オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

泉佐野市のスレート屋根の塗装で板金も丁寧に塗り込みました!


泉佐野市の屋根塗装です。Y様邸は化粧スレートの屋根で、数年前に塗り替えた塗膜が傷んで剥がれてきており、2階のベランダから見た下屋がボロボロで気になる、とのことで屋根のみを塗り替えることになりました。以前塗り替えられた時に、スレートの隙間が塗料で埋まっている状態でしたので、雨漏りを防止するために塗装前にカッターで塗膜を切って縁切りしました。今回の塗装ではタスペーサーという縁切り部材をあらかじめスレートの隙間に挿入し、日本ペイントのサーモアイSiを使用して下塗り・中塗り・上塗りしました。
泉佐野市の屋根塗装
塗装前の屋根の状況です。
数年前に塗った塗膜の密着性が低下してポロポロと剥がれてきていました。

スレート屋根の主な素材はセメントと繊維質ですので、もともと吸水性があります。そのため、表面を塗膜で覆って防水性を加えています。そのことから、塗膜が剥がれてくると防水性が低下し、スレート自体の劣化を進める原因になります。スレートを長持ちさせるためにも定期的に塗り替えを行い、雨水から守ることが大切です。
泉佐野市の屋根の高圧洗浄
Y様邸はこの工事で棟板金の交換や破風板・鼻隠しの板金包み工事も行いました。先にそれらの工事を完了させてからの塗装です。
まずは、屋根の高圧洗浄です。
高圧洗浄機を使用し、強い圧をかけた水で屋根の面の汚れや密着性が低下している塗膜を洗い落とします。
泉佐野市の屋根の塗膜をカッターで縁切り
以前、屋根塗装をされた時にスレートの隙間が塗料で埋まっている状態でした。
スレート屋根にはもともと隙間があり、流れてきた雨水が流れる形状になっています。その隙間が塗料で埋まってしまうと、雨水が屋根内部に溜まり雨漏りすることがあります。
このまま塗装すると、更に隙間が埋まってしまいますので、先にカッターで切って隙間を確保しました。
泉佐野市の屋根にタスペーサーを挿入
今回の屋根塗装前には「タスペーサー」という縁切り部材をスレートの隙間にあらかじめ挿入しました。
タスペーサーを挿入しておくと、この上に塗装をかけても隙間が埋まることがありません。

屋根の洗浄とタスペーサー挿入までの詳しい様子は前回の記事でご紹介しています!こちらをクリック
泉佐野市の屋根を下塗りします
屋根を洗浄し、乾燥させてから下塗りしました。
下塗りとは、塗装面を調整して上塗り塗料をしっかりと密着させるための工程です。
上記でご説明しましたが、スレートは水分を吸収する性質がありますので、吸い込みを止める塗料で下塗りし、上塗りの塗膜を密着させないといけません。
泉佐野市の板金も下塗りします
棟板金やケラバ水切りなどの板金類も屋根面と同じように下塗りします。
この工事で交換した棟板金も屋根面と色を合わせるために塗装します。

