オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岸和田市で凍害の症状がある玄関屋根の棟瓦と隅棟を積み直しました


岸和田市の瓦の表面が剥がれています
岸和田市の屋根の瓦の凍害の症状です!
岸和田市の屋根の棟の内側から雨水が出ています!
岸和田市の離れ屋の雨漏り修理のご紹介です。
玄関の天井に雨漏りが発生し、現地調査を行うと、玄関屋根の銅板の谷樋(屋根の谷に設けた雨樋)に穴が開いていることが分かりました。また、棟ののし瓦が凍害により表面が破断してボロボロになっていて、棟の内側に雨水が浸入している状態でした。

凍害とは、温度差が激しい時に瓦の表面や内部で起きる剥離の事で、瓦の内部で水分が凍って膨張し、その体積の変化で瓦の組織が壊れていく現象です。目に見えている部分だけでなく、瓦の裏側でも同じような現象が起こっている場合もありますので注意が必要です。
岸和田市の玄関屋根現況

雨漏り修理の内容は、穴が開いていた銅板の谷樋の交換と棟と隅棟の積み直しです。
前回、谷樋の交換をご紹介したので、今回は棟の積み直しをお伝えします。
棟ののし瓦が凍害でボロボロになっていたので、新しいのし瓦を使用して積み直します。
岸和田市の棟を解体します
棟の瓦を上から順に解体していきます。
棟の瓦は土で接着しているので、瓦の隙間に土が大量に出てきます。この土も一緒に全てばらしていきます。
岸和田市の玄関屋根の棟解体中
棟は屋根の頂点にあり、雨水が屋根の両側に流れ落ちるように四角いのし瓦をふたつに分けて葺いています。
写真は片方の屋根面の瓦をばらした様子で、反対側も同じようにばらしていきます。
岸和田市の玄関屋根の棟を積み直します!
棟の瓦と葺き土をすべて撤去しました。
棟瓦は、ふたつの傾斜の屋根が頂点で合わさる部分から水が入るのを防ぐ役割があります。
もし棟に瓦が無いと、写真のように土が露になり、屋根の内部に水が浸入して雨漏りしてしまいます。また、瓦を固定する役割もあるので、棟瓦が無いと強風や地震で屋根がバラバラになってしまいます。
岸和田市の玄関屋根の棟になんばんを載せます
棟の瓦を撤去して、一から積み上げていきます。
まずは、下地のなんばん漆喰をのせていきます。
なんばん漆喰は、瓦屋根の棟で使用する葺き土の代わりになるもので、特殊なシリコン・防水材が配合されているので雨水が浸透しても崩れにくい材料です。
岸和田市の玄関屋根の軒先の隅棟にも漆喰をのせました
軒先にある短い隅棟も葺き替えるので解体して新たに積み上げています。

下地に葺き土を使用して、目に見える部分だけ漆喰を塗って仕上げる方法もありますが、なんばんを下地として棟に直接載せて施工するほうが、漆喰がボロボロと剥がれ落ちにくいので安心です。
岸和田市の玄関屋根の棟の両側にのし瓦を積んでいきます
なんばんを載せて、その上に新しいのし瓦を押し付けて接着します。
この時、雨水が下に流れるようにのし瓦に勾配を付けて積んでいきます。棟の内側に勾配が付くと、雨水が棟の中にどんどん入って雨漏りしてしまいます。
岸和田市の玄関屋根ののし瓦の奥でなんばん漆喰を仕上げます
表面に見えてくるなんばんは、のし瓦の3㎝ほど奥になるように施工します。
黄色い点線は既存の漆喰があったラインで、少し手前に出ていました。漆喰が手前に出てくると、のし瓦に落ちた雨水が切れずに、漆喰がたくさん雨水を吸い込んで雨漏りの原因になることがあります。ですので、必ずのし瓦の奥で収めるように施工します。
岸和田市の隅棟に土をのせてのし瓦を積み上げます
続いて、葺き土を使用して上にのし瓦を重ねて積み上げていきます。
月日と共に土が乾燥して接着が弱くなり、瓦がズレたり隙間が開いたりしますが、新しい葺き土は粘り気があります。
岸和田市の棟の上に冠瓦を載せてステンレス線で固定
元の通り、のし瓦を三段積み上げました。
この上に冠瓦という棟の最上部に施工する瓦を載せてステンレス線で固定し、棟の積み直し完了です。
岸和田市の玄関屋根の棟の積み直し完了です
積み直し完了後の様子です。
凍害でボロボロになっていたのし瓦を入れ替えたので、見た目もきれいになりました。
(瓦が傷んでいない場合は既存の瓦を再利用させていただきます)
岸和田市の隅棟の端部もなんばんを塗って仕上げました
軒先の隅棟の積み直しも終わりました。
端部にはなんばんを多めに塗って、きちんと防水しました。

