オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

泉北郡忠岡町の銅製の雨樋からの雨漏り及び屋根の調査です!


泉北郡忠岡町の樋の修理
泉北郡忠岡町の銅製の雨樋からの雨漏り及び台風被害箇所の屋根の現地調査にお伺いしました。

屋根の被害箇所に関しては、他業者の方にシートで応急処置してもらったので安心だということですが、「雨樋から雨漏りしているので、雨が降るたびに気になるんです」ということでした。

雨漏りしている樋は大屋根(おおやね・一番高い屋根)の軒樋(軒先に付ける横方向の樋)です。

雨樋は屋根に落ちてきた雨水を地上までスムーズに送るための水路のようなものですので、破損したり詰まったりすると、雨漏りが発生してしまいます。

泉北郡忠岡町の銅製の軒樋に穴が開いています

こちらのお宅の樋は銅製の樋で、下から見ると大きな穴がいくつも開いていました。
銅製の樋は昔ながらの樋で、錆びることなく長く使えると言われていますが、最近の酸性雨の影響で酸化してしまい、写真のように穴が開いてしまう事例が多く発生しています。銅製の樋に穴が開く理由は様々ありますが、これだけ大きな穴が開くと、竪樋に雨水が流れるまでに穴から水が漏れてしまいます。
雨の量が多い時には下屋に大粒の水が落ちることになるので、ご心配されるのも納得です。
泉北郡忠岡町の軒樋・同じ箇所に雨水が落ちるので銅製の樋が摩耗します

上の写真で見ると、穴が等間隔に開いているのが分かりますが、その理由を右の写真でご説明します。

瓦の屋根は、瓦の形状で屋根に落ちた雨水が流れる経路が決まっています。(へこんでいる部分を水が通ります)
ですので、軒先にある樋に雨水が落ちる位置もほぼ決まっていると言えます。雨が降るたびに樋の同じ個所を雨水が打ち付けることになりますので、その時の水が落下する力で銅製の樋が摩耗して穴が開いてしまいます。
穴が等間隔に開いている理由がこれですね。

泉北郡忠岡町の銅製の谷樋も穴が開きます!
屋根の谷樋(谷状の部分に設ける樋)にも銅板が使用されていたので、先ほどと同じ理由でゆくゆくは必ず穴が開いてしまいます。
黄色い丸印部分の銅版の色が変わっていますが、それは銅板が摩耗している状態を示しています。
黄色い矢印から雨水が谷樋に流れ込んで同じ個所を何度も打ち付けて摩耗します。
谷樋に穴が開くと雨漏りしてしまいますので、その前に谷樋を交換するといいでしょう。最近では銅板よりも丈夫で長持ちするガルバリウム鋼板で谷樋を加工して施工します。
泉北郡忠岡町の樋が垂れ下がっています
銅板の穴開きは経年劣化ですが、台風の風害で離れの樋が一部変形していました。
銅製の樋は物がぶつかったり、強風などにより強い力が加わると写真のように変形してしまうことがあります。

銅製の樋の穴は、コーキングを充填したり銅板を上から貼るなど修理も可能ですが、破損・変形しにくい塩ビ製の樋に入替えることもご検討されるといいでしょう。
銅製の樋は月日を重ねるごとに味わい深くなり日本家屋の雰囲気にあいますが、銅製の部材は高価なので、手に入りやすい塩ビ製の樋に入替えるケースが増えています。
「雨が降ってるんだから、樋から雨漏りしてもいいんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、樋から漏れた雨水が外壁に何度もあたることで外壁の劣化を早めたり、屋根の高い位置の樋から落ちてきた雨水が地面を打ち続けるとその部分の土間コンクリートや地面を削ったり、その付近を歩く時に跳ね上がりの水で不快な思いをすることがあります。
結果的に雨樋の破損は建物自体の耐久性を脅かすことになりますので、放置せず修理しましょう。
泉北郡忠岡町の下屋の降り棟が一部崩れています
続いて台風被害箇所の屋根の調査を行いました。
下屋の降り棟(下に向かって伸びる棟)が一部崩れたとのことですが、冒頭でお伝えしたように、こちらは他業者の方がシートで養生してくれていました。
「樋の修理と一緒に屋根もお願いしたいんです」とのご希望でしたので棟の復旧もご提案させて頂きます。

泉北郡忠岡町の鬼瓦の取り合いの漆喰が剥がれています
屋根を点検すると、鬼瓦の取り合いなどの漆喰が剥がれてきていました。
漆喰は瓦や石材などの接着、目地の充填、外壁の仕上げなどに使用される建材です。


