オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市の台風被害で雨漏りが発生した土葺きの屋根の現地調査


岸和田市にお住いのI様より「台風で屋根の瓦が落ちて雨漏りしてるんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。
岸和田市の屋根と雨漏りのご相談です
I様邸は木造2階建てで、土葺きの屋根です。使用している瓦はいぶし瓦で、台風の強風で2階の屋根の瓦が飛散し、下屋に落下して瓦が割れる被害に遭っていました。雨漏りしているのは1階のお部屋で、地瓦が割れたことが原因でした。ご家族の方がブルーシートやテープを貼って応急処置されていましたが、その後、玄関天井や階段室にも雨漏りが発生したとのことで、後日修理を行いました。

現地調査の様子

岸和田市の1階の洋間の天井に雨漏り発生
まずは、雨漏りしているお部屋を確認しました。
台風の時に1階の洋間の天井に雨漏りが発生し、雨染みが残っていました。
岸和田市の和室の天井にも雨漏りしています
洋間の隣にある和室の天井にも雨水が浸入し、壁まで伝ったそうです。
雨漏りしているのは1階のお部屋の天井で、この上にはお部屋がなく下屋になっています。
雨漏りしたので、ご家族の方で下屋を応急処置すると、雨漏りは止まったそうですが、後日、玄関の天井や階段室にも雨漏りが発生した、とのことです。
岸和田市の大屋根の被害
続いて屋根を調査しました。

まずは大屋根(一番高い屋根)です。
降り棟の瓦が崩れて、軒先の瓦が飛散しています。
棟とは屋根同士の取り合いの三角のてっぺんの部分のことで、降り棟とは軒先方向に向かって下る棟のことです。
岸和田市の大屋根の瓦が飛散しています
大屋根をぐるりと確認すると、他にも瓦が飛散している箇所がありました。
土葺きの屋根は湿って粘着力のある土を使用して瓦を固定していますが、経年で土が乾燥して痩せてくると瓦が動きやすい状態になってしまいます。I様邸の葺き土も少し痩せてきていました。
岸和田市の屋根の二次被害
大屋根の飛散した瓦は下にある下屋に落ち、下屋の瓦が割れる二次被害を引き起こしていました。
写真で見ると、飛散した瓦の下の下屋にブルーシートをかけているのが分かります。
岸和田市の下屋の瓦が割れて養生されています
下屋の様子です。
ここは、被害が多数あったので、ブルーシートを広げて養生されていました。
岸和田市の下屋をテープを貼るなど処置されていました
このようにテープを貼って処置されている箇所もありました。
大屋根の瓦は飛散し、下屋の瓦は割れている状態で、被害が広範囲にわたっていました。被害箇所すべてにブルーシートをかけると、下屋全体をブルーシートで覆うことになるくらい、被害が点在していました。
岸和田井の下屋から雨水が入ります
下屋の割れている瓦で、応急処置されていない箇所もありました。
地瓦(屋根の平場の瓦)は屋根に落ちてきた雨水が流れる経路になりますので、割れたりズレることがあると雨水が浸入してしまいます。写真の割れている箇所は、地瓦の山状になっている箇所ですので、雨が流れる経路ではありません。そのため雨が入っても少量ですので、下のお部屋で発生している雨漏りとは直接は関係ない可能性があります。
岸和田市の瓦が割れています
岸和田市の瓦が割れています!
瓦が割れて、目に見えて雨漏りしていない場合でも、屋根の内側に雨水がじわじわと浸入していることがありますので、割れた瓦はすべて差し替えます。
I様邸は築25年になり、葺き替えもご検討されていましたが、火災保険を適応するにあたり、現状復旧での修復工事を行うことになりました。
火災保険を使用される場合、現状と異なる仕上がり(瓦屋根をスレートに葺き替えなど)の工事は適応されないことがほとんどですので現状復旧でのご提案をさせていただいております。参考に葺き替えのご提案もさせていただくことが可能ですのでご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

忠岡町の屋根修理で落ちた瓦を修復し漆喰も詰め直しました

忠岡町の台風被害に遭った降り棟
忠岡町の降り棟修理後の様子
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
いぶし瓦・漆喰・ポリカーボネート波板他
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約80万円(税込み)足場代、カーポート・テラス波板張替え及び塗装費用含む
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の銅製の谷樋の穴あき修理で銅板をカットして塞ぎました

2f69fdc31e6ed2eb9d599e14248cb7a8-1
岸和田市の谷樋補修及び補強完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング材
築年数
約45年
建坪
約43坪
保証
2年
工事費用
約6万円(税込み)
施工事例

岸和田市の瓦屋根の修理で割れた瓦を交換しシーリングで固定!

岸和田市の袖瓦が飛散
岸和田市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
台風
使用素材
釉薬瓦・シーリング・雨樋他
築年数
築約55年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約96万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市のモニエル瓦(セメント瓦)屋根の修理でズレを戻しました

岸和田市の漆喰の剥がれ
岸和田市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
台風
使用素材
仮設足場、漆喰、コーキング等
築年数
約26年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約45万円(税込)足場代含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町の軒先から順に瓦を葺きます

熊取町の雨漏り修理です。台風の影響で屋根の瓦がズレたり、漆喰が剥がれるなどの被害に遭いました。H様邸は長屋で、お隣の建物と繋がっている形状で、屋根の取り合い部には谷樋を設けています。その谷樋が劣化し、錆びついて穴があいている状態でした。また...........

熊取町で足場を設置

熊取町の台風被害に遭った屋根の修理です。H様邸は長屋で、両隣の住宅と壁を共有しています。屋根の取り合いには谷樋を設けて雨仕舞いしている形状でした。台風で瓦がズレたり漆喰が剥がれ、谷樋の下に位置する和室で雨漏りが発生しました。谷樋が経年で劣化...........

熊取町の2階の押入れの天井で雨漏り発生

熊取町の雨漏りの現地調査です。台風で2階にある和室の押入れの天井と、その隣にある和室の天井から雨漏りが発生しました。その後も雨漏りしている状態で、天井にビニールを貼って応急処置されていました。H様邸は長屋で両隣の住宅がくっついた形状です。玄...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747