オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市の台風で落下した瓦の復旧と瓦のビス留め補強工事


岸和田市の屋根修理です。T様邸は台風で屋根の瓦が大量に飛散し、下のお部屋で雨漏りしてしまいました。T様邸の屋根は土葺きで、瓦がめくれた状態のまま雨が降ったので、土が流れて少なくなっていました。この工事では、新しい葺き土を足して被害に遭った部分の修復を行います。そして、今後の台風や地震に備えて、落下しやすい袖瓦や軒先瓦をビス留めして固定させていただきました。既存の瓦がラバーロックされていたので、修復した部分も同じようにラバーロックで仕上げています。
岸和田市の瓦がほとんどありません
T様邸の屋根の被害状況です。

台風で袖瓦とその周辺の瓦が大量にめくれてしまいました。
重量がある鬼瓦もズレて屋根の上に残っています。他、屋根面に葺いている瓦も割れたり飛散している箇所がありましたので、この工事ですべて新しい瓦に差し替えます。
岸和田市で足場設置
屋根修理の際に使用する足場を設置しました。

この足場は職人が屋根と地上を安全に行き来し、作業する時の足掛かりとなり、職人や道具が落下するのを防ぐ役割があります。
岸和田市の屋根のブルーシートを剥がしました
まずは、屋根全体を覆っていた大きなブルーシートを剥がしました。

雨漏りしたので、急遽甥っ子さんに仮養生してもらったそうです。被害に遭ってから今まで、屋根を守ってくれましたが、いつまでもこのままではいけないのできちんと修復します。
岸和田市の瓦が割れています
T様邸の屋根は瓦が大量に飛散したので、そこが目立ちますが、このように割れている箇所もたくさんありました。

屋根面の瓦が割れて隙間があくと、上から流れてきた雨水がどんどん中に入り込んでしまいます。
このように割れた瓦はすべて差し替えます。
岸和田市の割れた瓦を集めて屋根を掃除
修理をするために、割れた瓦を集め、再利用できそうな瓦をまとめて屋根面を掃除します。

瓦の上に乾燥した葺き土がのっていると、職人が屋根の上を歩いた時に滑って大変危険です。現場を整えることで動きやすくなり、品質のいい仕事ができるようになります。
岸和田市のケラバの瓦を復旧
この記事でご紹介するケラバ部分も、割れたり動いている瓦をめくって、乾燥してバラバラになった葺き土を掃き掃除しました。
ケラバとは、屋根の雨樋が付いていない面の端のことで、そこに葺く瓦のことを「袖瓦」または「ケラバ瓦」と言います。
岸和田市の屋根に葺き土を載せて瓦を葺きます
屋根の瓦は雨水を受けないように一番低い位置(軒先)から順に上に上に瓦を重ねて葺いています。

写真は、ケラバの軒先瓦の復旧で、新しい葺き土をのせた様子です。
土葺きの屋根は、粘り気のある土を下に敷き、瓦を密着させて固定しています。経年で土が乾燥して痩せている状態のまま瓦を復旧してもきちんと固定することができません。
岸和田市の軒先瓦を固定します
飛散した箇所の、軒先瓦から復旧します。

新しい葺き土を載せて、軒先瓦を葺いていきます。
軒先瓦は屋根の先端にありますので、台風の強風や地震の揺れが発生した時にズレやすく、落下しやすい瓦です。特に強風が下から吹き上げられると瓦がめくれ上がる危険性があります。
岸和田市の軒先瓦をビスで固定しました
今後の台風や地震に備えて、軒先瓦を1枚1枚ビスで固定させていただきました。

軒先瓦が風でめくれ上がると上に葺いている瓦や重なっている周辺の瓦も一緒にめくれてしまうことがありますので、被害に遭いやすい箇所をしっかりと補強しました。

T様邸の屋根はラバーロックされていますので、シーリングで瓦同士が繋がっている状態です。そのため、ズレたりめくれる時は瓦が繋がった状態で被害に遭いますので、めくれやすい箇所を補強することも大切です。
岸和田市の袖瓦を葺きます
軒先瓦を葺いた後、順番に上に上に瓦を葺いて復旧していきます。

写真は袖瓦を葺いている様子です。
新しい葺き土を載せて、瓦を密着させて復旧します。
岸和田市の袖瓦をビスでしっかりと固定
袖瓦も、軒先瓦と同様に台風の風や地震の揺れの被害を受けやすいので、ズレにくくするために1枚1枚ビスを打ち付けてしっかりと固定させていただきました。

台風の時に土葺きの瓦屋根は、袖瓦やのし瓦、棟に被害を受けた住宅がたくさんありました。
岸和田市の袖瓦復旧
飛散した袖瓦を復旧しました。

瓦が動かないようにビス留めしたので安心です。
ビス頭から雨水が染み込まないように、この後シーリングを充填してきちんと防水させていただきました。
岸和田市の棟の下に瓦を差し込んでしっくいを詰めます
袖瓦の周辺の瓦も復旧しました。

