オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

貝塚市の飛散した棟板金と下地の貫板を交換!剥がれた波板も張替


貝塚市の棟板金入替工事です。棟とは屋根の頂部の水平部分のことで、そこに取り付ける金物のことを棟板金と言います。T様邸は3階建ての住宅で、台風の強風で棟板金がほとんど飛散してしまいました。また、下地の貫板も経年で劣化が進んでいたので交換します。棟板金は貫板に向かって固定されている為、貫板が腐食しているとしっかりと留め付けることができないので、耐久性を向上させるためにも貫板も新品にします。また、釘は風や揺れの影響で緩んできやすいので、抜けにくいビスで固定させていただきました。
貝塚市の剥がれた波板も張替し、飛散した棟板金と下地の貫板を交換したお客様の声!
屋根の被害状況です。
水平棟(横方向の棟)に施工されていた板金がほとんど飛散している状態です。
スレート屋根(平型の薄い屋根材)の棟にはこのように板金を取付けられており(スレートの部材の場合もあります)屋根面同士の取り合いから雨水が浸入するのを防いでいます。
貝塚市で部分足場を設置
T様邸は3階建てで、屋根の勾配もきついので作業用の足場を設置しました。
屋根工事に伴う足場は職人が安全に作業し、品質のいい工事をするためにも必要になることがほとんどです。工事の内容や範囲によって足場をどのように建てるか計画します。
貝塚市の劣化した貫板を交換
棟板金は、貫板と呼ばれる下地に向かって釘留めして固定されています。釘が緩むと板金が風でズレたり飛散しやすい状況に陥ります。また、貫板の劣化が進むと板金を固定している釘が効かなくなり、飛散する原因になってしまいます。
棟板金の飛散を防止するためにも古い貫板を撤去して交換しないといけません。
貝塚市の屋根に新しい貫板をビスで固定
既存の貫板を撤去し、新しい貫板を屋根面に向かってビス留めします。
下地がしっかりしていると板金もきちんと固定できます。
貝塚市の貫板の際にシーリングを充填
貫板の上には板金を取付けますので、直接雨水にあたることはないのですが、屋根面の取り合いから少なからず染み込む可能性があります。木製の貫板が水分に触れると劣化する原因になりますので、際にシーリングを充填して防水しました。
貝塚市の棟板金をビス留め
続いて棟板金を横方向からビス留めします。
既存の板金は釘留めされていましたが、今回は抜けにくいビスを採用させていただきました。
棟板金は屋根の形状と下地の貫板に添う形状になっています。
貝塚市の板金の継ぎ目にシーリング充填
棟は長さがありますので、数枚の板金を繋ぎ合わせて施工します。
板金同士の継ぎ目から雨水が浸入するのを防止し、板金同士を繋げるためにシーリングを充填します。シーリングで板金同士を繋いでいると、強風でバラバラに飛散するのも抑えることができます。
貝塚市の剥がれた波板も張替し、飛散した棟板金と下地の貫板を交換したお客様の声!
棟の端から端まで数枚の板金を繋ぎ合わせて固定しました。
棟板金が飛散すると、屋根の取り合い部が露になり、そこからスレートの内側に雨水が浸入してしまいます。スレートの下にはルーフィングという耐久性のある防水シートを敷いていますが、ルーフィングが傷むと雨漏りする危険性がありますので、「今は雨漏りしていない」からと放置せず、必ず修理しましょう。
貝塚市の棟板金交換完了
棟板金交換完了です。新しい棟板金は、錆に強く耐用年数の長いガルバリウム鋼板です。
T様邸の屋根はそろそろ塗り替え時期に来ていましたが、今回は火災保険を利用しての工事ですので、将来的に塗装もご検討されるとのことです。(スレート屋根を雨水から守り長持ちさせるためには約10年~15年の間に定期的に塗り替えないといけません)
貝塚市の緩んだ釘は打ち直します
屋根のケラバ水切りを固定している釘も緩んできていたのできちんと打ち直しました。
ケラバ水切りとは、屋根の妻側(雨樋が付いていない面)から雨水が浸入するのを防止する金物のことです。
貝塚市のテラス屋根をポリカ波板に張り替えました
台風の強風で、2階に設置しているテラス屋根の波板が割れて半分くらいが剥がれてしまいました。
屋根に残った波板もすべて撤去し、耐久性のあるポリカ波板に張り替えたので見た目も美しくなりました。
棟板金は間近で見ることができませんので、飛散しても雨漏りしていなければそれほど気にならないかもしれません。ですが、屋根材の内側に雨水が大量に浸入し続けると雨漏りのリスクが高くなってしまいます。棟板金が飛散してまだ修理されていない方は街の屋根やさん岸和田店にお気軽にご相談ください。