泉北郡忠岡町の鬼瓦の取り合いの漆喰の剥がれ
漆喰は隙間を埋めて瓦と瓦を接着する役割がありますので、その部分が傷んでくると、隙間から雨水が浸入したり、瓦がズレやすくなってしまいます。
泉北郡忠岡町の降り棟の取り合いの漆喰も剥がれています
泉北郡忠岡町の降り棟の取り合いの漆喰も剥がれています
降り棟の取り合いの漆喰も剥がれてきていました。

この写真は漆喰がほとんど剥がれてしまっています。
棟や鬼瓦は下地から銅線などを通して引っ張って固定していますが、経年劣化で銅線が切れたり、台風の強風でも切れることがあります。そうなると、鬼瓦が落ちたり棟が崩れることがありますので、補強のためにも定期的な漆喰のメンテナンスは欠かせません。
泉北郡忠岡町の壁の漆喰が傷付いています
玄関上の外壁に台風の時に何かが飛んできて、漆喰に細かい傷がついていました。
ここは漆喰塗りのご提案をさせていただきます。

続いて、雨漏りしているガレージの現地調査の様子をご紹介します。


街の屋根やさん岸和田店は、屋根の葺き替えから修理、塗装、樋修理、雨漏りのご相談など承っております。
住まいのことで気になること・心配されていることがございましたらまずはお気軽にご相談くださいね。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

貝塚市の軒天井のケイ酸カルシウム板を張替え塗装した各所修理工事

貝塚市の軒天井破損
貝塚市の修理した軒天井と破風板
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨樋交換
その他塗装
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板、塗料、塩ビ雨樋、ガルバリウム鋼板、化粧合板など
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約180万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市の銅製の谷樋の穴あき修理で銅板をカットして塞ぎました

2f69fdc31e6ed2eb9d599e14248cb7a8-1
岸和田市の谷樋補修及び補強完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング材
築年数
約45年
建坪
約43坪
保証
2年
工事費用
約6万円(税込み)
施工事例

岸和田市の瓦屋根の修理で割れた瓦を交換しシーリングで固定!

岸和田市の袖瓦が飛散
岸和田市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
台風
使用素材
釉薬瓦・シーリング・雨樋他
築年数
築約55年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約96万円(税込み・足場代含む)

同じ地域の施工事例

施工事例

忠岡町のひび割れた外壁のシーリングを打ち替え屋根と外壁を塗装

忠岡町の屋根を塗装します
忠岡町の屋根塗装完了
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイントサーモアイSi 外壁・・ラジカル制御形高耐候塗料
築年数
約20年
建坪
約17坪
保証
工事費用
約170万円(税込み・足場代・シーリング打ち替え費含む)
施工事例

忠岡町の屋根修理で落ちた瓦を修復し漆喰も詰め直しました

忠岡町の台風被害に遭った降り棟
忠岡町の降り棟修理後の様子
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
いぶし瓦・漆喰・ポリカーボネート波板他
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約80万円(税込み)足場代、カーポート・テラス波板張替え及び塗装費用含む
施工事例

泉北郡忠岡町の屋根葺き替えで瓦からスレートに葺き替えました

泉北郡忠岡町屋根現況
泉北郡忠岡町屋根葺き替え工事完了
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
コロニアルグラッサ
築年数
築50年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
約230万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の下屋の瓦が飛散

貝塚市の台風被害に遭った各所修理工事です。Y様邸は以前、街の屋根やさん岸和田店でテラスの波板張替えなどの工事をしていただいたことがあり、今回は台風での被害箇所の修理です。Y様邸は土葺きの瓦屋根で、下屋のケラバの瓦が1枚飛散し、壁際ののし瓦が...........

貝塚市の台風被害のご相談

以前街の屋根やさん岸和田店でテラスの波板張替えなどの工事をしていただいた貝塚市にお住いのY様より「台風で屋根の瓦が落ちて雨樋も割れてるんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。Y様邸は木造の2階建てで屋根は土葺きの瓦屋根です。状...........

岸和田市の庇にタオルを敷いて処置されています

岸和田市の庇の補修です。S様は以前から庇に落ちる雨音でお困りでした。雨樋が詰まって雨水が溢れているのでは、とのご相談をいただき調査をすると、雨樋は詰まっておらず、屋根の形状に問題があることが分かりました。雨水が落ちてくる庇の真上には2階の軒...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747