オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

貝塚市の屋根修理で落下した軒先のまんじゅう瓦や軒樋を修理


貝塚市の台風被害に遭った屋根修理のご紹介です。
S様邸は和瓦で、台風の強風で大屋根の軒先の瓦が大量に落下し、その落下した瓦で下屋の瓦が割れるなど、被害が拡大してしまいました。
貝塚市で足場を設置しました
S様邸は軒先の瓦の落下や軒樋(軒先に取付けた横方向の樋)の飛散など、屋根の先に被害があったので、足場を建てさせていただき工事を行います。

屋根の上での作業は危険が伴います。中でも軒先の作業はそこまで歩いていくだけでも大変ですし、作業するとなるとバランスを崩したら下に落ちてしまうので大変危険です。職人の安全を確保するためにも足場が必須の時があります。
貝塚市の軒先の瓦が飛散して養生しています
屋根の被害状況の一部です。

大屋根(一番高い屋根)の軒先瓦が大量に落下してしまいました。
S様邸は土葺きの屋根で、下地の土で瓦を密着・固定しています。経年で下地の土が乾燥して痩せてくると、瓦が動きやすくなり風でめくれたり飛散する原因になります。
貝塚市の瓦が割れています
大屋根の軒先瓦が落下し、庇の瓦や下屋の瓦が割れてしまい被害が拡大していました。

他にも割れた箇所がいくつかありますが、すべて差替えることになりました。
貝塚市のテラスの上に足場の板をのせました
軒先の瓦が落下したすぐ下には木製のテラス屋根がありましたが、その屋根の波板も全て飛ばされていました。
テラス屋根の上の軒先を修理するにあたり、少なからずテラス屋根の本体に足をかけますので荷が集中しないように足場の板をのせました。
貝塚市の屋根の葺き土を撤去します
落下した軒先瓦の下地の葺き土は乾燥して痩せ、雨で流されていたので、撤去して新しい土を使用します。

乾燥した土の上に瓦をのせても密着しないので風や揺れなどでズレてしまいます。
貝塚市の屋根に新しい葺き土をのせて瓦を復旧
古い葺き土を撤去してから新しい葺き土をのせて、軒先から順に瓦を密着させて復旧します。

土葺きの屋根は、粘土の高い葺き土をのせて、その上に瓦を押し付けて密着させる工法ですが、経年で土が乾燥してくるとズレやすくなりますし、重い屋根は耐震の面でも不利になりますので、新築の家では採用されなくなりました。最近では土を使用しない「引っ掛け桟瓦葺き」という工法が主流になっています。

貝塚市の軒先に葺き土を足しました

落下した軒先瓦の周辺の瓦を確認すると、動いている軒先瓦があったので、一度めくって新しい下地に土をのせて固定しました。
軒先瓦が動いていると、今回のように風や地震で落下してしまいますので、今後のことをふまえて処置させていただきました。
被害箇所を修理したけど、今度はすぐそばの瓦が落ちた、ということになると残念な気持ちになります。
貝塚市の割れた瓦を差替えます
下屋の庇の瓦が割れていたので差し替えました。
今回は、大屋根の瓦が落下したことにより下屋の瓦が数か所で割れていました。割れた瓦はすべて差し替えさせていただきました。
貝塚市の動きやすい袖瓦はビス留め
軒先瓦の他にも、袖瓦(屋根の端の瓦)が飛散している箇所があったので、新しい瓦で復旧しました。
袖瓦は屋根の一番端にあることから、風の影響を受けやすい箇所です。台風21号でも多くの住宅で袖瓦に被害がありました。
飛散した部分の袖瓦はビス留めさせていただきました。
貝塚市の袖瓦をコーキングで固定
また、袖瓦は一番上にくる瓦ですので、動かないように釘や銅線で固定されていますが、昔建てられた住宅の中には固定されていないことがあります。
S様邸の袖瓦も、念のためコーキングで固定させていただきました。
貝塚市の棟瓦をコーキングで固定
棟瓦(屋根の頂点の三角になった部分)も屋根の高い位置にあるため風や地震の影響を受けやすい箇所です。
ズレたり崩れたりしないように銅線で固定されていますが、取り合いにコーキングを充填して補強しました。
この銅線も経年で緩んだり切れたりすることがありますので、注意が必要です。
貝塚市の軒先瓦復旧完了
落下した軒先瓦の復旧完了です。

