オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

貝塚市の塗装工事の前にサイディング外壁の目地シーリングを打ち替え


貝塚市で屋根と外壁の塗装工事を行うことになりました。
N様邸の外壁はサイディングで、目地や窓周りに施工している防水のためのシーリングが傷んで割れてきていました。
貝塚市の目地などのシーリングを打ち替えます
外壁を塗装すると、目地のシーリングの劣化は隠れて見えなくなりますが、また同じ箇所から割れてきますし、防水性能が低下したままになりますので元も子もありません。ですので、先に各シーリングを打ち替えて防水性能を確保しないといけません。また、シーリングを増し打ち(既存のシーリングの上に新しいシーリングを充填)することも可能ですが、下に既存のシーリングがあるため新しいシーリングに厚みが保てず性能を発揮できないですし、下にあるシーリングと一緒に剥がれてくる可能性もあるため、撤去して打ち替えます。
貝塚市のシーリングをカッターで切ります
劣化して割れてきている既存のシーリングをすべて撤去します。
シーリングと外壁の際にカッターの刃を入れて、その後にペンチで引っ張り出して剥がしていきます。
貝塚市の外壁の既存のシーリングを打ち替えます
既存のシーリングを撤去している様子です。
シーリングを充填した当初は弾力がありしっかりと密着していますが、経年で次第に硬くなってひび割れや剥離の症状が現れます。そうすると、割れた部分から雨水が浸入して、雨漏りの原因になったり、柱などの木部が濡れて腐食することがあります。
貝塚市のシーリング撤去完了

貝塚市の撤去したシーリングです
シーリングを撤去すると、このように目地の隙間が出てきます。この隙間に新しいシーリングを充填します。

目地のシーリングが剥がれたり割れてくると、サイディングの内側に雨水が廻ります。サイディングはもともと表面しか防水処理されていませんので、内側は水を含んでしまいます。そうすると、濡れたり乾燥したりを繰り返すうちにサイディングが反り返ってきて釘留めしている箇所からひび割れが生じます。サイディングの反りが少ないうちは塗装前にビス留めするなど補修できますが、反りがひどいと最悪の場合張り替えないといけない事態に陥ります。そうすると、メンテナンス費用がかさんでしまいますので、目地のシーリングの劣化が進む前に打ち替えることをお勧めします。
貝塚市の外壁の目地にプライマーを塗布します
既存のシーリングを撤去した後、シーリングで外壁を汚さないように目地の両側にマスキングテープを貼って養生します。その後に、プライマーを塗布していきます。
プライマーはシーリング材をしっかりと密着させるための塗料ですので、塗り残しがないように塗布しないといけません。刷毛を何度も往復させてムラなく丁寧に塗布することがシーリングを長持ちさせることに繋がります。
貝塚市の外壁の目地にシーリング充填
プライマーが完全に乾燥してしまうと、接着能力が低下してしまいますので、乾燥する前にシーリングを充填して防水します。
シーリング専用のガンでじゅうたんする場合もありますが、今回は押さえバッカーという道具を使用して充填しました。目地の奥に空洞ができないように、しっかりと押さえて充填しないといけません。
貝塚市の窓周りのシーリングもすべて打ち替えます
窓周りからの雨水の浸入を防止するために、シーリングを充填していますのですべて打ち替えます。
外壁の目地と同様に、既存のシーリングを撤去してから新しいシーリングを充填しました。
窓周りからの雨漏りは多く発生していますので、注意しながら作業を進めます。
貝塚市のシーリング打ち替え完了
シーリングを充填した後、乾ききる前に養生のマスキングテープを剥がして完了です。
シーリングが乾いてくると、マスキングテープを剥がす時にはみ出たシーリングと一緒に充填した部分のシーリングがくっついてくるので見た目が悪い仕上げになってしまうため、充填が完了した後すぐにマスキングテープを剥がします。
貝塚市の窓周りのシーリングも打ち替えました
窓周りのシーリングもすべて打ち替えました。
窓は外壁に開口を開けて取付けていることから、防水のシーリングが劣化すると雨水が内部に入りやすい状況になってしまいますので注意が必要です。
貝塚市の窓の下端もきちんと防水できています
窓の下端からも雨水が入ることがありますし、気密性を高めるためにもシーリングを充填しています。下端のシーリングもこのようにきちんと打ち替えていますのでご安心ください。
シーリングの打ち替えは、建物の防水性能を高めるためにも塗装工事につきものです。また、シーリングの劣化は塗り替えの目安にもなりますので、劣化が気になってきたら業者に相談してみましょう。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)
施工事例

貝塚市の雨漏りしていたベランダにFRP防水を施工しドレンも調整

貝塚市のベランダの下端から雨漏りしています
貝塚市のベランダのFRP防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
FRP防水材
築年数
約15年
建坪
約20坪
保証
3年
工事費用
約21.5万円(税込み)床補強・ドレン調整費用含む
施工事例

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装 

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装の現況
岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装
工事内容
雨樋交換
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料、一部多彩模様アクリルシリコン塗材
築年数
築35年
建坪
約65坪
保証
工事費用
約150万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

貝塚市の軒天井のケイ酸カルシウム板を張替え塗装した各所修理工事

貝塚市の軒天井破損
貝塚市の修理した軒天井と破風板
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨樋交換
その他塗装
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板、塗料、塩ビ雨樋、ガルバリウム鋼板、化粧合板など
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約180万円(税込み・足場代含む)
施工事例

貝塚市の雨漏りしていたベランダにFRP防水を施工しドレンも調整

貝塚市のベランダの下端から雨漏りしています
貝塚市のベランダのFRP防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
FRP防水材
築年数
約15年
建坪
約20坪
保証
3年
工事費用
約21.5万円(税込み)床補強・ドレン調整費用含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市のベランダを防水します

泉佐野市のベランダ防水です。H様邸はこの工事で台風被害に遭った屋根を修理し、屋根・外壁塗装を行いました。現地調査でベランダに施工されている防水の劣化も進んでいることが分かったので、塗装後に防水工事を行うことになりました。ベランダや陸屋根は外...........

和泉市の雨漏りの現地調査です

和泉市の雨漏り調査です。U様邸は鉄骨造の2階建てで、裏の敷地に木造1階建ての建物を増築されています。雨漏りしているのは増築部に設置されている洋室のクローゼットの中で、鉄骨造と増築部の取り合いにあたります。

阪南市の外壁の目地のシーリングを打ち直します

阪南市の外壁塗装に伴うシーリング打ち替え工事です。S様邸は築20年が経過し、まだ一度も塗装されておらず、今回が初めての塗り替えです。外壁にはサイディングという外装材を張っており、表面の塗膜が劣化して雨水を吸い込む状態になっていました。塗装前...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747