忠岡町のシルバーの釉薬瓦の屋根修理で瓦をラバーロックしました


忠岡町の瓦屋根の修復工事のご紹介です。
K様邸はシルバーの釉薬瓦で、台風21号で袖瓦や軒先瓦、地瓦が飛散してしまいました。
土葺きの屋根は粘り気のある葺き土を下に敷いてそこに瓦を密着させて葺いています。そのため、経年で葺き土が乾燥して痩せたり、瓦の内側に入った雨水で流れたりすると瓦が動きやすくなってしまいます。被害に遭った瓦の下の土は痩せて少なくなっている状態でした。修復工事では新しい葺き土を載せて瓦を復旧します。
忠岡町で足場を設置しました
屋根の修復工事で使用する仮設足場を建てさせていただきました。
足場は屋根の修復箇所によって、一部のみ建てることも可能です。今回は、外壁のクラック(ひび割れ)の補修なども行いますので全周足場になりました。
忠岡町の地瓦も大量にめくれ上がっています
屋根の被害状況です。
地瓦が大量に飛散しています。他に袖瓦や軒先の瓦もめくれてしまいました。(※詳しい被害状況の様子は前回の記事をご覧になってください)
忠岡町のシルバーの釉薬瓦などを搬入
K様邸で使用する瓦や葺き土などを搬入しました。
K様邸の瓦はシルバーの釉薬瓦です。
和瓦(日本瓦)は、大きく分けると「釉薬瓦」「いぶし瓦」「無釉瓦」の3つです。釉薬瓦は焼き物で使用する絵具(釉薬)を塗布して作られており、耐水性を持たせるために瓦の表面にガラス質の釉薬の層を形成しています。
忠岡町の飛散した瓦を撤去します
K様邸は台風で雨漏りされたので、業者に依頼して屋根を仮養生していました。
工事の初めに養生のブルーシートをめくり、飛散した瓦を撤去します。
忠岡町の屋根の葺き土が乾燥しています
飛散した瓦を撤去すると、下地の葺き土が乾燥して痩せて雨で流れたような形跡もありました。
このように葺き土が劣化すると瓦を固定する力が弱くなり、ズレや飛散の原因になります。
忠岡町の屋根に新しい葺き土を載せて瓦を復旧
瓦の復旧では、よく練った葺き土をのせて瓦をしっかりと密着させます。
忠岡町の袖瓦を復旧します
飛散した袖瓦も復旧します。
袖瓦とは屋根のケラバ(三角になった部分)で使用する瓦のことで、屋根の一番端にあり、上に瓦がのっていないので動きやすい箇所です。こちらも新しい葺き土を載せてから瓦を復旧します。
忠岡町の袖瓦をビスで固定しました
袖瓦は動きやすいので、今後の飛散を防止するために、電動ドリルで瓦に穴をあけ、1枚1枚ビス留めして固定しました。

忠岡町の瓦のビス頭をコーキングで防水
袖瓦を留め付けたビス頭から雨水が浸入する可能性がありますので、各ビス頭にコーキングを充填して防水しました。ビス頭にコーキングを充填すると、ビスが抜けてくるのも防ぐことができます。
忠岡町の軒先の瓦もビスで固定
軒先の瓦も屋根の一番下にあることから動きやすいので、袖瓦と同様にビス留めしてしっかりと固定しました。
忠岡町の棟もコーキングで固定
今回、棟の瓦は多少ズレがありましたが飛散はしていませんでした。
棟は屋根の頂点にある水平部分のことで、屋根面よりも高いことから風や地震の影響を受けやすい箇所です。今回大きな被害はありませんでしたが、今後の台風を踏まえてコーキングで固定しました。
忠岡町の棟を銅線で補強しました
棟の瓦は風などの被害を受けやすいので銅線などで固定されていますが、既存の動線が細かったので、太い銅線で上から補強しました。
忠岡町の瓦のビス頭をコーキングで防水
K様邸の屋根の上を歩くと「カタカタ」と音がしました。
下地の土が痩せて動いている状態ですので、コーキングで固定(ラバーロック)しました。
屋根全体の瓦をめくって葺き土を入れ直すとなると費用がかさみますので今回はコーキングでの固定を採用しました。
忠岡町の外壁のひび割れをコーキングで防水
K様邸の外壁はモルタルの塗り壁で、クラック(ひび割れ)がいくつか発生していました。
今回、屋根の修理で足場を建てるのでクラックもコーキングで補修してほしいとのご希望でした。
外壁のクラックをコーキングで補修すると補修箇所が目立ってしまいますがご説明してご了承していただいております。
忠岡町の屋根修復完了です
屋根の修復工事完了です。
被害箇所の復旧と、今後の台風に備えて瓦をコーキングでラバーロックしました。
屋根の工事をした後、雨が降りましたが雨漏りはしていないとのことです。

木製テラスの補修と波板張替え、雨樋の復旧工事の様子も追ってご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装

岸和田市極楽寺町のカビ除去もした外壁と屋根塗装 現況
岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料(2液シリコン)外壁・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
30坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約110万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

忠岡町の棟板金の飛散などのご紹介

忠岡町A様邸の風雨災害の現地調査です。「台風21号で屋根のトタンが剥がれた」とご相談をいただきました。A様邸はカラーベストの屋根です。カラーベストは平型に形成された薄い屋根材のことで「化粧スレート」「コロニアル」とも呼ばれています。

泉佐野市の下屋はひどい状態です

泉佐野市の下屋の修理工事のご紹介です。T様邸は台風21号で、お隣の家の瓦が飛んできて被害に遭いました。大屋根(一番高い屋根)にも被害はありましたが、高さが低い下屋(1階の屋根)は飛んできた瓦がぶつかってたくさん割れている状態でした。

泉佐野市の屋根にお隣さんの瓦が飛散しています

泉佐野市の台風被害に遭った屋根の修理のご紹介です。T様邸の屋根はシルバーの釉薬瓦です。台風21号でお隣さんの家の屋根瓦が飛んできて、ご自宅の瓦が割れる被害に遭いました。