泉佐野市の陸屋根防水の下地調整でカチオンクリートを使用!


泉佐野市の陸屋根防水工事の中の下地調整までをご紹介します。
H様邸は今回の工事で躯体補修、外壁塗装、陸屋根防水を行いました。
陸屋根とは勾配がほとんどついていない平らな屋根のことで、三角屋根よりも水はけが悪いのできちんと防水処理をしないと雨漏りする可能性があります。いい防水を施していても、防水材料は経年で必ず傷んできますので、定期的にメンテナンスしないといけません。
泉佐野市の外壁のクラックをカッター切します
H様邸はモルタルの鉄骨造で、外壁や陸屋根のパラペット(立ち上がりの壁)にクラック(ひび割れ)が発生していました。
外壁塗装前の躯体補修で陸屋根のパラペット部のクラックも補修しました。
泉佐野市のクラック補修箇所を塗料でパターンを付けます
クラックの補修跡が目立たないように、塗装前にパターン付けしてから塗装しました。
泉佐野市の陸屋根を洗浄します
塗装工事の際の高圧洗浄で、陸屋根もきれいに洗いました。
防水層を保護するために表面にトップコートを塗布しているのですが、高圧洗浄機の強い水圧をあてると、劣化した塗膜が剥がれました。

水洗いした陸屋根を乾燥させる機関が必要ですので、先に外壁塗装を行い、完了後に陸屋根防水工事を着工しました。
泉佐野市の防水面をケレン・清掃します
今回は陸屋根防水の下地調整までをご紹介します。

まずは防水面のケレン・清掃を行います。
先に行った高圧洗浄で汚れや弱ったトップコートをそぎ落としました。更に、ヘラなどの道具を使用して、剥がれかかっているトップコートを撤去します。
劣化して浮いてきている塗膜の上に防水を施した場合、傷んだ下地と一緒に防水層が浮いてくる可能性がありますので、先に撤去しないといけません。この作業を「ケレン」と言います。
泉佐野市のパラペットの取り合いなどを先に防水
続いて、陸屋根の周囲にあるパラペットという立ち上がりの壁と屋根面との取り合いを防水しました。
取り合い部分は劣化しやすく、ひび割れが入ると内部に水が回る危険性があります。それらを防止するために、取り合い部にシーリングを充填します。
写真は取り合い部にプライマーという接着剤の役割がある塗料を塗布している様子です。
泉佐野市のパラペットの取り合いにシーリング充填
プライマーは素地とシーリングをしっかりと密着させる塗料ですので、欠かせない工程です。
プライマー塗布後、シーリングを充填して防水しました。
泉佐野市の陸屋根のクラックも補修
陸屋根面に発生したひび割れも同じようにプライマー、シーリングで防水しました。
泉佐野市の陸屋根にカチオンクリートで下地を調整
各所を防水した後、下地処理を行いました。
カチオンクリートという下地調整材を塗布して既存の防水面の上に新しい下地をつくります。
泉佐野市のカチオンクリートしごき塗り完了
カチオンクリートは薄塗で新しい下地を作ることができます。
既存の防水面には細かいひび割れや塗膜を撤去した部分との不陸がたくさんあります。その上に新しい防水層を形成するよりも、新しい下地の上に施工する方が長持ちします。
カチオンクリートは密着性に優れていますので、薄塗でも施工できます。
泉佐野市の陸屋根面をスクレーパーで表面を平滑に
カチオンクリートを乾燥させたあと、表面にスクレーパーという道具をあてて平滑に整えます。
泉佐野市の陸屋根面をエアーで飛ばします
続いてエアーで削り取ったカチオンクリートをエアーで吹き飛ばしました。
これで陸屋根の下地処理完了です。この上に防水層を形成します。
今回は、ウレタン樹脂塗膜防水という防水工法を行います。

続いて防水層の形成をご紹介します。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装 

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装の現況
岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装
工事内容
雨樋交換
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料、一部多彩模様アクリルシリコン塗材
築年数
築35年
建坪
約65坪
保証
工事費用
約150万円(税込)
施工事例

岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装

岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装
岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
部分塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料 外壁・・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
33坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約180万円(税込、クロス貼替含む)
施工事例

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装
岸和田市春木本町のひび補修と外壁塗装
工事内容
漆喰詰め直し
雨漏り修理
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
当社推奨セラミックシリコン
築年数
30年
建坪
35坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約130万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉佐野市俵屋の屋根塗装で耐久性のある屋根になりました!

泉佐野市俵屋で遮熱塗料での屋根塗装着工
泉佐野市俵屋で屋根の上塗り塗装に入りました!
工事内容
屋根塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料
築年数
築16年
建坪
35坪
保証
工事費用
約42万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉大津市で全周足場を建てました

泉大津市の屋根・外壁塗装の中の防水工事をご紹介します。Y様からの初めのご相談は「台風21号の被害でカーポートの屋根や外港のフェンスが飛散した」ということでしたが、屋根や外壁の塗り替えの時期でもあるのでそちらもしてほしい、ということで工事に至...........

岸和田市の3階の屋根までの足場を設置

岸和田市の屋根・外壁塗装工事で塗装前のシーリング工事の様子をご紹介します。O様邸は鉄骨造でALCパネルを張った外壁です。ALCパネルとは軽量気泡コンクリートのことで、不燃材料で、耐火構造などの仕様や認定を有しています。また、ALCは高温高圧...........

和泉市の天井のクロスが剥がれています

和泉市にお住いのU様より「台風で雨漏りしてるので見に来てもらえますか?」とご相談があり現地調査にお伺いしました。U様邸は鉄骨造で、屋根はスレート、外壁はモルタルの塗り壁です。