オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岸和田市の瓦が割れて雨漏りしていた屋根の修理工事を行いました


岸和田市の瓦屋根の修理です。台風で瓦が飛散したり割れる被害があり、お部屋の中に雨漏りしてしまいました。
台風後、数社の業者に応急処置や修理の依頼をされたそうですが、どこの業者も忙しくてなかなか来てくれず、街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。大屋根(一番高い屋根)、下屋ともに瓦がめくれたり割れたりしている状態で、飛散はしていなくても全体的に瓦がズレて隙間があいていました。この修理で割れた瓦を差替え、ズレを戻してシーリングでラバーロックしました。
岸和田市の地瓦が飛散し土も流れています
屋根の被害状況です。
こちらは大屋根の様子です。台風の強風を受けて瓦がめくれ上がり飛散していました。下地の葺き土も流れています。

屋根面の瓦は、雨水が流れる経路にあたる部分ですので、その瓦が割れたり飛散すると雨水が流れ込んで雨漏りする危険性があります。
岸和田市の軒先の瓦が割れています
軒先にも台風での飛散物がぶつかったのか、瓦が割れてグシャグシャになり、細かく砕けた瓦が雨樋の中に詰まっていました。
軒先の瓦に被害が遭っても部屋内に雨漏りすることはないですが、屋根の下地や軒裏に雨水が染み込んで木部を腐食させてしまう可能性があります。
岸和田市の袖瓦が飛散
袖瓦も飛散していました。
袖瓦は屋根の流れの一番端にあり、強風や地震の揺れを受けると瓦が下に落下しやすい箇所です。また、一番端にあることから、上に瓦が重ならないため被害に遭いやすい箇所と言えます。このことからこの工事では飛散した瓦を復旧し、今後のことを踏まえて1枚1枚ビス留めし、シーリングを充填してしっかりと固定させていただきます。
岸和田市の棟巴も飛散
袖瓦の一番上に葺いている棟巴という役物瓦も飛散していました。
棟とは屋根の頂点の水平部分のことで、その棟の端に葺いているのが棟巴です。
棟巴を復旧する際は、漆喰と銅線できちんと固定させていただきます。

岸和田市で足場を建てました
W様邸は屋根全体的に被害が点在していたので、家の全周に足場を設置しました。
足場は職人の安全を確保するとともに、屋根への上り下りや作業性を高めるためにも必要になることがほとんどです。
岸和田市で屋根の応急処置のシートを撤去します
現地調査にお伺いした時に、「雨漏りしてるので応急処置してほしい」とのことで、被害箇所に防水シートを貼って処置していたので、各所のシートを撤去して修理工事開始です。
工事が始まるまで、雨漏りすることなく守ってくれて感謝です。
岸和田市の割れた瓦を撤去して差し替えます
応急処置のシートを剥がすと、被害箇所が露になりました。
割れている瓦はすべて撤去します。
W様邸はこのように屋根のあちこちで瓦が割れたり飛散している為、雨漏り箇所も階段室の天井や、1階にある洗面所、トイレ、和室など広範囲に渡ってしまいました。
岸和田市の屋根の葺き土がほとんど流れています
葺き土がほとんど流れている箇所もありました。
土葺きの屋根は、土により瓦を固定しているので、土が乾燥したり痩せたり雨で流れると瓦の固定力が弱まり、ズレる原因になってしまいます。乾燥した葺き土をすべて入替えるとなると、瓦を一度めくって葺き直すことになりますのでかなりの費用がかかり現実的ではありません。ですので、ズレや飛散を防止するためにシーリングを用いて固定することが一般的です。
岸和田市の瓦のズレを戻します
W様邸の屋根は全体的に瓦がズレて隙間があいていました。
屋根面に隙間があくと、そこから雨水が浸入したり、隙間部分に強風が吹き込むと、瓦がめくれ上がってしまいます。
瓦のズレを戻して整えてから、シーリングを充填して瓦繋げて固定する「ラバーロック」を行います。
岸和田市の屋根に葺き土を足して瓦を復旧
割れた瓦を撤去し、流れて不足している葺き土を足して瓦を復旧します。
屋根の葺き土はたくさん敷けばいいという訳ではありません。周囲とのバランスを踏まえて瓦の高さや角度を調整しながら復旧します。特に既存の葺き土が残っている場合は、表面がデコボコしていますので、土を削ったり足したりして瓦をうまく収めないといけません。
岸和田市の瓦がきちんと納まるように調整します
瓦の復旧状況です。
ある程度葺き土を足して瓦をはめ込み、隙間なく動かず納まるか確認してから固定します。瓦が安定するまで調整します。
岸和田市の軒先瓦はビス留めします
軒先瓦は袖瓦と同様に、屋根の一番端にあることから風や地震の揺れの影響をまともに受けてしまいます。次の台風が上陸した時に落下しないように木下地に向かって1枚1枚ビスで固定させていただきました。
岸和田市の袖瓦もビス留めしました
袖瓦も復旧する際にすべてビス留めしたので安心です。
ビス頭から雨水が染み込まないようにパッキン付きの長いビスで固定しています。