軒先から順に瓦を葺き、最後に棟瓦(屋根の頂部に葺く瓦)の下の瓦を葺きます。
既存の面戸漆喰を剥がし、瓦を葺いてから漆喰を詰めて仕上げます。(面戸漆喰は棟瓦と地瓦との間に詰める漆喰のことです)

岸和田市の瓦のシーリングを切って瓦をめくります
修復した袖瓦の反対側の袖瓦は、棟の際の瓦が落下しただけでしたが、今後のことを踏まえて固定しなおし、そしてビス留めして補強することになりました。
費用面を踏まえたうえで、できるだけ被害を受けにくい屋根にします。

T様邸の屋根はラバーロックされていますので、シーリングを切らないと瓦をめくることができません。

岸和田市の反対側の袖瓦をめくりました
軒先から棟まで、袖瓦を仮撤去しました。
作業中に下に落下しないように重ねて保管しておきます。

乾燥してボロボロになった葺き土を取り除き、新しい葺き土を載せて瓦を復旧していきます。
岸和田市の袖瓦を葺き直します
葺き土を載せて、瓦を葺き直します。

被害に遭った袖瓦の修復時と同様に、瓦がズレないように1枚1枚ビスで固定させていただきます。
岸和田市の棟巴と鬼瓦復旧
両方の袖瓦を修復・補強した後、鬼瓦と棟巴を固定しました。

棟巴や鬼瓦は落下しないように銅線を通してしっかりと留め付けています。
岸和田市の修理完了
割れたり飛散した瓦を新しい瓦に差し替えて屋根修理完了です!

「台風直後はどこの業者も忙しくて来てくれないし、雨漏りするし、応急処置はできていないし、どうなってしまうのか心配でどうしようもなかったですが、きちんと修理してくれたので本当に嬉しいです!これで安心して生活ができます」

T様のお力になれて良かったです。

屋根は大切な住まいを雨や外気から守る重要な部分です。定期的に点検し、メンテナンスしていくことが建物を長持ちさせることに繋がります。街の屋根やさん岸和田店は屋根の点検・修理のご相談を承っておりますので、お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉南市の台風被害の屋根修理で足場を建てて棟を修復しました

泉南市の台風で崩れた降り棟
泉南市の降り棟修復状況
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
台風
使用素材
オレンジ釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰他
築年数
約43年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約41万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市の雨漏りの原因は棟!水が廻っていた降り棟を葺き直しました

岸和田市の降り棟の下のお部屋で雨漏りしています
降り棟の積み直し完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
葺き土・銅線・南蛮漆喰・シーリング他
築年数
約28年
建坪
約25坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約31万円(税込み・下屋水切り取付費用含まず)
施工事例

岸和田市の台風で飛ばされた屋根の板金やスレートを差替えた施工事例

岸和田市の台風被害に遭った棟
岸和田市の台風被害に遭った棟の修理完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板棟板金・杉貫板・化粧スレート他
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
37万円(税込み・部分足場の場合)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏りの原因は棟!水が廻っていた降り棟を葺き直しました

岸和田市の降り棟の下のお部屋で雨漏りしています
降り棟の積み直し完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
葺き土・銅線・南蛮漆喰・シーリング他
築年数
約28年
建坪
約25坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約31万円(税込み・下屋水切り取付費用含まず)
施工事例

岸和田市のベランダ防水の施工事例!ひび割れも修理して防水性が向上

岸和田市の防水前のベランダ
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材他
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
18.7万円(税込み)
施工事例

岸和田市の外装リフォームで屋根を遮熱塗料で塗り替え外壁も塗装!

岸和田市の屋根塗装前
岸和田市の屋根塗装後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
屋根・・日本ペイントサーモアイSi 外壁・・ダイフレックス スーパーセランフレックス
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
5年
工事費用
屋根・・約65.5万円(税込み)外壁・・約114万円(税込み・付帯部塗装含む)足場・・22万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

忠岡町で部分足場を設置

忠岡町の台風被害に遭った屋根の修理と補強工事です。H様邸は木造2階建てで、屋根は土がのっている瓦葺きの屋根です。台風で瓦が数枚割れて、漆喰も剥がれてしまいました。また、屋根に設置されているソーラーパネルも台風の飛散物の影響で破損している状態...........

忠岡町の屋根の調査

忠岡町の台風被害に遭った屋根の調査にお伺いしました。H様邸は木造2階建てで、土葺きの瓦屋根です。屋根の上にソーラーパネルを設置していて、台風の時にパネルが割れる被害に遭ったということです。台風の後にご自身で屋根の上に上がって割れた瓦にテープ...........

貝塚市の下屋の瓦が飛散

貝塚市の台風被害に遭った各所修理工事です。Y様邸は以前、街の屋根やさん岸和田店でテラスの波板張替えなどの工事をしていただいたことがあり、今回は台風での被害箇所の修理です。Y様邸は土葺きの瓦屋根で、下屋のケラバの瓦が1枚飛散し、壁際ののし瓦が...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747