オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

貝塚市の台風被害に遭った屋根の修復で棟をしっかりと補強しました


貝塚市の台風被害に遭った屋根の修理のご紹介です。I様邸は和瓦の屋根で、台風で棟の瓦が飛散し、近くに来ていた業者の方にシート養生(応急処置)してもらったそうですが、修理をしてくれる業者が見つからず街の屋根やさん岸和田店にお問合せいただきました。
貝塚市の台風被害に遭った屋根の修理
被害状況は、棟の端の冠瓦が数枚飛散し、ズレも数カ所で発生、他、軒先瓦や地瓦の割れもございました。鬼瓦の取り合いの漆喰もボロボロになっており剥がれてきていました。今後の台風に備えて影響を受けやすい棟をしっかりと補強させていただきました。
貝塚市の冠瓦が飛散
現地調査の様子です。

棟は屋根の頂点の取り合い部のことで、養生のシートをめくると冠瓦(一番上に積む瓦)が数枚飛散していました。

今回は養生の範囲が狭く、シートをめくっても問題がないと判断して確認させていただきました。

現地調査の時にシートがかかっていると、被害状況を把握しにくいので、できる限り養生する前の状況を撮影しておくといいでしょう。
貝塚市の冠瓦がズレています

同じ棟の冠瓦で、飛散していませんがズレている箇所がありました。

棟は屋根面よりも突き出ていますので、風や地震の揺れの影響を受けやすい箇所です。そのため、銅線を回して固定していますが、経年で銅線が緩むと写真のようにズレることがあります。
貝塚市の鬼瓦の取り合いの漆喰がボロボロです
鬼瓦の取り合いの漆喰もボロボロになっていました。

漆喰は瓦と瓦を密着させたり、隙間からの雨水の浸入を防ぐ役割があります。傷んだ漆喰を長い間そのままにしておくと、やがてすべて剥がれてしまい、鬼瓦のズレや落下、また雨漏りの原因になることがあります。
貝塚市の地瓦が割れています
地瓦も数カ所で割れていました。

地瓦とは屋根の平場で使用する瓦のことで、土葺きの屋根の場合、地瓦が割れて隙間が空くと雨漏りする可能性が高くなってしまいます。
貝塚市の軒先瓦も割れています
CIMG2594-columns2
軒先瓦も割れていました。

軒先とは屋根の流れの先端部分で、外壁よりも突き出ています。軒先瓦が割れると屋根に落ちてきた雨水が軒樋にきちんと排出されず、樋の手前から漏れることがあります。また、軒先から水が廻って下地の野地板を進める原因にもなります。
貝塚市の冠瓦復旧
屋根修復工事の様子です。

今後の台風に備えて、被害に遭いやすい棟をしっかりと補強及び修復させていただきました。
新しい葺き土をのせて冠瓦を復旧し、銅線で固定しなおしました。また、冠瓦のズレを抑えるために、継ぎ目にコーキングを充填して補強しました。
貝塚市の冠瓦のズレを補修
棟の修復及び補強は飛散した部分だけでなく、ズレを戻して全体的に行いました。
貝塚市の漆喰を詰め直しました
鬼瓦の取り合いの漆喰も詰め直しました。

今回は黒漆喰を使用しました。
貝塚市の棟巴との取り合いの漆喰も詰め替え
棟巴(棟の先端の瓦)と鬼瓦の取り合いの漆喰も傷んでいたので、既存の漆喰を剥がしてから新しい漆喰を詰めさせていただきました。
貝塚市の屋根の割れた瓦を差替えて工事完了
割れた瓦は新しい瓦に差し替えました。

これでI様邸の台風被害に遭った瓦屋根の修復工事完了です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉南市の台風被害の屋根修理で足場を建てて棟を修復しました

泉南市の台風で崩れた降り棟
泉南市の降り棟修復状況
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
台風
使用素材
オレンジ釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰他
築年数
約43年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約41万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市の雨漏りの原因は棟!水が廻っていた降り棟を葺き直しました

岸和田市の降り棟の下のお部屋で雨漏りしています
降り棟の積み直し完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
葺き土・銅線・南蛮漆喰・シーリング他
築年数
約28年
建坪
約25坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約31万円(税込み・下屋水切り取付費用含まず)
施工事例

岸和田市の台風で飛ばされた屋根の板金やスレートを差替えた施工事例

岸和田市の台風被害に遭った棟
岸和田市の台風被害に遭った棟の修理完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板棟板金・杉貫板・化粧スレート他
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
37万円(税込み・部分足場の場合)

同じ地域の施工事例

施工事例

貝塚市の3階建ての住宅の屋根にガルバリウム鋼板の棟板金を取付

貝塚市の棟板金が飛散
貝塚市の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
貫板・ガルバリウム鋼板・シーリング・ポリカ波板
築年数
築約30年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
棟板金・貫板交換工事・約58万円(税込み)足場費用含む テラス波板張替え及び樋交換工事・約12万円(税込み)
施工事例

貝塚市の軒天井のケイ酸カルシウム板を張替え塗装した各所修理工事

貝塚市の軒天井破損
貝塚市の修理した軒天井と破風板
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨樋交換
その他塗装
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板、塗料、塩ビ雨樋、ガルバリウム鋼板、化粧合板など
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約180万円(税込み・足場代含む)
施工事例

貝塚市の雨漏りしていたベランダにFRP防水を施工しドレンも調整

貝塚市のベランダの下端から雨漏りしています
貝塚市のベランダのFRP防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
FRP防水材
築年数
約15年
建坪
約20坪
保証
3年
工事費用
約21.5万円(税込み)床補強・ドレン調整費用含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

忠岡町で部分足場を設置

忠岡町の台風被害に遭った屋根の修理と補強工事です。H様邸は木造2階建てで、屋根は土がのっている瓦葺きの屋根です。台風で瓦が数枚割れて、漆喰も剥がれてしまいました。また、屋根に設置されているソーラーパネルも台風の飛散物の影響で破損している状態...........

忠岡町の屋根の調査

忠岡町の台風被害に遭った屋根の調査にお伺いしました。H様邸は木造2階建てで、土葺きの瓦屋根です。屋根の上にソーラーパネルを設置していて、台風の時にパネルが割れる被害に遭ったということです。台風の後にご自身で屋根の上に上がって割れた瓦にテープ...........

貝塚市の下屋の瓦が飛散

貝塚市の台風被害に遭った各所修理工事です。Y様邸は以前、街の屋根やさん岸和田店でテラスの波板張替えなどの工事をしていただいたことがあり、今回は台風での被害箇所の修理です。Y様邸は土葺きの瓦屋根で、下屋のケラバの瓦が1枚飛散し、壁際ののし瓦が...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747