オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

泉大津市で台風で瓦がめくれ上がり割れている箇所もありました!


泉大津市のMさまより台風で「瓦が割れたりズレているんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。M様邸は木造の2階建てで、土葺きの瓦屋根です。下から屋根を見ると、屋根に被害があることが確認されました。屋根自体はとてもしっかりしていて、瓦が動いたり下地の土が痩せているような感じがなく、隣に建物がなく田んぼが広がっていることから、台風の強風をまともに受けてしまったと考えられます。屋根面の桟瓦がめくれて大量に飛散し、棟瓦がズレるなどの被害がありました。部屋内に雨漏りが発生したので内部の修理も行うことになりました。
泉大津市で瓦がズレたり割れているとのご相談
玄関先から屋根を見上げると、降り棟ののし瓦が抜け落ちていたり、冠瓦がズレているのを確認できました。

棟とは・・屋根面同士が合流する頂点
降り棟とは・・軒先方向に向かって降りる棟
冠瓦とは・・棟の一番上に葺く雨仕舞(雨水が内部に浸入しないようにすること)の瓦
のし瓦とは・・棟に落ちてきた雨水を屋根面へ流すための平らで四角い瓦

被害状況をきちんと把握し、より良いご提案をさせていただくために、屋根に上がって調査をしました。

大屋根の被害状況

泉大津市の屋根の桟瓦が飛散
大屋根(一番高い屋根)の屋根面に葺いている桟瓦が飛散し、下地の葺き土が見えている状態でした。よく見ると、軒先瓦もズレています。
この面は田んぼに面しており、吹き上げの強風で瓦がめくれてしまったことが分かります。
K様邸の屋根はしっかりとしており、工事中、瓦を動かすのも難しい状況でした。そのことから、台風時によほど強い風が吹いたとのだと判断しました。
このように、屋根面の桟瓦が飛散すると、そこから雨水が浸入し部屋内に雨漏りしてしまいます。M様邸も、この下にある階段室の天井と和室の押入れに雨漏りが発生しました。
泉大津市の庇の袖瓦が飛散
大屋根の桟瓦が飛散している箇所のすぐ下には瓦葺きの大きな庇があります。
地上から撮影したので分かりにくいですが、庇の袖瓦が2枚飛散していました。袖瓦は一番端に葺く瓦ですので、風や揺れの影響を受けやすい箇所です。

修理工事では、新しい葺き土をのせて瓦を葺いた後、動きやすい袖瓦はビスでしっかりと固定させていただきます。
泉大津市ののし瓦が抜け落ちています
大屋根の降り棟ののし瓦が抜け落ちていました。
ここは下から見えていた部分です。
のし瓦は他の瓦と同様に葺き土を間に挟んで葺いていますが、土に接する面積が少ないため、土が痩せてくると風や揺れの影響で部分的に抜けちてしまうことがあります。上に冠瓦を葺いていますし、通常の雨の場合は雨水は入りにくいですが、放っておくと周囲ののし瓦もズレたり抜け落ちる可能性がありますのできちんと復旧させていただきます。
泉大津市ののし瓦が抜け落ちて冠瓦がズレています
地上から見えていましたが、降り棟の冠瓦がズレて、その下にあるのし瓦が抜け落ちている箇所もありました。
冠瓦は屋根面同士の取り合いの隙間を塞ぐ役割がありますので、ズレたり飛散することがあるとそこから雨水が浸入して雨漏りすることがあります。
棟の修理工事では、棟をすべて解体して積み直すとなるとその分費用がかさんでしまいますので、被害箇所とその周辺のみ修復する方法を取ります。
泉大津市の冠瓦が割れています
降り棟の冠瓦が割れている箇所もありました。
平成30年に大阪に上陸した台風21号では、屋根材や波板、看板、雨戸など様々なものが風で飛ばされてきました。その影響で瓦が割れる被害もたくさんありました。
泉大津市の瓦が割れています
桟瓦も割れています。
このように瓦の破片がそのまま残っているとシーリングで接着して処置することも可能ですが、あくまでも応急処置になりますので、今後のことを踏まえて割れた瓦はすべて新しい瓦に差し替えます。
このように瓦が割れたまま放置すると、雨水が浸入して木部を腐食させたり、屋根裏や部屋内に雨漏りするリスクが高くなってしまいますので、必ず修理しましょう。特に桟瓦は屋根に落ちてきた雨水が流れる経路になっていますので、雨水が屋根内部に大量に入り込む危険性があります。
泉大津市の瓦がめくれ上がっています
同じく大屋根の屋根面の桟瓦がめくれ上がている箇所がありました。
強風に煽られて瓦が持ち上げられ、隣の瓦の隙間にねじ込まれた状態です。
瓦が破損せず残っている場合は、その瓦を再利用して復旧させていただきます。
泉大津市の鬼瓦の取り合いの漆喰が剥がれています
瓦葺きの屋根には瓦同士の取り合いに漆喰を詰めて雨仕舞されています。
漆喰の主な成分は石灰で、防水や接着の効果を持っています。漆喰を瓦同士の隙間に詰めることで、雨水の浸入を防止したり、下地の葺き土を保護することができます。
鬼瓦の取り合いにも漆喰が詰められていますが、台風の強風ですべて剥がれている状態でした。
泉大津市の降り棟の取り合いの瓦が飛散し漆喰も剥がれています
降り棟と水平棟(横方向の棟)の取り合いにも漆喰が詰められていますが、ほとんどが剥がれていました。また、降り棟の頂部の瓦も飛散しています。
漆喰が傷んでくるとポロポロと剥がれてきますので、剥がれ落ちた漆喰が雨樋に溜まって水はけが悪くなるなど二次被害を引き起こす可能性もあります。
泉大津市の漆喰が剥がれて隙間があいています
瓦屋根には防水が必要な箇所に漆喰が詰められていますが、全体的に劣化していました。漆喰が剥がれて隙間があくと、そこから雨水が入り込んで雨漏りの原因になったり、瓦の固定力が低下して動きやすくなってしまいます。
修理工事では、傷んだ漆喰を取り除いてから新しい漆喰を詰めます。

