オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市のALC外壁の目地やサッシ回りなどのシーリング打ち替え工


岸和田市の屋根・外壁塗装工事で塗装前のシーリング工事の様子をご紹介します。

O様邸は鉄骨造でALCパネルを張った外壁です。ALCパネルとは軽量気泡コンクリートのことで、不燃材料で、耐火構造などの仕様や認定を有しています。また、ALCは高温高圧で蒸気養生された特殊な製法により内部が気泡で空いている状態ですので、コンクリートよりも軽量になり、1/4程度と言われています。
岸和田市の3階の屋根までの足場を設置
O様邸は台風21号で屋根や樋に被害があり、それらを修理するために足場を建て予定で、足場を建てるならと、塗り替え時期に来ていた屋根や外壁の塗装も行うことになりました。

3階の屋根までの大きな足場を設置し、周囲に飛散・落下防止のメッシュシートを張りました。
岸和田市の窓周りのシーリングを打ち替え
ALCパネルの継ぎ目やサッシ回りには防水のためのシーリングを充填しているのですが、経年で痩せてきていたので防水性能を確保するために塗装前に打ち替えや増し打ちを行います。
窓周りや庇、出窓周りなどは雨漏りしやすい箇所ですので既存のシーリングを撤去してから新しいシーリングを充填します。
岸和田市のALCパネルの目地のシーリングは増し打ちします
ALCパネル同士の継ぎ目にも防水のためにシーリングを充填しています。
目地のシーリングは、上から増し打ちします。
既存のシーリングの上から充填しても、新しいシーリングに十分な厚みを確保できるため、増し打ちとさせていただきました。既存のシーリングの劣化が進んでいる場合は打ち替えないといけません。
岸和田市の窓周りの既存のシーリングを撤去します
サッシ周りの既存のシーリングを撤去します。
カッターで切り込みを入れて引っ張ると、分厚いシーリングが剥がれます。
シーリングは充填した当初は弾力がありますが、月日とともに痩せて硬化し、割れなどの症状が出てきます。
岸和田市のサッシの下端のシーリングも打ち替え
サッシの下端にもシーリングを充填しているので、すべて撤去します。
サッシ回りのシーリングが劣化し、そこから雨水が浸入して雨漏りの原因になった事例が数多くあります。
岸和田市のタイルの目地の既存シーリングを撤去
O様邸はALCの他にタイル張りの外壁もあります。
タイルの目地のシーリングも劣化していたので、すべて打ち替えます。
写真は既存のシーリングを撤去している様子です。
岸和田市のサッシ回りにプライマーを塗布します
充填したシーリングでサッシを汚してしまわないように、また美しく仕上げるために際にマスキングテープを貼りました。
続いて溝の中に刷毛でプライマーを塗布します。
プライマーは接着剤の役割がある塗料で、シーリングをより強力に密着させてくれます。
岸和田市の出窓や庇周りにもプライマーを塗布
出窓や庇周りにもプライマーを塗布します。
出窓や庇の取り合いから雨水が浸入することがありますので、しっかりと防水します。
岸和田市のALC外壁の目地にもプライマーを塗布
外壁の目地にもプライマーを塗布していきます。
プライマーの塗りにムラがあると、シーリングの剥離の原因になりますので刷毛を往復させて丁寧に塗布することが大切です。
岸和田市のサッシ回りにシーリングを充填して防水
プライマー塗布後、シーリングを充填します。
隙間の奥まで行き渡るように多めに充填します。
岸和田市のALC外壁の目地にシーリングを増し打ち
ALCの目地にも多めにシーリングを充填します。
岸和田市のタイルの目地にもシーリング充填
タイルの目地にもシーリング充填!
シーリングがはみ出しても両サイドに貼ったマスキングテープを剥がすときれいに仕上がります。
シーリングを充填した後、中に空洞ができないようにヘラで押さえます。そして余分なシーリングを撤去しながら表面を整えます。シーリングはすぐに乾きますので、乾ききる前に剥がします。
岸和田市の天窓を枠との取り合いにシーリングを充填
O様邸は台風21号で、2階の天窓が枠ごと飛散してしまいました。
今後、また同じように飛んでしまわないように枠の取り合いにシーリングを充填して固定することになりました。
シーリングを密着させるためにプライマーを塗布します。
岸和田市の天窓周りにシーリング充填
枠の隙間は上部にありますので、先端の曲がった形状のシーリング材で充填します。
シーリングが目立たないように、枠に近い黒色を使用しました。

シーリング工事完了状況

岸和田市の窓周りのシーリング打ち替え完了
岸和田市のALC外壁の目地シーリング増し打ち完了
岸和田市のタイル壁の目地シーリング打ち替え完了
岸和田市の換気カバー周りのシーリング打ち替え完了
建物には防水性能を確保するためにあらゆる箇所にシーリングを充填しています。防水のための重要な役割があるシーリングの劣化を放置すると、雨漏りが発生したり外壁材などの劣化の原因になり、修繕費用がかさんでしまいます。定期的なメンテナンスを行うことでそれらを防止することができますので、まだ手を加えていない方、シーリングの劣化が気になっている方は街の屋根やさん岸和田店へお気軽にご相談ください。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)
施工事例

貝塚市の雨漏りしていたベランダにFRP防水を施工しドレンも調整

貝塚市のベランダの下端から雨漏りしています
貝塚市のベランダのFRP防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
FRP防水材
築年数
約15年
建坪
約20坪
保証
3年
工事費用
約21.5万円(税込み)床補強・ドレン調整費用含む
施工事例

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装 

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装の現況
岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装
工事内容
雨樋交換
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料、一部多彩模様アクリルシリコン塗材
築年数
築35年
建坪
約65坪
保証
工事費用
約150万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の銅製の谷樋の穴あき修理で銅板をカットして塞ぎました

2f69fdc31e6ed2eb9d599e14248cb7a8-1
岸和田市の谷樋補修及び補強完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング材
築年数
約45年
建坪
約43坪
保証
2年
工事費用
約6万円(税込み)
施工事例

岸和田市の瓦屋根の修理で割れた瓦を交換しシーリングで固定!

岸和田市の袖瓦が飛散
岸和田市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
台風
使用素材
釉薬瓦・シーリング・雨樋他
築年数
築約55年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約96万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市のモニエル瓦(セメント瓦)屋根の修理でズレを戻しました

岸和田市の漆喰の剥がれ
岸和田市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
台風
使用素材
仮設足場、漆喰、コーキング等
築年数
約26年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約45万円(税込)足場代含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市のベランダを防水します

泉佐野市のベランダ防水です。H様邸はこの工事で台風被害に遭った屋根を修理し、屋根・外壁塗装を行いました。現地調査でベランダに施工されている防水の劣化も進んでいることが分かったので、塗装後に防水工事を行うことになりました。ベランダや陸屋根は外...........

和泉市の雨漏りの現地調査です

和泉市の雨漏り調査です。U様邸は鉄骨造の2階建てで、裏の敷地に木造1階建ての建物を増築されています。雨漏りしているのは増築部に設置されている洋室のクローゼットの中で、鉄骨造と増築部の取り合いにあたります。

阪南市の外壁の目地のシーリングを打ち直します

阪南市の外壁塗装に伴うシーリング打ち替え工事です。S様邸は築20年が経過し、まだ一度も塗装されておらず、今回が初めての塗り替えです。外壁にはサイディングという外装材を張っており、表面の塗膜が劣化して雨水を吸い込む状態になっていました。塗装前...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747