台風では袖瓦や軒先瓦、棟瓦に被害があったとのご相談が数多くありましたので、修理の際は以前よりも耐久性が上がるように補強させていただいております。
岸和田市の棟巴も葺き土と銅線で固定
棟巴も葺き土を敷いて、太い銅線を通してきちんと固定しました。
棟巴は棟の端、袖瓦の一番上にのせて施工しますので、落下しないように銅線で固定されていることがほとんどです。
岸和田市の漆喰を詰めました
棟巴の下に乗せた葺き土が雨に直接あたらないように表面に漆喰を詰めました。
この漆喰は瓦の隙間を埋めるとともに、瓦を固定して葺き土を保護する役割があります。
鬼瓦の取り合いの漆喰も剥がれてきていたので、詰め直しました。
岸和田市の棟に銅線を二股に通して固定
続いて棟の補強です。
棟の四角いのし瓦が一部抜け落ちていたので復旧してから棟全体を補強しました。
棟は屋根面よりも高く積み上げられている為、強風や地震の揺れで崩れないように銅線を通して固定されています。W様邸の棟も固定されていましたが経年で切れている箇所がありました。既存の銅線よりも太い銅線を使用し、間から瓦が抜けないように瓦に対して銅線を二股に渡して固定しました。
岸和田市の棟にシーリングで瓦を繋いで補強
W様邸は屋根全体の葺き土が乾燥して痩せ、瓦が動きやすい状態でしたので、今後のことを踏まえてシーリングでラバーロックすることになりました。
ラバーロックとは屋根を補強する工法のことで、シーリングを瓦の継ぎ目に充填して瓦同士を繋いで固定しますので、重量が増し、動きにくくなります。また、瓦がバラバラに飛散するのも防ぐことができます。
岸和田市の屋根面の瓦もラバーロックしました
屋根面の瓦もラバーロックしました。
W様邸の屋根の上を歩くと「カタカタ」と瓦が動き不安定になっていました。この台風で屋根面の瓦がめくれ上がる被害にも遭いましたので、また同じようにめくれるのを防ぐためにこの方法をとりました。
屋根を修理する際は被害状況にもよりますが、足場代を含めると思った以上に費用が掛かります。ですが、せっかく足場を建てるなら、台風に備えてできる限りの対策をしたい、とお考えの方もおられるのではないでしょうか。街の屋根やさん岸和田店は、費用面も含めて修理方法や補強方法のご相談も承っておりますので、気になることがございましたらお気軽にご相談ください。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

貝塚市のカラーベストと棟包みが剥がれたので修理を行いました!

貝塚市の台風被害に遭った屋根
貝塚市の台風被害に遭った屋根の修理後
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
カラーベスト・グリシェイドグランデ・棟包み
築年数
約2年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・10.5万円 屋根修理費用・・16万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理で銅板晒し葺きの屋根の棟を修理しました

岸和田市の修理前の銅板屋根
岸和田市の修理後の銅板屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング
築年数
築35年
建坪
約50坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・19.8万円 屋根修理費用・・24.8万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市で強風で屋根のケラバ水切りが剥がれたので交換しました

岸和田市のケラバ水切りが貫板と一緒に飛散
岸和田市のケラバ水切りを復旧
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板製ケラバ水切り・下地
築年数
約23年
建坪
約23坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・14.8万円 屋根修理費用・・9.9万円(ともに税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の強風で剥がれた軒天井の撤去工事を行いました!

岸和田市の強風で外れた軒天
岸和田市の強風で外れた軒天を撤去
工事内容
破風板・軒天部分補修
台風
使用素材
梯子作業
築年数
築約32年
建坪
約22坪
保証
なし
工事費用
約4.8万円
施工事例

岸和田市の雨漏り修理で銅板晒し葺きの屋根の棟を修理しました

岸和田市の修理前の銅板屋根
岸和田市の修理後の銅板屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング
築年数
築35年
建坪
約50坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・19.8万円 屋根修理費用・・24.8万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市で強風で屋根のケラバ水切りが剥がれたので交換しました

岸和田市のケラバ水切りが貫板と一緒に飛散
岸和田市のケラバ水切りを復旧
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板製ケラバ水切り・下地
築年数
約23年
建坪
約23坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・14.8万円 屋根修理費用・・9.9万円(ともに税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町の土居のしの取り合いの漆喰の剥がれ

熊取町で壁際の漆喰詰め直し工事を行いました。漆喰は、瓦同士の隙間を埋めて防水し、瓦と瓦をくっつけたり、瓦を固定する役割があります。2階の窓から外を見た時に、下の屋根に剥がれた漆喰が落ちていたので、心配になってご相談をいただいたことがきっかけ...........

泉大津市の瓦を復旧して全体的に固定しないといけません

泉大津市の皆様こんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。最近、地震が頻繁に発生しているのでとても心配ですね・・・。台風はある程度予測がつくので事前に備えることができますが、地震は突発的に起こるので本当に恐ろしいです。「台風」や「地震」「...........

熊取町の屋根の漆喰の剥がれ

熊取町にお住いのY様より「漆喰の剥がれ」「漆喰の汚れ」のご相談があり、漆喰の詰め直し工事を行いました。屋根の漆喰(しっくい)は、葺き土の流出や雨水の浸入を防止したり、瓦を固定する重要な役割があります。しかし漆喰は、永久的ではなく、残念ながら...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747