この工事の現場ブログ

貝塚市の剥がれた波板も張替し、飛散した棟板金と下地の貫板を交換したお客様の声!

2020/06/27/ 貝塚市の飛散した棟板金と下地の貫板を交換!剥がれた波板も張替

貝塚市の棟板金入替工事です。棟とは屋根の頂部の水平部分のことで、そこに取り付ける金物のことを棟板金と言います。T様邸は3階建ての住宅で、台風の強風で棟板金がほとんど飛散してしまいました。また、下地の貫板も経年で劣化が進んでいたので交換します...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

忠岡町で割れた瓦の交換や剥がれた漆喰の詰め直し工事を行いました

岸和田市の台風被害に遭った屋根
岸和田市の割れた瓦の修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
地瓦11枚・軒先瓦3枚・漆喰・シーリング
築年数
約40年
建坪
約14坪
保証
1年
工事費用
屋根修理費用・・約15.5万円(税込み)足場費用・・約9.4万円(税込み)
施工事例

泉南市の黒い釉薬瓦の降り棟が台風で崩れ修復と補強をしました!

泉南市の台風で飛散した降り棟の瓦
泉南市の降り棟の修復完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰・シーリング他
築年数
約25年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約17.2万円 屋根修理費用・・約31万円 波板張替え・・8.5万円(すべて税込み)
施工事例

泉大津市で雨漏りが発生!瓦のズレを補修しラバーロックしました

泉大津市の屋根修理前
泉大津市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
瓦補強用ビス・シーリング
築年数
約50年
建坪
約10坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約19.5万円(税込み)瓦ズレ修復及び固定工・・約27万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

貝塚市の老朽化した朝日ソーラーの太陽熱温水器を撤去した施工事例

貝塚市の太陽熱温水器
貝塚市の太陽熱温水器撤去完了
工事内容
その他の工事
使用素材
シーリング他
築年数
築39年
建坪
約23坪
保証
無し
工事費用
約6万円(太陽熱温水器撤去・システム用配管端部仕舞・瓦補強工他含む)
施工事例

貝塚市の3階建ての住宅の屋根にガルバリウム鋼板の棟板金を取付

貝塚市の棟板金が飛散
貝塚市の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
貫板・ガルバリウム鋼板・シーリング・ポリカ波板
築年数
築約30年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
棟板金・貫板交換工事・約58万円(税込み)足場費用含む テラス波板張替え及び樋交換工事・約12万円(税込み)
施工事例

貝塚市の軒天井のケイ酸カルシウム板を張替え塗装した各所修理工事

貝塚市の軒天井破損
貝塚市の修理した軒天井と破風板
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨樋交換
その他塗装
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板、塗料、塩ビ雨樋、ガルバリウム鋼板、化粧合板など
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約180万円(税込み・足場代含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市の棟の銅線が切れています

泉佐野市で台風被害に遭った屋根の修理を行いました。この記事では棟瓦や屋根面の瓦の補強の様子をご紹介します。

雨仕舞について

泉佐野市の棟の一部積み直し工事です。S様邸は木造・2階建ての住宅で、土葺きの瓦屋根と板金屋根があります。板金屋根との取り合いにあたる棟の端に葺いている瓦の形状が複雑で、雨仕舞が悪く、棟内部に雨水が入り込む可能性があったので、一部解体して積み...........

泉佐野市の台風で屋根に被害が遭ったとのご相談

泉佐野市の屋根の現地調査の様子をご紹介します。。台風で瓦がズレたということで街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747