オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

阪南市の色褪せたスレート屋根と雨だれがついた外壁塗装の現地調査


阪南市の屋根・外壁塗装の現地調査
阪南市の屋根・外壁塗装の現地調査です。S様邸の屋根は化粧スレートで外壁は外装板を張っています。建てられてから今まで塗り替えをされたことがなく、約20年が経過したので、「そろそろ限界かな」とご相談をいただきました。今後、ご夫婦で快適に過ごすために内装のリフォームも行うことになりました。

この記事では屋根・外壁の現地調査の様子をご紹介します。

正面にはレンガ調のタイルを貼った洋風の建物です。塗装することでせっかくの風合いを損ねてしまうといけないので、今回は高圧洗浄のみ行うことになりました。
阪南市の化粧スレートの屋根です
S様邸は化粧スレートの屋根です。化粧スレートとは、厚みが約5ミリほどの板状の屋根材で、セメントと繊維質を主につくられており、水を吸収する性質をもっているため、表面を塗装して防水性を持たせています。
屋根は日々、紫外線などの外気の影響をまともに受け、過酷な環境下に置かれており、スレート屋根に関しては塗膜が劣化して剥がれてきます。そうすると、防水性が低下してスレート自体の劣化を進めてしまいますので、そうなる前に定期的な塗り替えが必要です。
阪南市の屋根の塗膜がほとんど剥がれています
S様邸のスレートは表面の塗膜がほとんど剥がれて全体的に色褪せていました。施工した当初の色は分かりませんが、もっと色濃く艶があったはずです。
塗膜が剥がれてくると、スレートが雨水などの水分を吸い込むようになり、天気のいい日に水分が乾燥します。水を含んで膨張し、乾燥すると収縮しますので、その動きを繰り返すうちにスレートが反ってきて、割れてしまいます。
阪南市の屋根に苔が生えています
また、スレートが水を含むようになると、このように苔が発生します。苔は日当たりの悪い場所に生えますが、ある程度の日光と水分が必要ですので、スレートの塗膜が劣化して水を含んでいることになります。すなわち、苔の発生はスレートの塗り替え時期の目安になるということです。
スレートの反りがひどくなると、隙間に強風が吹き込んだ時に剥がれやすくなりますし、スレート自体が脆くなると塗装でメンテナンスができなくなり、葺き替えでの改修になりますので、長持ちさせるためにも定期的に塗り替えましょう。
阪南市の住宅の裏側は外装板を張っています
続いて外壁の調査も行いました。
S様邸の外壁は外装板(サイディング)を張っています。外装板もスレートと同様に、水分を吸い込む性質があるため、表面を塗装して防水性を追加しています。塗膜が健全なあいだは雨水などの水分を弾く効果がありますが、塗膜が傷んでくると雨水が染み込むようになります。
阪南市の外壁がチョーキングをおこしています
外壁の表面を手で触るとチョーキングを起こしていました。
チョーキングとは、塗膜の劣化のサインで、傷んだ塗膜が剥がれて粉状になっている状態です。チョーキングを起こすと、外壁から剥がれてきた塗膜が雨で流されたり風で飛ばされて色褪せてきます。
阪南市の外装板の継ぎ目のシーリングが割れています
外装板は大きさが決まっていますので、張り合わせて施工しています。その継ぎ目から雨水が浸入するのを防ぐためにシーリングを充填しているのですが、そのシーリングが劣化して割れてきていました。
シーリングは弾力があるゴム状の防水材で、隙間を埋めたり水回りなどの防水が必要な部分に用いられます。シーリングを充填した当初は弾力がありますが、紫外線などの影響で次第に硬化して痩せてきます。そうすると、このようにひび割れが生じてしまいます。シーリングが割れると、そこから雨水が浸入して内部の目に見えない木部を腐食させたり、雨漏りすることもありますので塗装前に打ち替えないといけません。また、外装板の内側は防水処理されていないので、水が廻ると水を含み、乾燥する過程を繰り返すうちに外装板が反ってきて割れることがありますので、そうなる前にシーリングを打ち替えて劣化症状を起こさないようにメンテナンスしましょう。
阪南市の外壁に雨だれ汚れが付いています
窓の下には黒い雨だれ汚れが付いていました。
外壁の塗膜が傷んでくると、汚れが付着しやすくなります。外壁の塗り替えをご検討されている方は、この雨だれ汚れを気にされている方が多く、白い外壁にしたら雨だれが目立つかな、と心配されています。最近の塗料は昔の塗料よりも性能がより良くなっていますので、汚れなど気になることがありましたらお気軽にお声かけください。

