泉大津市の屋根に縁切りのタスペーサーを挿入し棟板金もビスで固定


泉大津市の塗装改修工事の中の屋根の縁切り作業と外壁材の固定の様子をご紹介します。
泉大津市の屋根の縁切りを行います!
カラーベストの屋根を塗り替えると、屋根材の隙間に塗料が入り込んで埋まってしまいます。
「縁切り」とは、塗料が乾燥してから、塞がった隙間の塗膜をカッターなどで切って、隙間を確保する作業のことです。

屋根に落ちてきた雨水は、屋根材の隙間を通って出てきます。その形状から屋根内部に水が溜まらない仕組みになっています。その隙間が塗料で埋まってしまうと水が溜まってしまい、雨漏りの原因になることがあります。
泉大津市で使用するタスペーサー

縁切りは塗装後に、塗料で埋まった部分をカッターなどで切る作業のことですが、最近ではその縁切り作業を塗装前に行う「タスペーサー」という部材を使うことがほとんどです。

タスペーサーを使用する場合は、カッターで縁を切る従来の作業をしなくて済みます。

泉大津市でタスペーサーを瓦の隙間に挿入します

こちらが縁切り部材のタスペーサーです。
この部材を屋根の隙間に挿入することで隙間を確保することができ、上から塗装をかけても塗料で埋まることがありません。

雨漏りした住宅で、屋根を確認すると縁切りされておらず、埋まった塗料を切るとそこから水が出てきたことがあります。ですので、縁切りは雨漏りを防止するためにも必要な工程です。
泉大津市の屋根の縁切り完了
タスペーサーを屋根材の隙間に等間隔で挿入し、作業完了です。
一カ所ずつカッターで縁を切るよりも作業性がよく、はかどります。
泉大津市の棟板金もビスで固定
風の影響を受けやすい棟板金もしっかりとビスで固定しなおしました。
棟とは屋根と屋根とがぶつかる頂点部分のことで、そこに取付けている部材を棟板金と言います。
来は釘留めされていますので、経年で釘が緩んで抜けてくることがあります。ビス留めしておくと抜けにくくなり安心です。
泉大津市の外壁材が波打っています
A様邸の裏側の外壁材が波打っており心配されていました。
実はこの面の窓周りにはシーリングが施されておらず、取り合いから雨水が入ってしまう状態でした。
今回の塗装工事で窓周りのシーリング処置を行いました。
泉大津市の外壁材をビスで固定
外壁材が波打っていたので、一定間隔でビス留めしました。
泉大津市の外壁のビス頭にはシーリングを充填して防水
ビス頭から雨水が浸入しないように、シーリングを充填して防水しました。この上に塗装するので安心です。
今回は屋根の縁切りについて重点的にご紹介しました。

コロニアルの塗り替え時の縁切りは、雨漏りを防止するために必須の工程です。
もし、塗り替え後に雨漏りすることがあれば、縁切りを行っていない可能性がありますので、何かお気づきのことがありましたら街の屋根やさん岸和田店にご相談ください。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装 

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装の現況
岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装
工事内容
雨樋交換
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料、一部多彩模様アクリルシリコン塗材
築年数
築35年
建坪
約65坪
保証
工事費用
約150万円(税込)
施工事例

岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装

岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装
岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
部分塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料 外壁・・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
33坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約180万円(税込、クロス貼替含む)
施工事例

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装
岸和田市春木本町のひび補修と外壁塗装
工事内容
漆喰詰め直し
雨漏り修理
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
当社推奨セラミックシリコン
築年数
30年
建坪
35坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約130万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の雨漏りの現地調査

貝塚市で玄関先の天井と玄関ホール、1階の洋室の天井に雨漏りが発生したとのご相談で現地調査にお伺いしました。

泉大津市の屋根・外壁塗装

泉大津市で台風21号で化粧スレートや板金が飛散し、雨漏りが発生したA様邸の工事のご紹介です。現地調査を行い、台風被害に遭った屋根を修理し、屋根と外壁も塗装することになりました。今回は塗装前の躯体補修をご紹介します。

泉大津市の車庫の屋根のご相談

泉大津市で「台風でガレージの瓦が飛んでしまったんです」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。