貝塚市で台風で雨樋とテラス屋根が飛散し新しく交換しました


貝塚市のテラス屋根の平板が飛散したとのご相談
貝塚市の被害状況!
貝塚市の台風被害箇所の現地調査です。「台風でテラスの屋根が飛んでしまったんです」とのご相談をいただきました。
現地にお伺いし、お話をお聞きして確認すると、2階のバルコニーに設置されているテラス屋根の平板が4枚中3枚飛んでいました。また、玄関屋根の上に渡している這い樋も飛散していました。玄関屋根の天井には雨水が廻った形跡があり、上の壁際水切りの取り合いから雨水が浸入した可能性があります。他に、外壁のひび割れのご相談もありましたが、今回はテラスの平板と樋の復旧工事のみ行うことになりました。
貝塚市のテラスの平板はすべて張替えます
2階のバルコニーに設置されているテラス屋根の屋根材はポリカーボネート製の平板です。ポリカーボネートは強度があり衝撃に強いのでなかなか割れることはありませんが、台風の強風で平板が外れて飛んで行ってしまいました。
強風を受けた時に屋根の平板が飛ばないと、風の力で本体に荷がかかり変形したり倒壊する危険性がありますので、もともと板が外れる設計になっています。
同じ色の平板を用いても既存の板と新しい板では必ず色の差が出ます。「4枚中3枚が飛んでしまい、新旧の差が出てしまうならすべて張替えてほしい」とのご希望ですべて張替えることになりました。
貝塚市の這い樋が飛散しています
玄関屋根の樋の被害です。
玄関屋根の上に渡した這い樋が飛散していました。這い樋とは2階の竪樋に集まった雨水を1階の樋に流す樋のことです。這い樋が外れて飛散しているので、竪樋から流れてきた雨水が屋根の上に直接排出されます。そうすると、屋根の劣化を進める原因にもなります。飛散した這い樋は新しい樋に交換します。
貝塚市の玄関屋根の天井に雨水が廻っています
玄関屋根の天井に水が廻っている可能性があると心配されていました。
確認すると、水の跡が残っていました。
貝塚市の水切りの取り合いから雨水が浸入する可能性があります
玄関天井に水が廻った原因の可能性があるのは、バルコニーの壁との取り合いに施工されている壁際水切りです。壁際水切りは壁を伝ってきた雨水が内部に浸入するのを防止するための部材のことです。その水切りと瓦との間の隙間から雨水が浸入している可能性がありました。
今回は火災保険を適応して修理されますので、玄関天井は含まれていません。雨水がポタポタ落ちてくるわけではないので、今後様子を見てひどくなるようでしたらご連絡をいただけるということになりました。
貝塚市のパネルの上にモルタルを塗った形状です
玄関の横の外壁のひび割れのご相談もありました。
K様邸はALCパネル(非常に軽いコンクリート)を貼った外壁なのですが、この部分だけ上にモルタルを塗って塗装し、アクセントにされていました。その外壁の目地がひび割れてきたということです。
貝塚市の外壁の目地部分が割れています
目地部分のひび割れです。
下地がALCパネルでその表面にモルタルを塗っていますので、地震時の揺れなどの影響で動いた時に下にあるALCの目地で割れてしまいます。表面が割れているだけですので雨漏りの原因になる可能性は少ないですが、割れてくると心配になりますね。
貝塚市のテラスの屋根貼り替え
工事後の様子です。
テラスの平板はすべて張替えました。色はスモークブルーです。すべて新しい板に交換したので色が統一されきれいに仕上がりました。
貝塚市の呼び樋交換
這い樋も復旧しました。
これで雨水がきちんと排出されるので安心です。
雨樋はこのように部分的に交換可能ですので、破損しているなど気になることがございましたらお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装 

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装の現況
岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装
工事内容
雨樋交換
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料、一部多彩模様アクリルシリコン塗材
築年数
築35年
建坪
約65坪
保証
工事費用
約150万円(税込)
施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田の住宅、瓦棒葺き屋根、ガルバリューム鋼板葺き替え工事

岸和田市 板金屋根現況
岸和田市 ガルバリューム鋼板屋根葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
屋根葺き直し
雨樋交換
使用素材
屋根ガルバリューム鋼板 塩ビ製呼び樋 
築年数
39年
建坪
38坪
保証
8年(耐久年数10年)
工事費用
46万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市で全面足場を建てました

岸和田市S様邸の雨樋の交換及び塗装のご紹介です。台風で屋根瓦が落下するなどの被害を受けてご相談をいただき、雨樋から雨水が漏れるとのことですべて交換しようかとご検討されていました。また、既存の雨樋が色褪せて古く見えるのも心配要素の一つでした。...........

岸和田市の屋根に被害があったとのご相談です

岸和田市のS様より「台風で瓦が落ちて雨漏りしたんですが、知り合いの大工さんにとりあえず応急処置はしてもらったのでその後は止まっています。応急処置の状態なのできちんと修理してもらえませんか?」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。

高石市の樋が詰まり水が溜まっています

高石市のK様より雨樋の詰まりのご相談があり現地調査にお伺いすると、2階の軒樋(横方向の雨樋)と、下屋の軒樋がつまり、樋の中に水が溜まっている状態でした。調査の時に集水器(雨水を集めて竪樋に送る桝)の落ち口の部分に溜まった枯れ葉を取り除くと水...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747