阪南市の軒裏のケイカル板の継ぎ目
軒裏の天井(軒天井)にはケイ酸カルシウム板(ケイカル板)を張っているのですが、その継ぎ目に隙間があいていました。隙間から雨水が浸入したのか、雨染みも付いています。このまま塗装すると、継ぎ目に塗料が入る部分と入らない部分が出てくるなど仕上がりに悪影響を与えてしまいますし、防水面でもよくありません。塗装の際は、ケイカル板の継ぎ目や外壁との取り合い部にシーリングを充填して処置してから塗装させていただきますのでご安心ください。
屋根は紫外線や雨風、温度差など過酷な環境下にありますので、日本ペイントの耐久性のあるサーモアイSiを使用し、外壁にはきれいな状態が長続きする多彩模様塗料を使用して塗装することになりました。

街の屋根やさん岸和田店は、詳しく説明できるものが現地を確認し、現状の状態や塗料のご説明もさせていただいております。何か心配なこと、気になることがございましたらお気軽にお声かけください。

次は高圧洗浄の様子をご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の外装リフォームで屋根を遮熱塗料で塗り替え外壁も塗装!

岸和田市の屋根塗装前
岸和田市の屋根塗装後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
屋根・・日本ペイントサーモアイSi 外壁・・ダイフレックス スーパーセランフレックス
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
5年
工事費用
屋根・・約65.5万円(税込み)外壁・・約114万円(税込み・付帯部塗装含む)足場・・22万円(税込み)
施工事例

忠岡町のひび割れた外壁のシーリングを打ち替え屋根と外壁を塗装

忠岡町の屋根を塗装します
忠岡町の屋根塗装完了
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイントサーモアイSi 外壁・・ラジカル制御形高耐候塗料
築年数
約20年
建坪
約17坪
保証
工事費用
約170万円(税込み・足場代・シーリング打ち替え費含む)
施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)

同じ地域の施工事例

施工事例

阪南市の強風で飛ばされた波板の張替でポリカ波板を採用しました

阪南市の台風で飛ばされたテラスの波板
阪南市のテラスの波板張替え後
工事内容
その他の工事
台風
使用素材
ポリカーボネート波板・ポリカフック・シーリング他
築年数
約38年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
約11万円(税込み)既存波板撤去・処分費用含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の色褪せた外観

岸和田市の外壁塗装に伴うシーリング打ち替え工事です。K様邸は3階建てで、この工事でスレート屋根と外壁の塗り替えを行います。外壁はサイディング張りで、全体的に色褪せている状態でした。サイディング自体の防水性も低下していますが、サイディングの継...........

泉大津市の外壁の塗膜が剥がれています

泉大津市の外壁塗装です。K様邸は台風で外壁の塗膜が一部剥がれ、軒天井も落ちかかってしまい、街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。外壁にはパネルを張っていてその上に塗装をかけて仕上げている形状です。外壁の目地部分の塗膜が浮いてきてい...........

泉大津市の外壁の塗膜が剥がれています

泉大津市K様邸で外壁の補修及び塗装を行うことになりました。K様邸は木造3階建てで、台風の強風で外壁の塗膜が一部剥がれました。被害箇所を確認すると、剥離している塗膜は目地部分に集中していてその周辺の塗膜も密着性が低下して剥離してきている状態で...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747