オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

泉佐野市でお隣の屋根の瓦が落ちてきて瓦が割れる被害が発生!


泉佐野市にお住いのT様より「台風で雨樋が割れたり、屋根にも被害があるんです。火災保険も申請したいのでお願いします」とご相談をいただき現地調査にお伺いしました。
泉佐野市の台風被害の調査に伺いました
T様邸は木造・2階建て・和瓦の住宅です。
台風21号で、雨樋が割れて、2階の窓から見ると下の屋根にお隣さんの家の瓦がたくさん落ちていて、T様邸の瓦が割れているとのことです。
台風以降、応急処置してもらいたいと業者を探されましたが、どこも忙しく受付してもらえなかったそうです。
泉佐野市の樋が割れています
被害状況です。

竪樋(縦方向の雨樋)が割れていました。
竪樋は軒樋(横方向の樋)に集まった雨水を地中に送るための樋ですので、大量の水が集中します。そのため、割れたり穴が開くとそこから雨水がバシャバシャと漏れて不快な思いをしますし、外壁の同じ個所を雨水が打ち付けることで傷めてしまいます。
泉佐野市の軒樋も割れています
軒樋も割れていました。

軒樋は屋根に落ちてきた雨水を受けて竪樋に流す役割があります。
竪樋と同様に破損するとそこから雨水が漏れてしまいます。
雨樋の破損はここだけでなく、数カ所にありました。
台風21号が上陸した時は、強風でいろんなものが宙を舞っていたので、瓦などの飛散物がぶつかって割れてしまったのでしょう。
泉佐野市の納屋の樋が外れています
泉佐野市の雨樋の外れ
納屋の竪樋も外れていました。
竪樋はつかみ金物(樋をつかんで固定する金物)を壁に打ち付けて、その金物で固定しています。
この納屋の竪樋は、コーナーに取付けた木部に向かって固定されていましたが、つかみ金物が抜けて樋も一緒に外れている状態でした。修復工事では外れた竪樋を固定しなおしますが、つかみ金物が抜けないように根元にシーリングを充填します。
泉佐野市の屋根にお隣さんの瓦が飛散しています
屋根の上も確認しました。
T様のお話通り、飛散したお隣の家の瓦がT様邸の屋根の上に残っていました。

T様邸の瓦はシルバーの釉薬瓦で、飛散はしていませんでしたが、飛んできたお隣さんの瓦がぶつかって数カ所で割れていました。
泉佐野市の瓦が割れています
台風21号では、「お隣の家の瓦が飛んできて自宅の屋根に被害が生じている」というご相談が数多くありました。そのほとんどが下屋(1階の屋根)なのですが、T様邸は大屋根(2階の屋根)にも被害がありました。

下屋は大屋根よりも低い位置にありますので、大屋根から落ちてきた瓦で被害が及ぶ危険性があります。
泉佐野市の瓦が割れています
このように、瓦が割れた箇所の近くにお隣さんの家の瓦が落ちていました。
地瓦(屋根面で使用する瓦)が割れると、そこから雨水が浸入して雨漏りのリスクが高くなります。
屋根面は雨水が流れる経路ですので、そこに穴が開いていると瓦の内側に雨水がまわり、下に流れる過程で劣化している部分から部屋内に雨漏りとして顔を出します。
泉佐野市の下屋はひどい状態です
下屋の被害状況です。
下屋は大屋根に比べて被害を大きく受けていました。
写真で見て取れるように、大屋根から落ちてきた瓦で、下屋の瓦がたくさん割れている状態です。
修復工事では、新しい瓦をご用意し、割れた瓦はすべて差し替えます。
泉佐野市の壁際ののし瓦がズレています
他の被害で、壁際の「のし瓦」がズレていました。
のし瓦は平らで四角い瓦です。壁を伝ってきた雨水が下に流れるように勾配を付けて葺いています。
のし瓦を葺くときに葺き土や漆喰を使用していますが、それらが経年で痩せて傷んでくると隙間ができて動きやすくなってしまいます。そうすると、地震の揺れや風の影響で、のし瓦がズレたりぽろっと抜け落ちることがあります。
泉佐野市のテレビのアンテナは撤去します
テレビのアンテナは倒れず屋根の上でしっかりと立てられていましたが、もう使用していないので屋根工事の時に撤去してほしい、とのご希望です。
アンテナが台風の強風で倒壊すると、瓦が割れるなどの二次被害を引き起こす原因になりますので、使っていない場合は撤去する方がいいでしょう。
屋根工事の時に、今後の台風に備えて瓦が飛散しないように瓦同士をコーキングでつなげて固定・補強する「ラバーロック」を行うことになりました。

つづきはこちら(泉佐野市の大屋根の修理)

ラバーロックにはメリットとデメリットがあります。気になる方は下のリンクよりご覧になってください。



同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市のセメント瓦がズレて雨漏りが発生!瓦をシーリングで復旧

岸和田市のセメント瓦がズレています
岸和田市のズレたセメント瓦を固定
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
シーリング・漆喰
築年数
築約25年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約45万円(税込み・足場費用・カーポートパネル仮撤去及び復旧含む)
施工事例

貝塚市の3階建ての住宅の屋根にガルバリウム鋼板の棟板金を取付

貝塚市の棟板金が飛散
貝塚市の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
貫板・ガルバリウム鋼板・シーリング・ポリカ波板
築年数
築約30年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
棟板金・貫板交換工事・約58万円(税込み)足場費用含む テラス波板張替え及び樋交換工事・約12万円(税込み)
施工事例

岸和田市の台風でめくれた丸瓦の積み直しと漆喰壁などの塗り替え

岸和田市の丸瓦が飛散しています
岸和田市の丸瓦修理完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
火災保険
台風
使用素材
漆喰・聚楽・シーリング等
築年数
築約65年
建坪
約42坪
保証
2年
工事費用
約79万円(税込み)足場代、漆喰及び聚楽壁塗替え費含む

同じ地域の施工事例

施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

泉佐野市俵屋の屋根塗装で耐久性のある屋根になりました!

泉佐野市俵屋で遮熱塗料での屋根塗装着工
泉佐野市俵屋で屋根の上塗り塗装に入りました!
工事内容
屋根塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料
築年数
築16年
建坪
35坪
保証
工事費用
約42万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の板金が飛散し貫板も割れています

岸和田市の棟板金と貫板の交換工事です。台風で棟板金と貫板が飛散し、スレート(平らな板状の屋根材)も一部剥がれてしまいました。棟は屋根の上部の三角になった取り合い部のことで、二つの屋根面との隙間ができる箇所です。その隙間を埋めて屋根の仕舞をす...........

岸和田市の台風被害と雨漏りのご相談

岸和田市にお住いのK様より「2年前の台風被害の修理をしたいんです。屋根の他にも色々修繕しないといけないところがあるんですが、屋根以外のことでもお願いできますか?」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。街の屋根やさん岸和田店は住まいのこと...........

泉大津市の棟板金が飛散しています

泉大津市の台風被害に遭った屋根の修理です。Y様邸は屋根にスレート(平型の薄い屋根材)を葺いていて、棟に取り付けている板金が台風の強風で飛散してしまいました。また、下地の貫板も割れたり飛ばされている箇所があったのでこの工事で交換することになり...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747