オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市の台風の突風で崩れた降り棟を一部積み直し銅線で固定


岸和田市の台風被害に遭った土葺きの屋根の修復工事です。
I様邸ではいぶし瓦を使用しています。台風の突風で大屋根(一番高い屋根)の降り棟(軒先方向に向かって降りる棟)が一部崩れ、軒先の瓦も飛散してしまいました。その瓦が下屋に落ちて下屋の瓦が大量に割れる二次被害が起こり雨漏りが発生しました。
岸和田市で全面に足場を設置します
I様邸は大屋根の軒先瓦がいくつも飛散し、下屋の被害が広範囲に渡っていますので、足場を全周に建てることになりました。
足場は職人が作業する際の足掛かりになり、安全を確保するとともに品質の高い工事を行うために必要です。
岸和田市の大屋根の被害
大屋根の被害状況です。
降り棟の一部が崩れて軒先の瓦も下に落下していました。
岸和田市の屋根の二次被害
大屋根の瓦はあちこちで飛散しており、その分、下屋の瓦も大量に割れてしまいました。
崩れた棟を一部積み直して、銅線で固定し、今後、また飛散しないようにコーキングで瓦同士を繋げて補強することになりました。
岸和田市で使用するいぶし瓦をご用意しました
I様邸で使用するいぶし瓦です。
いぶし瓦とは粘土瓦の一種で、粘土を瓦の形に形成したあと、素焼きしてから蒸し焼きにし、表面に炭素膜を形成した銀色の瓦のことです。
岸和田市の降り棟を一部積み直します
足場を建ててから、屋根の応急処置のブルーシートを撤去しました。
黄色い点線部分の崩れた棟を積み直します。
岸和田市の降り棟に葺き土を足して銅線で固定しなおしました
鬼瓦は飛散していませんでしたが、下地の葺き土が痩せていたので、新しい葺き土をのせて銅線で固定しなおしました。
銅線を通した長いビスを降り棟の木下地に向かって打ち付けて、その銅線を鬼瓦に通して引っ張って落ちないように固定します。
岸和田市の降り棟にのし瓦を積み上げます
続いて降り棟を一部積み直しました。
新しい葺き土をのせて、その上に四角いのし瓦を積み上げます。I様邸の棟はのし瓦を3段積み上げる形状ですので間に葺き土を挟みながら葺きます。
のし瓦は雨水が棟の内側に入らないように勾配を付けないといけないので、技術が必要です。
岸和田市の降り棟に葺き土を敷いて冠瓦を葺きます
のし瓦を3段積み上げて一番上に冠瓦と言う半丸の瓦を葺きます。
土葺きの屋根は粘り気のある土を下地にして瓦を密着させて固定していますので、土が少ないと意味がありません。葺き土と瓦の間に隙間ができないように土をのせることが大切です。
岸和田市の降り棟を銅線で固定します
鬼瓦の固定の時と同様に、あらかじめ棟に銅線を通しておき、最後に固定します。
銅線は経年で劣化し切れやすくなってしまいます。I様邸の崩れた棟の銅線も傷んで切れている状態でした。
岸和田市の冠瓦の頂部で巻いて固定
冠瓦の頂部の穴に銅線を通して、くるくると巻いて固定完了です。
この銅線がないと、土だけで固定することになりますので、瓦が動きやすくなり、棟が崩れる原因になってしまいます。
岸和田市でコーキングで棟を固定
近年、予想もつかない大型の台風に見舞われることが多いので、瓦の飛散を防止するためにコーキングで瓦同士を繋いでしっかりと固定させていただきました。
岸和田市の他の棟も固定
黄色い点線部分の棟を積み直しました。
被害箇所以外の降り棟も、今後のことをふまえてコーキングで補強しました。このように瓦同士を繋ぐことにより、瓦がバラバラに飛散するのを防ぐことができます。この工法のことを「ラバーロック」といいます。

次は、軒先瓦の復旧や瓦の固定の様子をご紹介します。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

忠岡町で割れた瓦の交換や剥がれた漆喰の詰め直し工事を行いました

岸和田市の台風被害に遭った屋根
岸和田市の割れた瓦の修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
地瓦11枚・軒先瓦3枚・漆喰・シーリング
築年数
約40年
建坪
約14坪
保証
1年
工事費用
屋根修理費用・・約15.5万円(税込み)足場費用・・約9.4万円(税込み)
施工事例

泉南市の黒い釉薬瓦の降り棟が台風で崩れ修復と補強をしました!

泉南市の台風で飛散した降り棟の瓦
泉南市の降り棟の修復完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰・シーリング他
築年数
約25年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約17.2万円 屋根修理費用・・約31万円 波板張替え・・8.5万円(すべて税込み)
施工事例

泉大津市で雨漏りが発生!瓦のズレを補修しラバーロックしました

泉大津市の屋根修理前
泉大津市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
瓦補強用ビス・シーリング
築年数
約50年
建坪
約10坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約19.5万円(税込み)瓦ズレ修復及び固定工・・約27万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のALC外壁の塗装前に目地のシーリング工事を行いました

岸和田市の改修前の外壁の目地
岸和田市の外壁の目地改修後
工事内容
防水工事
外壁塗装
使用素材
シーリング、多彩模様塗料(下塗り・中塗り・上塗り)
築年数
築26年
建坪
保証
外壁塗装5年
工事費用
シーリング工事・・約72万円 足場費用・・約39万円 外壁塗装・・約180万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市の台風で飛ばされたカーポートとテラスの平板の張替

岸和田市のカーポートの平板が飛散
岸和田市の飛散したカーポートの平板を復旧
工事内容
台風
使用素材
ポリカーボネート平板
築年数
約20年
建坪
約17坪
保証
1年
工事費用
約13.5万円(税込み)
施工事例

岸和田市のスレート屋根を日進産業のガイナで塗装し雨樋も調整!

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の塗装後の屋根
工事内容
雨樋交換
屋根塗装
その他の工事
使用素材
ガルバリウム鋼板・日進産業・ガイナ他
築年数
約27年
建坪
約20坪
保証
5年(塗装において)
工事費用
足場・・約21万円 屋根塗装・・約72万円 雨樋調整工・・約8万円(すべて税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉南市の袖瓦が飛散

泉南市で軒天と野地板張り替え工事が完了したので仮撤去していた瓦を復旧しました。M様邸は木造・3階建ての住宅で、屋根は土葺きの瓦屋根です。台風で2階の屋根の袖瓦(そでかわら)が飛散し、応急処置ができないまま約2年が経過して野地板と軒天に水が廻...........

軒天

泉南市で軒天の張替工事を行いました。台風で袖瓦(屋根の流れの一番端に葺く瓦)が落下して、応急処置ができないまま雨ざらしの状態で約2年が経過し、野地板と軒天が腐食して穴が開いている状態でした。野地板(のじいた)とは・・屋根材を支えるための下地...........

泉南市の軒天・軒裏

泉南市の台風被害に遭った屋根を調査し、修理のお見積書をお預けして後日修理を行うことになりました。「2年前の台風で屋根が破損し、防水シートが破れて下地の板に穴が開いているんです。他の業者にも見積もりをお願いしたのですが、下地も修理しないといけ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747