オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

忠岡町の瓦屋根の修理で割れた瓦を差替えラバーロックしました


忠岡町の台風被害に遭った屋根の修理と補強工事です。H様邸は木造2階建てで、屋根は土がのっている瓦葺きの屋根です。台風で瓦が数枚割れて、漆喰も剥がれてしまいました。また、屋根に設置されているソーラーパネルも台風の飛散物の影響で破損している状態です。ソーラーは専門の業者に修理の依頼をされているので、屋根の工事のみを行うことになりました。瓦のズレを戻し、割れた瓦は差し替えて、剥がれた漆喰も詰め直しました。近年、勢力の強い台風が頻繁に発生しますので、万が一に備えて屋根全体をラバーロックして補強!以前よりも耐久性のある屋根になり、安心されていました。
忠岡町で部分足場を設置
職人が屋根の上まで安全に行き来できるように足場を一部設置しました。

足場は、職人や道具が落下するのを防いだり、職人の足掛かりになる大切な役割があります。修理する箇所や範囲、建物の立地状況などによって足場を設置する範囲が異なります。
忠岡町の割れた瓦を差替えます
台風の後にH様ご自身で屋根の上に上がって応急処置をされており、割れた瓦には防水テープを貼っていました。

最近の防水テープは強力ですが、いつかは傷んでくるので新しい瓦に交換してほしい、とのご希望です。
割れた瓦はすべて撤去して新しい瓦に交換しています。
忠岡町の丸瓦のズレを直します
棟の丸瓦が一部ズレていたので、ズレを戻して補強することになりました。

棟とは屋根の頂点部のことで、H様邸の棟は四角いのし瓦と丸瓦で構成されています。棟は屋根面よりも高い位置にあることから風の影響を受けやすいので、今後の自然災害に備えて補強させていただきます。
忠岡町の棟にビスを打ち込みました
棟が強風や地震の影響で崩れないように銅線で固定されていましたが、緩んだり切れている箇所がありましたので、新たに太い銅線を通して固定させていただきます。

銅線を通すために、棟の両側に長いビスを打ち込みました。
忠岡町の棟に太い銅線を通します
棟に打ち込んだビスに太い銅線をくくり付けて棟の両側に交互に渡して固定していきます。
忠岡町の棟に銅線を交互に渡して棟を固定
棟の両側に打ち込んだビスに銅線をくくり付けて交互に渡してしっかりと固定しました。

丸瓦の両端に銅線が通りますので、ズレたり抜け落ちにくくなりました。
忠岡町の棟をシーリングで補強
銅線で棟を固定した後、シーリングを用いて補強させていただきました。

瓦の継ぎ目にシーリングを充填し、繋いで固定することで瓦がバラバラに飛散するのを防ぐことができます。この作業のことを「ラバーロック」と言います。
忠岡町の下屋の棟も補強
H様邸は下屋にも棟があります。2階の棟よりも低い位置にありますので、風や地震の影響は少ないかもしれませんが、近年の自然災害は予想が付かない事態に陥ることがありますので、念には念を!シーリングを用いてきちんと補強させていただきました。
忠岡町の棟の漆喰詰め直しとシーリング補修
棟の端のシーリングが割れたのか、補修材を詰めて処置されていました。また、剥がれた部分だけを補修したのか、白い漆喰と黒い漆喰部分があり、見た目がちぐはぐになっていました。今後、この継ぎ目から剥がれてくる可能性があるため、シーリングを充填して補修することになりました。割れた漆喰は詰め直します。
忠岡町の棟の漆喰を詰め直し
割れた既存の漆喰を剥がして詰め直しました。

