オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

貝塚市の劣化が進んだ木製テラスを入替てポリカ波板で仕上げました


貝塚市の木製テラス屋根の入替です。N様邸は台風で屋根や外壁の板金がめくれたり屋根材が飛散するなどの被害を受けました。その時に古くなったテラスの雨樋も破損し、波板も一部めくれてしまったので、この工事で波板を張り替えることになりました。また、テラス本体の木部が腐食し耐久性が低下していましたので、解体・撤去して入替えます。予算面を踏まえて既存と同じ木製のテラス屋根を造作設置することになりました。既存の垂木掛けのみを残してすべて撤去し、新しい柱を建てて、垂木、横桟、鼻隠しなどを組み、波板を張り、雨樋を取付けて完了です。
貝塚市の波板を張り替えます
ご相談があったテラスは1階に設置されています。屋根には塩ビ製の波板を張っていましたが経年で劣化が進み、変形・変色している状態でした。そこに台風の強風に晒されて波板が一部めくれてしまいました。
塩ビ製の波板は紫外線の影響で劣化が進み、変形や変色、割れ等の劣化症状が出てきます。劣化が進むと非常に割れやすくなり、物がぶつかったり、風の勢いで割れたり飛散することがあります。塩ビ製の波板は安価で扱いやすいことから昔は多く使用されていましたが、長期に渡って使用するには不向きな素材ですので、割れにくく耐用年数が長いポリカ波板が主流になっています。この工事では現況よりも耐久性を向上させるため、ポリカ波板で復旧させていただきます。
貝塚市の劣化したテラス本体も入れ替えます
N様邸のテラスは本体が木製です。
長い間雨風や外気に晒されて木部が腐食している箇所がありました。また、全体的に傷み、強度が低下している状態でしたので、この工事で本体も入れ替えることになりました。
貝塚市の波板屋根の樋が割れて変形しています
台風でテラスの雨樋の集水器(軒樋に流れてきた雨水を集める桝)が破損しその下に接続されている竪樋(縦方向の雨樋)も割れてしまいました。
テラスを復旧した後に破損した雨樋は交換します。
貝塚市の木製テラスを撤去
建物の壁に固定されている「垂木掛け」のみを残してテラス本体をすべて撤去します。
実際に解体していると、木部が腐食してスカスカになっている箇所があり、「台風で本体が倒壊しなくて良かった」と思いました。

垂木とは小屋組の一部のことで、屋根の一番高い部分(棟)から桁に渡して取付ける部材のことで、垂木掛けとは、垂木を壁側で受けて支えるための横木のことです。
貝塚市の既存のテラス本体を撤去
建物側に取り付けられている垂木掛けのみを残してテラス屋根本体をすべて撤去しました。
続いて、新しい柱を設置し、垂木掛けに垂木を差し込んで設置していきます。

軒先側に軒桁を取付け、垂木を一定間隔で端から端まで設置し、その上に横桟を取付け波板を張っていきます。
貝塚市で木製のテラス屋根を設置
テラス本体を造作設置しました。

柱を建てて一番端の垂木を設置、軒桁(垂木を受ける材)を固定してから端から端まで垂木を設置、その上に屋根下地となる横桟を取付けました。最後に鼻隠しで垂木の小口を隠して完成です。
貝塚市でポリカ波板を張りました
テラス本体が完成した後、木下地用の傘釘を使用して波板を張りました。

既存の波板は塩ビ製でしたが、長持ちするようにポリカ波板で復旧させていただきました。
ポリカ波板は衝撃に強く割れにくいという特徴があり、透明度も高いので屋根の下を明るく保ちたいという方にお勧めです。逆に、光を遮りたいという方は、マット調で色の濃い波板や、熱線をカットしてくれる波板もございます。
貝塚市で軒樋を取付けました
波板を張った後、軒樋(横方向の雨樋)を取付けました。鼻隠しに雨樋を受ける受け金具を取付け、既存の軒樋を調整して固定しました。
雨樋はただ取付ければいいという訳ではなく、屋根から流れ落ちてきた雨水を受けて、地下に流れるように勾配を付けて施工しないといけません。
貝塚市の木製テラスに雨樋取り付け
台風で破損した集水器と竪樋は新しい樋に交換しました。