下屋の被害状況

泉大津市の下屋の冠瓦も割れています
続いて下屋(下の屋根)の被害状況です。
下屋の短い降り棟の冠瓦も割れていました。
台風では、大屋根の飛散した瓦が下の屋根に落下して、瓦が割れてしまう、という状況をたくさん見ました。
泉大津市の桟瓦が割れています
下屋の桟瓦も割れています。
この部分は棟の際で、上に漆喰が詰められていますので、修理の際は漆喰と葺き土を取り除いて瓦を差し込まないといけません。

その他被害状況

泉大津市のカーポートの平板が割れて飛散
屋根以外にも被害がありました。
カーポートの平板が割れて飛散してしまいました。この平板はアクリル板で、古くなると少しの衝撃でも割れてしまいます。修理工事では、丈夫で耐用年数が長いポリカーボネート板に張り替えさせていただきます。
泉大津市の換気カバーが割れています
1階の外壁に取り付けられていた換気カバーも割れていました。
屋根修理の時に、新しい換気カバーに交換させていただくことになりました。
街の屋根やさん岸和田店は、屋根工事と同時に住まいの各工事も承っておりますので気になることがございましたらお気軽にご相談ください。
M様邸は台風で屋根に被害がありましたが、当初はどの業者も忙しそうだったので、頃合いを見て街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。火災保険にご加入されており、申請・適応されてからの工事になりました。
部屋内に雨漏りも発生したので内部の改修も行います。また、「足場を建てるなら」と、外壁塗装のご相談もいただきました。

次は室内への雨漏り状況をご紹介します。

この工事の現場ブログ

泉大津市の屋根の桟瓦が飛散

2020/07/04/ 泉大津市で台風で雨漏りが発生!雨漏りの現地調査に伺いました!

泉大津市にお住いのM様より「台風の影響で瓦が割れたりズレているので見に来てほしい」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。屋根に被害があり、2階の和室や階段室、1階の玄関の天井などに雨漏りが発生していました。台風後はどの業者も対応に追...........

泉大津市で瓦がズレたり割れているとのご相談

2020/07/03/ 泉大津市で台風で瓦がめくれ上がり割れている箇所もありました!

泉大津市のMさまより台風で「瓦が割れたりズレているんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。M様邸は木造の2階建てで、土葺きの瓦屋根です。下から屋根を見ると、屋根に被害があることが確認されました。屋根自体はとてもしっかりしていて...........

泉大津市の屋根の軒先から葺き直します

2020/07/06/ 泉大津市の台風で落下した桟瓦と庇の瓦の修理工事をご紹介!

泉大津市の台風被害に遭った屋根の修理です。M様邸は平成30年に大阪に上陸した台風21号の影響で瓦がズレたり飛散するなどの被害を受け、室内に雨漏りが発生しました。屋根の応急処置をされていない状態でしたので、雨漏りが進行ており、この工事で内装も...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

忠岡町で割れた瓦の交換や剥がれた漆喰の詰め直し工事を行いました

岸和田市の台風被害に遭った屋根
岸和田市の割れた瓦の修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
地瓦11枚・軒先瓦3枚・漆喰・シーリング
築年数
約40年
建坪
約14坪
保証
1年
工事費用
屋根修理費用・・約15.5万円(税込み)足場費用・・約9.4万円(税込み)
施工事例

泉南市の黒い釉薬瓦の降り棟が台風で崩れ修復と補強をしました!

泉南市の台風で飛散した降り棟の瓦
泉南市の降り棟の修復完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰・シーリング他
築年数
約25年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約17.2万円 屋根修理費用・・約31万円 波板張替え・・8.5万円(すべて税込み)
施工事例

泉大津市で雨漏りが発生!瓦のズレを補修しラバーロックしました

泉大津市の屋根修理前
泉大津市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
瓦補強用ビス・シーリング
築年数
約50年
建坪
約10坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約19.5万円(税込み)瓦ズレ修復及び固定工・・約27万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉大津市で雨漏りが発生!瓦のズレを補修しラバーロックしました

泉大津市の屋根修理前
泉大津市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
瓦補強用ビス・シーリング
築年数
約50年
建坪
約10坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約19.5万円(税込み)瓦ズレ修復及び固定工・・約27万円(税込み)
施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉南市の袖瓦が飛散

泉南市で軒天と野地板張り替え工事が完了したので仮撤去していた瓦を復旧しました。M様邸は木造・3階建ての住宅で、屋根は土葺きの瓦屋根です。台風で2階の屋根の袖瓦(そでかわら)が飛散し、応急処置ができないまま約2年が経過して野地板と軒天に水が廻...........

軒天

泉南市で軒天の張替工事を行いました。台風で袖瓦(屋根の流れの一番端に葺く瓦)が落下して、応急処置ができないまま雨ざらしの状態で約2年が経過し、野地板と軒天が腐食して穴が開いている状態でした。野地板(のじいた)とは・・屋根材を支えるための下地...........

泉南市の軒天・軒裏

泉南市の台風被害に遭った屋根を調査し、修理のお見積書をお預けして後日修理を行うことになりました。「2年前の台風で屋根が破損し、防水シートが破れて下地の板に穴が開いているんです。他の業者にも見積もりをお願いしたのですが、下地も修理しないといけ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747