漆喰は瓦同士の隙間を埋めて防水する役割がありますので、雨水が浸入しないように多めに詰めて表面をきれいに整えました。
忠岡町の鬼瓦の取り合いにシーリングを充填
白い漆喰と黒い漆喰を使用してちぐはぐになっていた鬼瓦の取り合いの漆喰は、シーリングを充填して見た目に統一感を持たせるとともに、漆喰の継ぎ目から剥がれてくるのを防止しました。
忠岡町の下屋の谷樋の漆喰
下屋の谷樋の漆喰が台風で剥がれてしまったので、詰め直しました。
谷樋とは屋根の谷になった部分に設置する樋のことで、谷樋の内側に雨水入るのを防ぐために両際に漆喰が詰められています。谷樋は雨水がたくさん流れ込んできて雨漏りのリスクが高い部分ですので、きちんと処置させていただきました。また、2階の屋根はラバーロックされていましたが下屋はされていなかったので、この機会にシーリングを充填して補強完了です!
忠岡町の樋の中にソーラーの破片が溜まっています
H様邸は屋根にソーラーパネルを設置されていて、台風時に飛散物の影響でパネルが1枚割れる被害に遭いました。
割れたパネルの破片が下の軒樋に溜まっていたので掃除します。
忠岡町の樋を掃除し銅線で固定
樋の中をきれいに掃除し、強風で樋が飛んで行かないように銅線を回して固定させていただきました。
「川沿いで、普段から風がきついので、きちんと補強してもらって安心しました」H様の声です。

H様が今後安心して暮らせるようになり、本当に良かったです。ありがとうございました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市で台風で雨漏りが発生した瓦屋根を修理して補強しました

岸和田市の屋根修理前
岸和田市の屋根修理後
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
釉薬瓦、南蛮漆喰・葺き土、シーリング他
築年数
約38年
建坪
約19坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約64万円(税込み)
施工事例

泉南市の台風被害の屋根修理で足場を建てて棟を修復しました

泉南市の台風で崩れた降り棟
泉南市の降り棟修復状況
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
台風
使用素材
オレンジ釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰他
築年数
約43年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約41万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市の雨漏りの原因は棟!水が廻っていた降り棟を葺き直しました

岸和田市の降り棟の下のお部屋で雨漏りしています
降り棟の積み直し完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
葺き土・銅線・南蛮漆喰・シーリング他
築年数
約28年
建坪
約25坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約31万円(税込み・下屋水切り取付費用含まず)

同じ地域の施工事例

施工事例

忠岡町のひび割れた外壁のシーリングを打ち替え屋根と外壁を塗装

忠岡町の屋根を塗装します
忠岡町の屋根塗装完了
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイントサーモアイSi 外壁・・ラジカル制御形高耐候塗料
築年数
約20年
建坪
約17坪
保証
工事費用
約170万円(税込み・足場代・シーリング打ち替え費含む)
施工事例

忠岡町の屋根修理で落ちた瓦を修復し漆喰も詰め直しました

忠岡町の台風被害に遭った降り棟
忠岡町の降り棟修理後の様子
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
いぶし瓦・漆喰・ポリカーボネート波板他
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約80万円(税込み)足場代、カーポート・テラス波板張替え及び塗装費用含む
施工事例

泉北郡忠岡町の屋根葺き替えで瓦からスレートに葺き替えました

泉北郡忠岡町屋根現況
泉北郡忠岡町屋根葺き替え工事完了
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
コロニアルグラッサ
築年数
築50年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
約230万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の1階の和室の天井に雨漏り発生

貝塚市のH様より「1階の和室の天井に雨漏りしてるんです。急だったので驚いて・・・」とのご相談をいただき、雨漏り調査を行うと、雨漏りしている和室の上にある下屋のスレートが数枚割れている状態で、雨漏りの原因の可能性があることから、シーリングで補...........

貝塚市の雨漏りの現地調査にお伺いしました

雨が降った日に、急に雨漏りが発生して慌てた経験はありまんか?天井裏で「ポタポタ」と雨音がしたり、天井に雨染みができるととても心配になるかと思います。この記事では、急な雨漏りでお困りだった貝塚市H様邸の雨漏り調査の様子をご紹介します。

岸和田市の棟板金と貫板が飛散しています

岸和田市で台風被害に遭った棟の修理工事を行いました。M様邸では以前、出窓の雨漏り修理をさせていただいたことがあり、今回は2回目のご相談になります。「前に雨漏りをきちんと止めてくれたし親切だったので、今回もお願いしようと思ったんです。やっぱり...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747