阪南市の太陽エネルギー利用システムの撤去/真空管式のシステムでした!


阪南市の屋根の現地調査
阪南市の厚型スレート屋根
阪南市にお住いのM様より「屋根がひび割れてきているので、塗装を考えてるんです。見積もりをお願いできますか?」とご相談があり現地調査を行いました。
お話をお聞きすると、他業者で屋根の点検をしてもらった時に、瓦が割れていることと塗装が必要なことを知らされて、劣化がこれ以上進む前に屋根の塗り替えでメンテナンスしよう、とご決断されたそうです。

ご相談の結果、耐久性のある遮熱塗料、アクリルシリコン樹脂系塗料で塗装することになりました。
同時に、屋根に設置している太陽エネルギー利用システムの撤去のご依頼(もう使わないそうです)もありましたので、足場を設置してから塗装前に撤去します。
今回は、太陽エネルギー利用システムを撤去した様子をご紹介します。
阪南市の屋根の太陽光システムを撤去します
M様邸の屋根は急こう配なので、作業用の足場を建ててから作業開始です。
高所での作業の場合、足場を設置することで、職人の安全が確保でき、そして作業効率があがります。丁寧な作業を行うためにも足場が必須となります。

写真に写っているのがM様邸の太陽エネルギー利用システムです。
太陽光、というとパネル状のものをイメージされる方が多いと思いますが、こちらは真空管式のシステムです。
太陽光発電は太陽からのエネルギーを電気に変換しますが、太陽エネルギー利用システムは、太陽のエネルギーを電気ではなく熱として利用するシステムです。
阪南市のソーラーの落下防止の網を取り外します!
部品などの落下防止のために取付けている網を取り外します。
阪南市のソーラーを屋根の上で解体して下ろします
このままでは地上に下ろせないので、屋根の上で解体して少しずつ下ろします。
阪南市の屋根のソーラー・急こう配の屋根なので慎重に!
下から屋根を見上げて、そんなに勾配がきつく見えなくても、屋根の上に上がるとその勾配の影響をまともに感じます。
足場に落下防止のネットを張っていますが、滑り落ちないように慎重に作業します。
阪南市のソーラーをロープで縛ってゆっくりと下に降ろします
真空管は3つのブロックごとに分けて固定されていたので、まずが1ブロックを取り外して地上に下ろします。

数人で抱えても足場からは下りられないので、真空管の先をロープでしっかりと縛って、吊るして下ろします。
阪南市のソーラーを足場の外側から下ろします
部品をロープで縛って、足場の外側に出して吊るして下ろします。
阪南市のソーラーが落下しないようにロープを引っ張ります
一人が屋根の上に残って、落下しないようにロープを引っ張っています。
阪南市のソーラー荷下ろし状況
上から見た様子です。
3人がかりでロープを引っ張り、ゆっくりゆっくりと少しずつ下ろしていきます。
万が一手が滑って、ロープから手が離れたりしたら大変です!声を掛け合って作業します。
阪南市のソーラーの部材荷下ろし中
足場の外側から見た様子です。
部品から手を放し、ロープをしっかりと握って少しづつ下に移動させていきます。
阪南市のソーラー解体中
地上では荷受けする職人が待機しています。
ゆっくりゆっくり下ろします。
阪南市のソーラー荷受け状況
無事、地上まで下ろせました!
荷受けの職人がロープを外しています。
阪南市のソーラーの次のブロックを解体します
続いて隣のブロックを解体して、先ほどと同じ手順で地上に下ろしていきます。
南市のソーラー解体で気を付けて作業します
いつも現場で顔を合わせてコミュニケーションをとっている職人たちなので、息がピッタリです!
着実に作業が進んでいます。
阪南市のソーラーを産業廃棄物処分します
解体した太陽エネルギー利用システムは、産業廃棄物処分させていただきます。
阪南市の屋根の太陽光システム撤去完了
太陽エネルギー利用システムの撤去後、設置していた箇所の屋根の点検を行いましたが、瓦の割れなどもなく大丈夫でした。
屋根の負荷が減り、見た目もスッキリとしましたね!これで屋根全体をきれいに塗装できます。

街の屋根やさん岸和田店は、屋根の上に乗っている使わなくなったソーラーパネルの撤去も行っておりますので、お気軽にご相談くださいね。

次は瓦の補修をご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 現況
岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装
工事内容
屋根塗装
使用素材
遮熱材入屋根専用塗材
築年数
約15年
建坪
40坪
保証
工事費用
約35万円(足場含まず)
施工事例

泉佐野市俵屋の屋根塗装で耐久性のある屋根になりました!

泉佐野市俵屋で遮熱塗料での屋根塗装着工
泉佐野市俵屋で屋根の上塗り塗装に入りました!
工事内容
屋根塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料
築年数
築16年
建坪
35坪
保証
工事費用
約42万円
施工事例

岸和田市摩湯町の破風板・鼻隠しをガルバリウム鋼板で巻き屋根も塗装!

岸和田市摩湯町の破風板と鼻隠し現況
岸和田市摩湯町の屋根メンテナンス完了
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根塗装
使用素材
屋根:推奨遮熱塗材 /破風板・鼻隠し: ガルバリウム鋼板
築年数
約40年
建坪
約28坪
保証
工事費用
屋根塗装(高圧洗浄・仮設足場含む)約56万円(税込) 破風板・鼻隠しガルバリウム鋼板巻加工 約16万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉大津市の屋根の洗浄

泉大津市の屋根塗装のご紹介です。前回までに、台風被害に遭った屋根の補修、高圧洗浄、屋根の縁切りまでをご紹介しました。今回は塗装の工程をお伝えします。化粧スレートはもともと工場で塗装されていますが、経年で塗膜が傷んで剥がれて薄くなっています。...........

泉大津市の屋根の縁切りを行います!

泉大津市の塗装改修工事の中の屋根の縁切り作業と外壁材の固定の様子をご紹介します。

泉大津市の屋根・外壁塗装

泉大津市の屋根・外壁塗装のご紹介です。A様からの初めのご相談は、「台風で屋根材が飛散し、雨漏りが発生した」とのことでしたが、現地調査の際に、「そろそろ塗装もした方がいいですよね・・・」と、お見積りの依頼があり、屋根修理後、塗装も行うことにな...........