集水器・・軒樋から流れてきた雨水を集める桝
エルボ・・雨樋の向きを変える部材
呼び樋・・軒樋と竪樋とを繋ぐ短い樋
竪樋・・縦方向の雨樋
つかみ金物・・竪樋をつかんで固定する金具
貝塚市の木製テラス入替え完了
木製テラスの造作・設置完了です!
貝塚市で木製テラス設置完了状況
明るくきれいな屋根に仕上がりました!
既存の波板は塩ビ製で変色が著しく、見た目に悪影響を与えていましたし、屋根の下も暗い状態でした。何より、テラス本体の木部の劣化が進み、強度が低下していたので、不安に感じていたそうです。
この工事で本体も一緒に入替えたので、また安心して使用することができますね。

街の屋根やさん岸和田店は木製テラスやアルミ製のテラスなどのご相談も承っておりますので、ご検討されている方はお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

忠岡町で割れた瓦の交換や剥がれた漆喰の詰め直し工事を行いました

岸和田市の台風被害に遭った屋根
岸和田市の割れた瓦の修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
地瓦11枚・軒先瓦3枚・漆喰・シーリング
築年数
約40年
建坪
約14坪
保証
1年
工事費用
屋根修理費用・・約15.5万円(税込み)足場費用・・約9.4万円(税込み)
施工事例

泉南市の黒い釉薬瓦の降り棟が台風で崩れ修復と補強をしました!

泉南市の台風で飛散した降り棟の瓦
泉南市の降り棟の修復完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰・シーリング他
築年数
約25年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約17.2万円 屋根修理費用・・約31万円 波板張替え・・8.5万円(すべて税込み)
施工事例

泉大津市で雨漏りが発生!瓦のズレを補修しラバーロックしました

泉大津市の屋根修理前
泉大津市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
瓦補強用ビス・シーリング
築年数
約50年
建坪
約10坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約19.5万円(税込み)瓦ズレ修復及び固定工・・約27万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

貝塚市の老朽化した朝日ソーラーの太陽熱温水器を撤去した施工事例

貝塚市の太陽熱温水器
貝塚市の太陽熱温水器撤去完了
工事内容
その他の工事
使用素材
シーリング他
築年数
築39年
建坪
約23坪
保証
無し
工事費用
約6万円(太陽熱温水器撤去・システム用配管端部仕舞・瓦補強工他含む)
施工事例

貝塚市の3階建ての住宅の屋根にガルバリウム鋼板の棟板金を取付

貝塚市の棟板金が飛散
貝塚市の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
貫板・ガルバリウム鋼板・シーリング・ポリカ波板
築年数
築約30年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
棟板金・貫板交換工事・約58万円(税込み)足場費用含む テラス波板張替え及び樋交換工事・約12万円(税込み)
施工事例

貝塚市の軒天井のケイ酸カルシウム板を張替え塗装した各所修理工事

貝塚市の軒天井破損
貝塚市の修理した軒天井と破風板
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨樋交換
その他塗装
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板、塗料、塩ビ雨樋、ガルバリウム鋼板、化粧合板など
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約180万円(税込み・足場代含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉南市の袖瓦が飛散

泉南市で軒天と野地板張り替え工事が完了したので仮撤去していた瓦を復旧しました。M様邸は木造・3階建ての住宅で、屋根は土葺きの瓦屋根です。台風で2階の屋根の袖瓦(そでかわら)が飛散し、応急処置ができないまま約2年が経過して野地板と軒天に水が廻...........

軒天

泉南市で軒天の張替工事を行いました。台風で袖瓦(屋根の流れの一番端に葺く瓦)が落下して、応急処置ができないまま雨ざらしの状態で約2年が経過し、野地板と軒天が腐食して穴が開いている状態でした。野地板(のじいた)とは・・屋根材を支えるための下地...........

泉南市の軒天・軒裏

泉南市の台風被害に遭った屋根を調査し、修理のお見積書をお預けして後日修理を行うことになりました。「2年前の台風で屋根が破損し、防水シートが破れて下地の板に穴が開いているんです。他の業者にも見積もりをお願いしたのですが、下地も修理しないといけ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747