谷樋を交換し、棟を積みかえてから雨が降った時に様子を見ていただきましたが、雨漏りしていないとご報告をいただきました。U様の心配ごとが解消されて良かったです。
岸和田市で凍害の症状で玄関屋根の棟瓦と隅棟を積み直し雨漏りも解消したお客様の声
街の屋根やさん岸和田店は、屋根の葺き替えはもちろん、棟の積み直しや谷樋の交換、修理、部分的な瓦の差し替えなども行っていますので、屋根の事で気になることがございましたらお気軽にご相談くださいね。





同じ工事を行った施工事例

施工事例

貝塚市の雨漏り修理で棟瓦の積み直し工事を行いました!

貝塚市の棟瓦積み直し前
貝塚市の棟瓦積み直し後
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
シルガード・葺き土・銅線・シーリング
築年数
約29年
建坪
約23坪
保証
2年
工事費用
約63万円(税込み)
施工事例

泉南市の台風被害の屋根修理で足場を建てて棟を修復しました

泉南市の台風で崩れた降り棟
泉南市の降り棟修復状況
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
台風
使用素材
オレンジ釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰他
築年数
約43年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約41万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市の雨漏りの原因は棟!水が廻っていた降り棟を葺き直しました

岸和田市の降り棟の下のお部屋で雨漏りしています
降り棟の積み直し完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
葺き土・銅線・南蛮漆喰・シーリング他
築年数
約28年
建坪
約25坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約31万円(税込み・下屋水切り取付費用含まず)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理で窓周りと庇のシーリングを打ち替え!

岸和田市の庇の取り合いのシーリングが劣化
岸和田市の庇の取り合いのシーリングを打ち替え
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プライマー
築年数
約36年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・7.7万円 雨漏り修理・・13.6万円
施工事例

岸和田市の台風で飛ばされた屋根の棟板金を修理しました!

岸和田市の棟板金が飛散しました!
岸和田市の飛散した棟板金を復旧
工事内容
棟板金交換
台風
使用素材
杉貫板・ガルバリウム鋼板製棟板金
築年数
約38年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約7.5万円(税込み)
施工事例

岸和田市の金属屋根の笠木が剥がれてガルバリウム鋼板に葺き替え!

岸和田市の台風で飛散した笠木
岸和田市の台風で飛散した笠木を交換
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・構造用合板・アスファルトルーフィング・シーリング・ジプトーン
築年数
約56年
建坪
約42坪
保証
5年
工事費用
約40万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨仕舞について

泉佐野市の棟の一部積み直し工事です。S様邸は木造・2階建ての住宅で、土葺きの瓦屋根と板金屋根があります。板金屋根との取り合いにあたる棟の端に葺いている瓦の形状が複雑で、雨仕舞が悪く、棟内部に雨水が入り込む可能性があったので、一部解体して積み...........

泉大津市で足場を設置します

泉大津市の屋根修理です。台風で棟の瓦がバラバラに飛散したというご相談をいただき棟の修復・補強工事を行いました。H様邸は木造の2階建てで、土葺きの瓦屋根と増築した部分の板金屋根があり、被害に遭ったのは瓦屋根の方でした。棟は屋根の頂点部のことで...........

泉大津市の台風被害のご相談です!

泉大津市の台風被害に遭った屋根の現地調査です。H様邸は木造の2階建てで、土葺きの瓦屋根と板金屋根があり、被害に遭ったのは瓦屋根の方です。台風の後に家の外に出ると、割れた瓦がたくさん落下しているのを見つけ、近所の家に来られていた業者に依頼して...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747