は青い釉薬瓦(瓦の表面に釉薬という上薬をかけて焼いた瓦)で、台風の強風で瓦が大量に飛散してしまいました。在庫で瓦を保管されており、その瓦を飛散した部分に並べて、その上にシートをかけて応急処置されていました。
土葺きの屋根は下地に粘度のある土を敷いて瓦を固定していますが、土が乾燥して痩せてくると瓦がズレやすくなってしまいます。N様邸は瓦を並べただけですので、固定しないとまた飛散してしまいますので、固定をご希望でした。
岸和田市の屋根に足場を設置
N様邸は火災保険に加入されておらず、修理費用すべてを自費で賄わないといけません。できるだけ予算を抑えたいところですが、次の台風でまた瓦が飛散してしまうと元も子もありません。屋根を応急処置しているシートをめくり、動いている瓦を仮撤去し、新しい葺き土を足して固定、そしてズレている瓦を戻して屋根全体の瓦をコーキングを用いて固定するご提案をさせていただきました。
作業用の足場は部分的に設置しました。
岸和田市の屋根瓦が割れている瓦もありました
応急処置のシートをめくると、瓦が割れている箇所もいくつかありました。
屋根面の瓦が割れると、雨水が流れてきた時に割れた部分から雨水が浸入して雨漏りすることがあります。そのため、すべて差し替えさせていただきます。
N様邸は、在庫で瓦を保管されていたので、その瓦を使用して屋根修理を行います。
岸和田市の屋根の瓦が応急処置で瓦を並べただけなのでズレています
応急処置のシートの下には、瓦が揃っていましたが、飛散した箇所に在庫の瓦を並べただけですので、ズレが生じて隙間が空いていました。
屋根修理ではズレた瓦を戻してからコーキングで瓦同士を繋いでしっかりと固定させていただきます。
岸和田市の鬼瓦のコーキングが切れています
棟の端に施工されている鬼瓦の取り合いのコーキングが切れていました。
鬼瓦の取り合いなどには漆喰を詰めていることがほとんどですが、一度漆喰が剥がれたのかコーキングで処置されていました。そのコーキングも傷んで切れている状態でした。
岸和田市の鬼瓦の取り合いに隙間が空いています
鬼瓦の先にある巴瓦との取り合いにも通常は漆喰が詰められていますが、漆喰が剥がれて大きく隙間が空いていました。

修理の際は、既存の仕様と同じコーキングで修復させていただきます。
岸和田市の屋根のモルタル面戸が剥がれています
下屋(下の屋根)にも被害がありました。
モルタルの面戸(隙間を埋めるもの)がポロポロと剥がれてきていました。棟の面戸には漆喰を使用していることが多いのですが、このようにモルタル面戸の住宅もあります。
この面戸が剥がれると、中に控えている葺き土が露になり、雨水を受けて流れる可能性があります。また、棟の中に雨水が廻って雨漏りすることもあります。
岸和田市の谷樋のモルタル面戸が剥がれています
谷樋(屋根の谷部分の雨樋)の際のモルタルも剥がれてきていました。

谷樋は二つの屋根に落ちた雨水が集中する箇所ですので、雨漏りの原因になる事例が多発しています。際の漆喰やモルタルが剥がれると、雨の量が多い時に下地の土が一緒に流れたり、雨水が谷樋を超えて雨漏りしてしまいます。
N様邸の風雨被害箇所の修復は、割れた瓦を差替えて、飛散して動いている瓦は葺き土を用いて固定し、瓦のズレを戻してからコーキングで瓦同士を繋いで固定、鬼瓦の取り合いなどのコーキングも打ち替えて、剥がれているモルタル面戸も復旧します。

土葺きの屋根では、瓦を差し込むだけでは固定力が弱く、強風などでまた動く可能性があるため、新しい葺き土を使用するなど、必ず固定しましょう。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市のセメント瓦がズレて雨漏りが発生!瓦をシーリングで復旧

岸和田市のセメント瓦がズレています
岸和田市のズレたセメント瓦を固定
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
シーリング・漆喰
築年数
築約25年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約45万円(税込み・足場費用・カーポートパネル仮撤去及び復旧含む)
施工事例

貝塚市の3階建ての住宅の屋根にガルバリウム鋼板の棟板金を取付

貝塚市の棟板金が飛散
貝塚市の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
貫板・ガルバリウム鋼板・シーリング・ポリカ波板
築年数
築約30年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
棟板金・貫板交換工事・約58万円(税込み)足場費用含む テラス波板張替え及び樋交換工事・約12万円(税込み)
施工事例

岸和田市の台風でめくれた丸瓦の積み直しと漆喰壁などの塗り替え

岸和田市の丸瓦が飛散しています
岸和田市の丸瓦修理完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
火災保険
台風
使用素材
漆喰・聚楽・シーリング等
築年数
築約65年
建坪
約42坪
保証
2年
工事費用
約79万円(税込み)足場代、漆喰及び聚楽壁塗替え費含む

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の穴があいていた銅板の屋根をガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市の傷んだ銅板晒し葺きの屋根
岸和田市の銅板屋根の葺き替え完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板・ゴムアスルーフィング・塩ビ雨樋
築年数
約45年
建坪
約30坪(平屋建て部のみ)
保証
7年
工事費用
約57万円(税込み)
施工事例

岸和田市のセメント瓦がズレて雨漏りが発生!瓦をシーリングで復旧

岸和田市のセメント瓦がズレています
岸和田市のズレたセメント瓦を固定
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
シーリング・漆喰
築年数
築約25年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約45万円(税込み・足場費用・カーポートパネル仮撤去及び復旧含む)
施工事例

岸和田市の台風でめくれた丸瓦の積み直しと漆喰壁などの塗り替え

岸和田市の丸瓦が飛散しています
岸和田市の丸瓦修理完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
火災保険
台風
使用素材
漆喰・聚楽・シーリング等
築年数
築約65年
建坪
約42坪
保証
2年
工事費用
約79万円(税込み)足場代、漆喰及び聚楽壁塗替え費含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の板金が飛散し貫板も割れています

岸和田市の棟板金と貫板の交換工事です。台風で棟板金と貫板が飛散し、スレート(平らな板状の屋根材)も一部剥がれてしまいました。棟は屋根の上部の三角になった取り合い部のことで、二つの屋根面との隙間ができる箇所です。その隙間を埋めて屋根の仕舞をす...........

岸和田市の台風被害と雨漏りのご相談

岸和田市にお住いのK様より「2年前の台風被害の修理をしたいんです。屋根の他にも色々修繕しないといけないところがあるんですが、屋根以外のことでもお願いできますか?」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。街の屋根やさん岸和田店は住まいのこと...........

泉大津市の棟板金が飛散しています

泉大津市の台風被害に遭った屋根の修理です。Y様邸は屋根にスレート(平型の薄い屋根材)を葺いていて、棟に取り付けている板金が台風の強風で飛散してしまいました。また、下地の貫板も割れたり飛ばされている箇所があったのでこの工事で交換することになり...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747