岸和田市の長屋の店舗で雨漏り発生!屋根の劣化が進行し葺替えのご提案


岸和田市の一階の店内で雨漏りしています
岸和田市の店舗内の雨漏り
岸和田市の長屋の店舗で以前から雨漏りしている、とのご相談で現地調査にお伺いしました。
お店が忙しくて長い間修理しないでいるうちに被害が拡大したようで、建物の一階・二階の両方に雨漏りしている状態でした。今回、お店を閉店することになり、家主さんを通じて雨漏りのご相談があり、調査を行っています。

写真は店舗の一階奥のお部屋の天井の雨漏りで、広範囲にわたり雨染みが広がっていました。
岸和田市の二階の天井に雨漏り発生
二階は住居スペースです。
二階部分は以前も雨漏りしたことがあり、その時に部分的に修理されたそうですが、雨漏りが再発してそのままになっているとのとこでした。
岸和田市の天井板が腐食しています
一階部分よりも二階の方が雨漏りが進行していました。
長い間雨漏りをそのままにしていたので、天井板が腐食してカビが発生している状態でした。
カビは、小さなお子様やアレルギー体質の方、お年寄りの方がいらっしゃると、健康に影響を与える可能性がありますので注意が必要です。
天井板が腐食しているということは、風通しの悪い天井裏も同じように腐食している可能性があります。
岸和田市の押し入れの襖にも雨水が廻っています
押し入れの襖にも雨水が廻って、雨染みとなって残っていました。
このような雨染みが目につくと、あまり気持ちがいいものではありませんね。
岸和田市の押し入れの上の天井です
押し入れの上の天井も雨漏りの跡がありました。
ここから出てきた雨水が、下にある押入れまで伝っていったのでしょう。
高い所から浸入した雨水は下へ下へと流れていくので、時には浸入した箇所を発見するのに時間を要することがあります。
岸和田市の押し入れの中もひどい状態です
押し入れの中も確認すると、開けた瞬間にカビのにおいがして、やはり雨漏りしていました。
壁の中に雨水が廻り、壁のアクと一緒に出てきています。
岸和田市でたくさんの桶で雨を受けています
雨漏りがひどいので、たくさんの桶を置いて対応されていました。このように、目に見えるところにポタポタと雨水が落ちてくるということは、目に見えない天井裏も同じくらい濡れているということです。
岸和田市の銅板の屋根と瓦屋根
屋根の状態を確認すると、部屋内と同様に劣化が進んでいました。
以前雨漏りした時に、雨漏りが止まらないので応急処置で屋根にシートをかけられたそうですが、そのシートが紫外線や雨風などの影響で破れてボロボロになっていました。

大屋根は瓦、下屋が銅板の屋根で、その両方が傷んでいました。
岸和田市の銅板の屋根に穴が開いています

下屋の銅板の屋根は、酸性雨や同じ箇所を雨が打ち付けることによる摩耗の影響で穴が開いていました。
銅板に穴が開くと、小さな穴でもそこから雨水が浸入して雨漏りの原因になります。

