岸和田市の台風被害に遭った屋根修復工事で袖瓦や棟を復旧しました


岸和田市のK様より、台風で屋根の瓦が落ちるなど被害があったので、見積もりと修理をお願いしたい、とのご相談で現地調査を行い屋根の修復工事を行いました。
K様邸は屋根の袖瓦(切妻屋根などの端に使用する瓦)が大量に飛散しており、棟の冠瓦の飛散や漆喰の剥がれ、地瓦の割れなどの被害がありました。
岸和田市の袖瓦を復旧します
屋根の被害状況です。(詳しい現地調査の様子は下のリンクの前回の記事をご覧になってください)

屋根のケラバ(雨樋が付いていない三角になった面)の袖瓦が両方の屋根面とも飛散していました。

袖瓦は軒先瓦と同じように瓦に「垂れ」が付いています。(L字型)その形状から、袖瓦には左右があります。
岸和田市・袖瓦は風の影響を受けやすい箇所です
袖瓦は外壁よりも突き出ていることがほとんどで、屋根の一番端にあることから地震や風の影響を受けやすい箇所です。
岸和田市の袖瓦・反対側はすべて飛散していました!
反対側の袖瓦はすべて飛散していました。
先ほどもお伝えしましたが、袖瓦は風などの影響を受けやすく、屋根の端に位置しますので、ズレると地面に落下してしまう可能性が高いといえます。
岸和田市の棟の冠瓦も飛散
棟の冠瓦も数枚飛散していました。

棟は二つの屋根面がぶつかり合う頂点部分のことで、そこから雨水が浸入するのを防ぐために瓦を積み上げて仕上げています。屋根面よりも高く積み上げているので強風などの被害に遭いやすい箇所ですので、銅線などで固定しているのですが、K様邸は銅線が劣化して切れていました。
修復工事では銅線も交換します。
岸和田市の鬼瓦の取り合いの漆喰が剥がれています
棟の先にある鬼瓦の取り合いに施工している漆喰が剥がれていました。
この漆喰は、鬼瓦の取り合いから雨水が浸入するのを防ぐ役割があり、また、瓦同士を接着しています。

漆喰が剥がれると、雨水の浸入を許してしまいますし、鬼瓦が動きやすくなってしまいますので、きちんと詰め直します。
岸和田市の袖瓦になんばんをのせて袖瓦を復旧

屋根の修復工事の様子です。

落下した袖瓦を復旧します。
なんばん漆喰をのせて瓦を密着させて復旧します。

なんばんとは、石灰にスザと糊を練り合わせた葺き土のことで、防水材を配合していますので、吸水性が少なく耐久性もあります。
岸和田市の袖瓦に穴をあけてビス留めします

袖瓦を密着させて、瓦に穴をあけて1枚1枚ビス留めしていきます。
今後も大型の台風が上陸する可能性があり、「台風がきて、また被害に遭うかもしれない・・・」と心配されている方が多いので、このようにしっかりと固定していると安心です。
岸和田市の袖瓦復旧完了
袖瓦をビス留めし、更に瓦同士の取り合いと上部にコーキングを充填してずれを防止しました。また、ビス頭にもコーキングを充填して雨水の浸入を防ぎました。
コーキングを瓦の下端に充填すると、雨水がせき止められて雨漏りの原因になることがありますので、注意が必要です。
岸和田市の反対側の袖瓦も復旧
反対側の袖瓦の復旧も完了しました。
こちらも1枚1枚ビス留めし、コーキングでずれを防止しました。
岸和田市の棟瓦もコーキングで固定
飛散した棟の冠瓦も復旧し、コーキングでズレを防止しました。また、切れた銅線も交換して固定しなおしました。
岸和田市の鬼瓦の漆喰も詰めました

鬼瓦の取り合いの漆喰も詰め直しました。
厚みを持たせて塗り、雨水の浸入を抑えました。
表面も整えたので見た目もきれいです。

漆喰は瓦同士を固定したり、雨水の浸入を抑えるなど重要な役割があります。経年で傷んできて剥がれてくると、雨漏りを引き起こしたり、瓦がズレることがありますので劣化が進む前にメンテナンスしましょう。
岸和田市の割れた瓦も差し替えます
下屋の地瓦(平場で使用する瓦)が割れていたので新しい瓦に差し替えます。
割れている瓦はすべて差し替えました。
岸和田市の瓦のズレを戻してコーキングで固定
瓦のズレがひどい箇所はズレを戻してからコーキングで固定しました。
瓦のズレを放置すると、どんどん進行し、雨漏りが発生したり強風で落下する危険性があります。
「台風被害に遭った屋根を修理したのでようやく安心して暮らせます。」
K様にお喜びいただけて良かったです。

街の屋根やさん岸和田b店は台風被害に遭った住宅の調査・修理など、順番になりますが承っておりますので、気になることがございましたらお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装

岸和田市極楽寺町のカビ除去もした外壁と屋根塗装 現況
岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料(2液シリコン)外壁・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
30坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約110万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のカラー鋼板屋根を金属屋根・ガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市西之内町の錆びた屋根のカラー鋼板
岸和田市西之内町のガルバリウム鋼板の屋根に葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築50年
建坪
保証
工事費用
約23万円(税込)
施工事例

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 現況
岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装
工事内容
屋根塗装
使用素材
遮熱材入屋根専用塗材
築年数
約15年
建坪
40坪
保証
工事費用
約35万円(足場含まず)
施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉南市の屋根の瓦が大きくズレています

泉南市のI様邸の風雨災害に伴う各所修復工事の様子をご紹介します。泉南市で屋根の現地調査をしているときにお隣に住むI様に「うちも瓦が割れてるんです」とお声をかけていただいたのがきっかけです。

泉南市の台風被害の現地調査

泉南市で台風被害に遭った住宅の現地調査を行っているときに、お隣に住むI様に「うちも屋根の瓦がズレてるんです。一緒に見てもらえませんか?」とお声をかけていただき、調査をさせていただきました。

泉大津市の天窓からの雨漏りのご相談

泉大津市にお住いのN様より「台風21号の時に天窓からの雨漏りしたので見に来てもらえますか?」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。N様邸の屋根はスレート(平型の薄い屋根材)で、大屋根(一番高い屋根)に天窓が付いていました。