オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岸和田市の降り棟や袖瓦、軒先瓦などの屋根修復工事を行いました


岸和田市で台風で棟の瓦などが飛散したとのご相談で現地調査を行い仮養生(応急処置)させていただいたN様邸の屋根修復工事のご紹介です。
岸和田市の降り棟を修復します!
N様邸は立派な瓦屋根の家で、棟部分には瓦を高く積み上げて仕上げています。
棟とはふたつの屋根面の取り合い部分の頂点のことで、屋根の高い位置にあることから地震や風の影響を受けやすい箇所です。そのため、銅線などで固定しているのですが、経年で銅線が緩んだり切れたりしている状態でした。銅線が切れると瓦が動きやすくなり飛散やズレの原因になりますので修復工事では新しい銅線を仕込んでしっかりと固定しなおします。

写真は被害に遭った降り棟(軒先方向に向かって降りる棟)を修復している様子です。
岸和田市の降り棟に新しい銅線を仕込みます

棟はのし瓦という四角い形状の瓦を両脇に積み上げて一番上に冠瓦を載せています。
台風で飛散した瓦で破損していないものは再利用して、足りない部分は新しい瓦を用いて修復します。

棟の崩れた部分を撤去して葺き土を載せて新たに瓦を積み上げます。そして、棟を固定するための銅線を仕込んでおきます。
岸和田市の鬼瓦も固定しなおしました
棟の先端には鬼瓦を施工していますが、鬼瓦はたいへん重いため、落下しないように銅線で固定しています。その銅線も緩んでいたのでしっかりと固定しなおしました。
台風21号では鬼瓦がズレて屋根の上でぶら下がっているのをよく見かけましたが、鬼瓦は重量があるので、落万が一下した時に下に人がいると大変です。鬼瓦のズレなどにお気づきの方は必ず修理しましょう。
岸和田市の降り棟に葺き土をのせて冠瓦を密着
降り棟に銅線を仕込んで、のし瓦を既存の段数まで積み上げ、最後に冠瓦を密着させてます。
岸和田市の降り棟を銅線で固定しました
仕込んでおいた銅線を瓦の穴に通して固定しました。
さらに、棟の外側からも銅線を巻き付けてしっかりと固定しました。
岸和田市の他の棟も修復します!
先ほどと同じように被害に遭った他の棟も順番に修復していきます。
岸和田市の降り棟の動いている瓦をめくって積み直します
仮養生していたシートをめくって作業開始です。
降り棟の動いている瓦や破損しているをめくり、新しい葺き土を間に敷いて積み直します。
岸和田市の降り棟に葺き土を載せて瓦を復旧します
このように瓦と瓦の間に葺き土をはさんで瓦を密着させながら積み上げます。
今回は被害に遭った箇所をもとに戻す修復工事ですので、棟全体をばらすことはありません。
岸和田市の瓦を密着させて銅線で固定
一番上に冠瓦をのせて、銅線で固定します。
棟の瓦は、棟から雨水が入るのを防ぐために施工しているので、ただ積み上げればいいというわけではありません。
雨水が棟の外側に流れるようにのし瓦に勾配をつけて積み上げているのです。
岸和田市の鬼瓦の取り合いは漆喰を詰めました
棟の修復後、鬼瓦の取り合いに漆喰を詰めました。
取り合い部分には必ず隙間ができますので、漆喰を用いて雨水の浸入を防ぐとともに瓦同士を密着させています。
今回は黒い漆喰を採用しました。
岸和田市の大棟との取合も漆喰で仕上げました
棟の先の鬼瓦が付いている方と反対側(大棟との取合)にも漆喰を詰めて処理しました。
(大棟とは一番高い屋根の横方向の棟のことです)
岸和田市の袖瓦を修復
本宅とは別棟の屋根の袖瓦が飛散していたので修復します。

袖瓦とは屋根の一番端・ケラバ部分に施工する瓦のことで、
こちらも風の影響を受けやすい箇所です。
下地の土が乾燥して痩せてくると瓦を密着する力が弱くなりズレや飛散の原因になります。
岸和田市の袖瓦との取り合いに丸瓦を積んで固定
N様邸の屋根は袖瓦と地瓦(屋根の平場で使用する瓦)との取り合いに丸瓦を積んでいる形状でしたので、元の通り復旧しました。
この丸瓦で袖瓦と地瓦を押さえて固定しています。
岸和田市の瓦のずれを戻します