軒先瓦にはまんじゅうと呼ばれる役物瓦が使用されています。
貝塚市の樋も取付けました
飛散した軒樋も、新しい樋を取付けました。
これで雨が降っても安心です。
「屋根を修理し、ようやく応急処置のシートが取れて見た目も良くなりました。ありがとうございます」
S様にお喜びいただけて良かったです。

街の屋根やさん岸和田店は、瓦屋根の修理や点検など承っておりますので、お困りの方はお気軽にご相談ください。

次は木製のテラス屋根の波板張替えをご紹介します。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市で台風で雨漏りが発生した瓦屋根を修理して補強しました

岸和田市の屋根修理前
岸和田市の屋根修理後
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
釉薬瓦、南蛮漆喰・葺き土、シーリング他
築年数
約38年
建坪
約19坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約64万円(税込み)
施工事例

泉南市の台風被害の屋根修理で足場を建てて棟を修復しました

泉南市の台風で崩れた降り棟
泉南市の降り棟修復状況
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
台風
使用素材
オレンジ釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰他
築年数
約43年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約41万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市の雨漏りの原因は棟!水が廻っていた降り棟を葺き直しました

岸和田市の降り棟の下のお部屋で雨漏りしています
降り棟の積み直し完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
葺き土・銅線・南蛮漆喰・シーリング他
築年数
約28年
建坪
約25坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約31万円(税込み・下屋水切り取付費用含まず)

同じ地域の施工事例

施工事例

貝塚市の3階建ての住宅の屋根にガルバリウム鋼板の棟板金を取付

貝塚市の棟板金が飛散
貝塚市の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
貫板・ガルバリウム鋼板・シーリング・ポリカ波板
築年数
築約30年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
棟板金・貫板交換工事・約58万円(税込み)足場費用含む テラス波板張替え及び樋交換工事・約12万円(税込み)
施工事例

貝塚市の軒天井のケイ酸カルシウム板を張替え塗装した各所修理工事

貝塚市の軒天井破損
貝塚市の修理した軒天井と破風板
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨樋交換
その他塗装
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板、塗料、塩ビ雨樋、ガルバリウム鋼板、化粧合板など
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約180万円(税込み・足場代含む)
施工事例

貝塚市の雨漏りしていたベランダにFRP防水を施工しドレンも調整

貝塚市のベランダの下端から雨漏りしています
貝塚市のベランダのFRP防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
FRP防水材
築年数
約15年
建坪
約20坪
保証
3年
工事費用
約21.5万円(税込み)床補強・ドレン調整費用含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の1階の和室の天井に雨漏り発生

貝塚市のH様より「1階の和室の天井に雨漏りしてるんです。急だったので驚いて・・・」とのご相談をいただき、雨漏り調査を行うと、雨漏りしている和室の上にある下屋のスレートが数枚割れている状態で、雨漏りの原因の可能性があることから、シーリングで補...........

貝塚市の雨漏りの現地調査にお伺いしました

雨が降った日に、急に雨漏りが発生して慌てた経験はありまんか?天井裏で「ポタポタ」と雨音がしたり、天井に雨染みができるととても心配になるかと思います。この記事では、急な雨漏りでお困りだった貝塚市H様邸の雨漏り調査の様子をご紹介します。

岸和田市の棟板金と貫板が飛散しています

岸和田市で台風被害に遭った棟の修理工事を行いました。M様邸では以前、出窓の雨漏り修理をさせていただいたことがあり、今回は2回目のご相談になります。「前に雨漏りをきちんと止めてくれたし親切だったので、今回もお願いしようと思ったんです。やっぱり...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747