オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

泉佐野市で木造2階建ての住宅のセメント瓦が落下しました!


泉佐野市にお住いのI様より「2年前の台風で屋根に被害があり、雨漏りしてないんですが、状況を見て修理してほしいんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。台風の後に、近所に来ていた業者に依頼して応急処置をしてもらい、修理の見積もりをいただく予定だったそうですが、なかなか来てくれず、きちんと修理したいと街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。
泉佐野市の台風被害のご相談
I様邸は木造の2階建てで、屋根はセメント瓦を葺いていました。台風の被害に遭ったのは袖瓦と巴瓦で、強風で飛散し、屋根面に葺いている桟瓦も数枚割れていました。I様邸と同じ形状の瓦はもう製造されていないのですが、今回限りということで何とか製作していただき、同じ瓦で修理することができるようになりました。
泉佐野市のセメント瓦の屋根です
現地調査の様子です。

I様邸はセメント瓦を葺いた屋根です。

屋根面に桟を打ち付けて、そこに瓦を1枚1枚釘留めして葺いている屋根になります。

同じ瓦がもう製造されていないのですが、今回限りということで特別に用意することができたので、同じ瓦で復旧することができます。
泉佐野市の屋根をシートで応急処置されています
台風の後に近所にきていた業者に依頼されて頑丈に応急処置をしている状態でしたので、養生をめくることなく手で触って確認させていただきました。

調査にお伺いした時に、土のうやシートで屋根をきちんと養生されている場合、できるだけそのままの状態で調査をさせていただきます。雨漏りしてその後に応急処置をされている場合は特に、調査時にシートをめくって雨漏りするといけないからです。
泉佐野市の袖瓦が飛散
実際に、工事に入った時の屋根の様子です。

応急処置のシートをめくると、袖瓦が6枚飛散していました。
袖瓦とは、屋根の流れの一番端に葺く瓦のことで、L型の役物瓦を使用します。
泉佐野市の棟巴が飛散
袖瓦の頂部に施工する棟巴も飛散していました。

棟巴とは袖瓦の頂部である棟の先端に葺く装飾瓦のことです。
泉佐野市の屋根を防水テープで処置されています
屋根面に葺く桟瓦も割れている箇所があり、防水テープを貼って応急処置されていました。
泉佐野市の屋根を防水テープで処置されています
I様邸の瓦はセメント瓦で、経年で劣化すると割れやすくなってしまいます。
台風時に強風で何かが飛ばされてきたのか、瓦が数カ所で割れていて、防水テープで処置されていました。
割れたり飛散した瓦を新しい瓦に交換してきちんと修復することになりました。
泉佐野市のテラスの波板が変形
屋根の他に波板のご相談もありました。

I様邸は1階にテラスが2カ所あり、両方とも波板を張っています。その波板が経年で劣化して変形している状態でした。

泉佐野市のテラスの波板がフレームから外れています
もう一カ所の波板は変形してフレームから外れていました。

台風の時に瓦が飛散してきて、波板が割れている箇所もあります。また、その瓦が波板の上に落ちたままの状態です。
塩ビ製の波板は、紫外線の影響で茶色く変色し、変形してきます。そうすると、見た目が悪くなりますし、波板の継ぎ目から雨水が漏れることもあります。
I様邸の1階のテラスの波板は劣化が著しいので、張り替えてほしい、とのご希望でした。
泉佐野市のテラスの波板がバタつくというご相談
2階に設置されているテラスの波板のご相談もありました。

2階のテラスの波板は以前張り替えられたということで見た目はきれいでしたが「風が吹くとバタつくので心配なんです」とのお話がありました。
波板は専用のフックで固定されていますが、フックの長さが合っていないと波板がきちんと固定できず、風が吹いた時にバタついてしまいます。また、フックの間にあるパッキンが痩せても、波板との間に遊びができて、波板が動く原因になります。
2階のテラスの波板はきれいな状態ですので、風でバタつかないように固定しなおすご提案をさせて頂きました。
泉佐野市の温室
泉佐野市の温室内部
I様邸は玄関側の敷地にアルミ製のバルコニーがあり、その上に温室を設置されていました。
ガラス製の温室で、台風の時に飛んだり割れないか心配だったそうです。温室の中には使用していない水槽などがあり、中の物を含めて撤去してほしい、とのご相談もありました。
泉佐野市の修理前の屋根
屋根の修理とテラス屋根、温室撤去のお見積りをお預けし、息子さん達とご相談された結果、今回は屋根の修理と温室の撤去をお願いします、とのご依頼がありました。

お見積書は各項目ごとに分けて分かりやすく記載させていただいておりますので「今回はここだけにしよう」とか「ここだけは工事したいな」など、予算などを踏まえて検討していただくことができます。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市で台風で雨漏りが発生した瓦屋根を修理して補強しました

岸和田市の屋根修理前
岸和田市の屋根修理後
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
釉薬瓦、南蛮漆喰・葺き土、シーリング他
築年数
約38年
建坪
約19坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約64万円(税込み)
施工事例

泉南市の台風被害の屋根修理で足場を建てて棟を修復しました

泉南市の台風で崩れた降り棟
泉南市の降り棟修復状況
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
台風
使用素材
オレンジ釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰他
築年数
約43年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約41万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市の雨漏りの原因は棟!水が廻っていた降り棟を葺き直しました

岸和田市の降り棟の下のお部屋で雨漏りしています
降り棟の積み直し完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
葺き土・銅線・南蛮漆喰・シーリング他
築年数
約28年
建坪
約25坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約31万円(税込み・下屋水切り取付費用含まず)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉佐野市の割れた銅製の雨樋を交換し雨水が溢れていた樋を調整!

泉佐野市の呼び樋が割れています
泉佐野市の樋の交換完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
銅製の雨樋・金具他
築年数
築約27年
建坪
約32坪
保証
2年
工事費用
約15.5万円(税込み)
施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

泉佐野市俵屋の屋根塗装で耐久性のある屋根になりました!

泉佐野市俵屋で遮熱塗料での屋根塗装着工
泉佐野市俵屋で屋根の上塗り塗装に入りました!
工事内容
屋根塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料
築年数
築16年
建坪
35坪
保証
工事費用
約42万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の1階の和室の天井に雨漏り発生

貝塚市のH様より「1階の和室の天井に雨漏りしてるんです。急だったので驚いて・・・」とのご相談をいただき、雨漏り調査を行うと、雨漏りしている和室の上にある下屋のスレートが数枚割れている状態で、雨漏りの原因の可能性があることから、シーリングで補...........

貝塚市の雨漏りの現地調査にお伺いしました

雨が降った日に、急に雨漏りが発生して慌てた経験はありまんか?天井裏で「ポタポタ」と雨音がしたり、天井に雨染みができるととても心配になるかと思います。この記事では、急な雨漏りでお困りだった貝塚市H様邸の雨漏り調査の様子をご紹介します。

岸和田市の棟板金と貫板が飛散しています

岸和田市で台風被害に遭った棟の修理工事を行いました。M様邸では以前、出窓の雨漏り修理をさせていただいたことがあり、今回は2回目のご相談になります。「前に雨漏りをきちんと止めてくれたし親切だったので、今回もお願いしようと思ったんです。やっぱり...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747