棟板金・・屋根の頂部である棟に取付ける板金
ケラバ水切り・・屋根の妻側(雨樋が付いていない面)に取り付ける板金
泉佐野市の下屋も下塗りします
2階のベランダから見える下屋も丁寧に下塗りしました。
下塗りは透明の塗料で、上塗りすると隠れて見えなくなりますが、塗膜を長持ちさせるための重要な役割があります。
下塗りの工程を省いてしまうと、上塗り塗料がスレートに吸い込まれて厚みを保てなかったり、密着性が低下して早期の剥がれの原因になってしまいます。塗膜を健全に、そして長持ちさせるために下塗りは必ず行う工程です。
泉佐野市の屋根の中塗り
下塗り後、中塗りします。
中塗りと上塗りは丈夫な塗膜を形成し、防水性を確保するとともに着色の工程でもあります。基本的に同じ塗料を使用して塗装します。
今回は、落ち着いた濃い茶色を採用しました。
泉佐野市の屋根を上塗りで仕上げます
中塗り乾燥後、上塗りします。
中塗りの塗膜をしっかりと乾燥させることで、塗膜に厚みが付き、2回に塗り分けることで、塗りムラなく美しい仕上がりになります。
中塗りが乾燥しきれていない状態で上塗りすると、中塗りの塗料がダマになったり塗料が垂れる等、美観性に悪影響を与えてしまいます。
泉佐野市の屋根塗装完了
大屋根(一番高い屋根)の塗装完了状況です。
塗膜が劣化し、剥がれてきて見た目に古い印象を与えていましたが、塗り替えにより艶のある美しい屋根になりました。日光を受けてキラキラと輝いています。Y様邸の屋根は勾配がきつく、下からよく見えますのできれいになると嬉しいですね!
美観性を確保するとともに、防水性も向上したので雨漏りの心配もありません。
泉佐野市の下屋塗装完了
Y様が気にされていた下屋もきれいに塗装完了です。
これで、ベランダに出た時に気落ちすることがなくなりました。
泉佐野市の玄関屋根塗装完了
玄関屋根や庇も3回に塗り分けてきちんと塗装しました。
下屋の降り棟はこの工事で交換しましたが、塗装により屋根と一体性が出ましたし、塗膜で覆ったので保護されている状態です。
街の屋根やさん岸和田店は、屋根の修理はもちろん塗装工事も承っております。
「屋根の色褪せがひどいんだけど、まだ塗装でメンテナンスできるかな?」
「屋根が色褪せて、すごく古く感じる・・・」
など、化粧スレートの色褪せや劣化でお困りの方はお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市のスレート屋根を日進産業のガイナで塗装し雨樋も調整!

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の塗装後の屋根
工事内容
雨樋交換
屋根塗装
その他の工事
使用素材
ガルバリウム鋼板・日進産業・ガイナ他
築年数
約27年
建坪
約20坪
保証
5年(塗装において)
工事費用
足場・・約21万円 屋根塗装・・約72万円 雨樋調整工・・約8万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市で屋根を遮熱塗料で塗装し外壁を多彩模様塗料で塗装しました

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の屋根塗装
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイント/サーモアイSi 外壁・・ダイフレックス/アーバントーン
築年数
約50年
建坪
約45坪
保証
外壁・・5年 屋根・・5年
工事費用
屋根・・37万円(税込み)外壁・・約170万円 足場代・・約29万円(税込み)
施工事例

岸和田市の外装リフォームで屋根を遮熱塗料で塗り替え外壁も塗装!

岸和田市の屋根塗装前
岸和田市の屋根塗装後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
屋根・・日本ペイントサーモアイSi 外壁・・ダイフレックス スーパーセランフレックス
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
5年
工事費用
屋根・・約65.5万円(税込み)外壁・・約114万円(税込み・付帯部塗装含む)足場・・22万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉佐野市の雨樋の掃除で屋根の漆喰が剥がれて樋に詰まっていました

泉佐野市の樋に漆喰が詰まっています
泉佐野市の樋を掃除して雨水が流れるようになりました
工事内容
その他の工事
使用素材
シーリング
築年数
築約35年
建坪
約18坪
保証
なし
工事費用
3.3
施工事例

泉佐野市の割れた銅製の雨樋を交換し雨水が溢れていた樋を調整!

泉佐野市の呼び樋が割れています
泉佐野市の樋の交換完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
銅製の雨樋・金具他
築年数
築約27年
建坪
約32坪
保証
2年
工事費用
約15.5万円(税込み)
施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市の板金屋根を塗装

泉佐野市で行ったトタン屋根の塗装の様子をご紹介します。S様邸には土葺きの瓦屋根とトタン屋根があり、台風で瓦ズレるなどの被害を受けて屋根を修理することになりました。トタン屋根の方は台風での直接的な被害はありませんでしたが、塗り替え時期を過ぎて...........

和泉市の屋根と外壁塗装などのご相談

和泉市のお住いのF様より「雨漏りはしていないのですが、屋根の老朽化が気になっているのでメンテナンスについて相談がしたいんです」とメールでお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしました。

岸和田市の屋根の塗膜が剥がれて真っ白です

岸和田市の屋根塗装です。N様邸は平屋の住宅が二棟あり、ひとつは増築されています。今回、本宅側の瓦やの葺き替えでご相談をいただき屋根の葺き替えを行いました。その時のご相談で、メンテナンス時期にきていた増築部のスレート屋根と外壁の塗装もしてほし...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747