銅板は経年により、様々なことが原因で穴が開く事例が多くありますので、最近ではあまり使用されなくなっています。
岸和田市の瓦が下にズレています

大屋根の軒先を見ると、瓦が下にズレているのが分かりました。
健全な屋根の瓦は、軒先の瓦の位置が揃っていますが、こちらの軒先の瓦は不揃いになっています。これは、瓦が下にずり落ちてきていることを表しています。
瓦がズレると隙間が開き、雨漏りの原因になります。
岸和田市の瓦がズレて隙間が開いています
軒先の瓦もそうですが、屋根全体の瓦がズレてきていました。
分かりやすい箇所に黄色い矢印で印をいれましたが、他にも隙間が開いているところがたくさんありました。
このように瓦がズレると隙間が生じて、吹上げの雨などで雨水が瓦の内側に浸入します。
岸和田市の瓦の下の土が流れています
瓦を一枚めくると、下地の土が流れているのが確認でき、更に防水シートが敷かれていないことが分かりました。
瓦の下には葺き土があり、その下に防水シートを敷くのですが、昔の屋根の場合、防水シートを使用していないことがあります。そうなると、瓦の下に雨水が浸入すると、直接小屋裏に雨水が廻ってしまいます。
岸和田市の棟瓦の代わりに板金を載せています
屋根の棟(屋根の一番高い部分)にはのし瓦(四角くて平たい瓦)がたくさん積まれており、一番上の冠瓦が一枚ない状態で、代わりに板金を被せていました。
棟はのし瓦を数段積み上げて構成されていますが、今回のお宅のようにのし瓦を高く積んでいる形状の棟は風の影響を受けやすいので注意が必要です。
岸和田市の屋根の漆喰が剥がれて土が痩せています
棟の瓦がズレて隙間が開くと、そこから雨水が浸入して下地の土に水が廻り、土が膨張して表面の漆喰が押し出されて剥がれてしまいます。そうなると、今まで漆喰で保護されていた土がむき出しになり、雨水を吸い込んで雨漏りしてしまいます。また、土が雨と一緒に流れ出てしまい、棟のバランスが崩れて、積み直さないといけなくなります。
岸和田市の瓦の下はコーキングで塞いではいけません
以前雨漏りした時に修理をされたということですが、この方法が屋根にとってあまりよくない方法でした。
瓦がズレないように、コーキングで固定するのですが、瓦の下にコーキングを充填してしまっているので、瓦の内側に入った雨水の逃げ場がなくなり雨漏りの原因になっているようでした。
瓦の下端は換気の意味合いで開けておかなくてはいけないのですが、ここを塞いでしまうと、湿気がこもり下地の板を腐食させる原因にもなります。
岸和田市で屋根葺き替えのご提案

調査の結果、屋根の劣化が進んでおり、どこからでも雨水が入る状態だということが分かりました。また、雨漏りも広範で発生しているので、部分的な修理では雨漏りを止めることができないとの判断で、屋根を葺き替えるご提案をさせていただきました。
雨漏りは、初期の頃なら修理費用が抑えられますし、その都度手を加えていれば劣化も防止できますが、長い間雨漏りをそのままにしていると、根本的な修理が必要となり費用もかさんでしまいます。
もしあなたも、雨漏りかも?と異変を感じることがございましたら、できるだけ早めに業者に見てもらいましょう。
街の屋根やさん岸和田店は、雨漏り修理の実績が数多くございますので、安心してご相談くださいね。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)
施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装
岸和田市春木本町のひび補修と外壁塗装
工事内容
漆喰詰め直し
雨漏り修理
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
当社推奨セラミックシリコン
築年数
30年
建坪
35坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約130万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のカラー鋼板屋根を金属屋根・ガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市西之内町の錆びた屋根のカラー鋼板
岸和田市西之内町のガルバリウム鋼板の屋根に葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築50年
建坪
保証
工事費用
約23万円(税込)
施工事例

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 現況
岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装
工事内容
屋根塗装
使用素材
遮熱材入屋根専用塗材
築年数
約15年
建坪
40坪
保証
工事費用
約35万円(足場含まず)
施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の玄関庇のご相談

岸和田市の玄関庇の改修のご紹介です。A様邸の玄関庇は、経年で劣化しており、台風の強風で天井板が剥がれてきていました。

岸和田市の雨漏りの現地調査

貝塚市にお住いのM様より雨漏りのご相談をいただきました。台風で2階のバルコニーに設置していた木製のテラス屋根が倒壊して飛ばされ、バルコニーの下にあるトイレや玄関、洗面所で雨漏りが発生したとのことです。

忠岡町の雨漏りの現地調査

忠岡町の雨漏り調査と風雨被害箇所の点検にお伺いしました。K様邸は以前から2階の和室の窓枠に雨漏りしていて、先日の台風でひどくなったので調査してもらおうと、お問い合わせをいただきました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747