N様邸の屋根は経年で瓦が軒先方向に少しづつズレている状態でした。
瓦のズレを放置すると、もっとひどくなりますし、隙間が開く可能性もありますので、被害に遭った箇所の周辺やズレがひどい箇所は押し込んで戻しました。
岸和田市の軒先の瓦をビスで固定

軒先の瓦や地瓦も割れたり飛散していたのですべて差し替えました。
軒先の瓦は動きやすいので、電動ドリルで瓦に穴をあけて、ビス留めしました。
岸和田市の屋根修復完了
岸和田市の屋根修復完了
N様邸の屋根修復工事完了です。
ここでは作業状況をピックアップしてご紹介しましたが、補修箇所が多かったので完了まで約1週間かかりました。
瓦屋根で築年数が経っている建物の修復工事をとことん行おうとすると、葺き替えをした方がいいのでは、と思うくらいに費用がかさんでしまう可能性がありますので、あくまでも被害箇所とその周辺の範囲の工事とさせていただきました。

この工事でご質問などございましたら街の屋根やさん岸和田店にお気軽にお問合せください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

貝塚市のカラーベストと棟包みが剥がれたので修理を行いました!

貝塚市の台風被害に遭った屋根
貝塚市の台風被害に遭った屋根の修理後
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
カラーベスト・グリシェイドグランデ・棟包み
築年数
約2年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・10.5万円 屋根修理費用・・16万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理で銅板晒し葺きの屋根の棟を修理しました

岸和田市の修理前の銅板屋根
岸和田市の修理後の銅板屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング
築年数
築35年
建坪
約50坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・19.8万円 屋根修理費用・・24.8万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市で強風で屋根のケラバ水切りが剥がれたので交換しました

岸和田市のケラバ水切りが貫板と一緒に飛散
岸和田市のケラバ水切りを復旧
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板製ケラバ水切り・下地
築年数
約23年
建坪
約23坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・14.8万円 屋根修理費用・・9.9万円(ともに税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理で銅板晒し葺きの屋根の棟を修理しました

岸和田市の修理前の銅板屋根
岸和田市の修理後の銅板屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング
築年数
築35年
建坪
約50坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・19.8万円 屋根修理費用・・24.8万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市で強風で屋根のケラバ水切りが剥がれたので交換しました

岸和田市のケラバ水切りが貫板と一緒に飛散
岸和田市のケラバ水切りを復旧
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板製ケラバ水切り・下地
築年数
約23年
建坪
約23坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・14.8万円 屋根修理費用・・9.9万円(ともに税込み)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理でベランダに補強のメッシュを敷いて防水!

岸和田市のベランダ防水前
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材・カチオンクリート・トップコート・プライマー・コーキング
築年数
約26年
建坪
約23坪
保証
2年
工事費用
約31万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町の土居のしの取り合いの漆喰の剥がれ

熊取町で壁際の漆喰詰め直し工事を行いました。漆喰は、瓦同士の隙間を埋めて防水し、瓦と瓦をくっつけたり、瓦を固定する役割があります。2階の窓から外を見た時に、下の屋根に剥がれた漆喰が落ちていたので、心配になってご相談をいただいたことがきっかけ...........

泉大津市の瓦を復旧して全体的に固定しないといけません

泉大津市の皆様こんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。最近、地震が頻繁に発生しているのでとても心配ですね・・・。台風はある程度予測がつくので事前に備えることができますが、地震は突発的に起こるので本当に恐ろしいです。「台風」や「地震」「...........

熊取町の屋根の漆喰の剥がれ

熊取町にお住いのY様より「漆喰の剥がれ」「漆喰の汚れ」のご相談があり、漆喰の詰め直し工事を行いました。屋根の漆喰(しっくい)は、葺き土の流出や雨水の浸入を防止したり、瓦を固定する重要な役割があります。しかし漆喰は、永久的ではなく、残念ながら...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747